力強さと大きさ、そして存在感ニッサンタイタンで他と差を付けろ!

ピックアップトラック

逆輸入車

OTHER

タイタンLE

モナミモータース

アメマガ2020年10月号

タイタンSV

埼玉県

タイタン

US TOYOTA US NISSAN TRUCK SUV

2018 NISSAN TITAN SV / 2005 NISSAN TITAN LE

USフリークスたちがさらなる個性を求めて辿り着いた逆輸入トラック&SUV US TOYOTA / US NISSAN TRUCK & SUV


2018 NISSAN TITAN SV
2005 NISSAN TITAN LE

より個性を求めUS日産車が欲しいという人はモナミモータースへ行くべし!アメリカとの太いパイプを持ち、US日産車を自社直輸入しているから、好きな仕様を探すこともできるし、アフターフォローもバッチリ。注目のUS日産車の中でも、今タイタンが人気急上昇。存在感と安心感、そして個性を求めるならタイタンがベストチョイスだ!!

存在感と安心感に加え個性も求めるならタイタン

逆輸入車=タンドラと言っても過言でないほどに逆輸入車界のトップアイドルなのがUSトヨタのタンドラだろう。もちろんスタイリングや信頼性など魅力はふんだんにあるのだが、ポピュラーということは、それだけ街で見かけることも多い。アメ車の存在感と、日本車の安心感、そしてさらなる個性を求めたいという人に猛烈プッシュしたいのがUS日産の「タイタン」。このクルマは日産のフルサイズピックアップであり、そのボディサイズはもちろんエンジンも大排気量のものを搭載、しかもアーバンオフローダーが求めるスタイリッシュさとオフロード走破性をも兼ね備えるものだ。

2018 NISSAN TITAN SV

そんなタイタンをはじめ、US日産のアルマダ、フロンティアなどの魅力的なクルマたちを僕らにデリバリーしてくれるのが川越市に店を構える「モナミモータース」。同社社長の富岡さんは日産ディーラーのメカニック出身ということもあり、日産車のエキスパートであり、誰よりも日産車の魅力を知っている。そんな富岡社長もリコメンドするのが、やはりタイタンなのだ。

2005 NISSAN TITAN LE

「日産車は好きだけど、購入後のメンテナンスなどが心配、パーツ供給は?」なんて思う人も、モナミモータースならノープロブレム。 専用の診断機や大型リフトの導入、アメリカとの太いパイプも持つことから重整備からカスタマイズまでアフターケアも充実。存在感と安心感、そして他とは違う個性をも求めるアナタは、まずはモナミモータースに相談してみていただきたい。必ずや明るい逆輸入車ライフが待っているのだから!


2005 NISSAN TITAN LE

初代タイタンの武骨なスタイルにラギッドなテイストを盛り込む腕白仕様 2005 NISSAN TITAN LE

こちらはファーストジェネレーションとなる2005 年型タイタンをモナミモータースによりカスタマイズされた車両。先代は現行型よりも武骨なスタイリングが特徴だが、それをさらにラギッドにブラッシュアップした仕様。

_N6I5687 _N6I5695 _N6I5746 _N6I5675 _N6I5711

LEグレードの4WDクルーマックスをベースに、フロントにアフターのガードバー、ブッシュワーカー製オーバーフェンダー、フロントにビルシュタイン・アジャストショックアブソーバー、ホイールはSCS RAY10(マットタンクブロンズ)17インチなどをインストール。大胆なカスタムをしなくとも素性の良いタイタンだからこそ、ちょっとしたアレンジでこれほどカッコ良くなる。 2年間だけ採用されたシャンパンゴールドのボディカラーも「オシャレワイルド」に貢献している。

_N6I5735_N6I5742

荷台にはベッドエクステンダーを装着。ピックアップトラックユーザー憧れのアイテムだが、これがなかなか使えるのだ。インテリアはスパルタンなものとなっており、5人乗り仕様でフロアシフトの5ATを採用。

_N6I5725

エンジンは5.6ℓ V8を搭載し、申し分ないパワーを発揮する。もちろん4WDなのでオフロードもガンガン行ける。


2018 NISSAN TITAN SV

2018 NISSAN TITAN SV

よりスタイリッシュになった現行型タイタン。こちらは2018年型のタイタン4WDクルーマックスSVグレード。タイタンの初代は2003年に登場しており、日産初のフルサイズピックアップトラックで、搭載エンジンはその車格に見合った5.6ℓ V8となる。

_N6I5840

この2018年型にもVK56(5.6ℓ V8)を搭載、トランスミッションは7ATを組み合わせている。 キャビンバリエーションはキングキャブとクルーキャブ(ダブルキャブ)の2種類。

_N6I5895

2016年にフルモデルチェンジを受け、2代目となったタイタンは、それまでの武骨でワイルドなアピアランスから全面的に刷新された大胆なデザインとなった。 名前の由来は、力強さと大きさをイメージできるギリシャ神話のタイタンからきている。

_N6I5861 _N6I5866 _N6I5879_N6I5890

インストルメントパネルはイマドキなスポーティ&スパルタンを絶妙に融合したデザインとなる。ATレバーはコラムシフトとし真ん中にも座ることができ前後合わせて6人乗りとなる。リヤの足元もかなり広いぞ。


MONAMI MOTORS【モナミモータース】

住所:埼玉県川越市的場981-7
TEL:049-232-5888
HP: https://www.monamimotors.co.jp/

クルマを楽しみたい人の逆輸入車専門店

タイタン、アルマダなどのUS日産のダイナミックな逆輸入車をメインに取り扱うプロショップのモナミモータース。アメリカから自社直輸入により魅力的な逆輸入車を見つけてくれるスペシャリストだ。ピットにはフルサイズ車にも対応する大型リフト2基を完備し、重整備からカスタムまで行なうプロショップ。

_N6I5955_N6I5939


PHOTO:浅井岳男
TEXT:木村和博
アメ車マガジン 2020年 10月号掲載

関連記事

RELATED


【日産タイタン】2017&2018年第2世代モデルの魅力をしっかり解説

アメ車といえばタフでワイルドな風貌の4駆&トラックが豊富。中でも、近年ではジープのJK&JLラングラーがとにかく人気を集めている。しかし、忘れちゃならないのが、日本車ながら北米で絶大な人気を誇る逆輸入車の日産タイタンだ。その人気のヒミツを紹介していこう。

Text & Photos|アメ車MAGAZINE編集部

特殊塗料LINE-X を用いてタイタンをクールにアピール!

6インチアップが施されたワイルド・タイタン。大きなエンジンに大きなボディ、タフでワイルド、たくさんの人と荷物を乗せての移動も快適、これからがアメリカン4×4最大の長所。まさにアメリカらしい世界観。今一度戯れたいアナタに贈る大特集。

もっともアメリカンスピリットを踏襲するアメ車 AMERICAN 4×4
タフでパワフルなアメリカン4×4 真の魅力を味わう時は今しかない!!

日産だけど「アメ車」。デザインと機能性を兼ね備える「タイタン」がカッコイイ!

トヨタ・タンドラの知名度には劣るが、堂々たる佇まいは引けを取らない「日産・タイタン」。2016年モデルから第二世代へと突入して大型化に拍車が掛かり、さらに注目度もUP。日産タイタンの魅力を余すことなくご紹介していこう。

Photo|佐藤直貴
Text |編集部

アメマガ主催イベントで目にしたニッサンタイタンに視線は釘付け!!

2018 NISSAN TITAN Crew Cab SV

アメリカ育ちの帰国子女SUVセコイア、アメ車プロショップがリコメンドする

TOYOTA SEQUOIA

 

最新記事


2024/04/20

細さを追求したスポークが軽快さや躍動感を予感させる【WORK GNOSIS CVF】

ホイール

WORK GNOSIS CVF

2024/04/20

エントリー条件はただ1つ、WORKを装着していること【WORK WHEELS JACK 3rd】

ホイール

イベントレポート

WORK WHEELS User Event
WORK WHEELS JACK 3rd

2024/04/19

老若男女、誰からも愛される、お店のマスコットとして活躍【アーラキッチン】

バン

198号線(河内長野美原線)から一本離れたローカルロードに店舗を構えるアーラキッチン。田園風景に馴染む様に佇む黄色いスクールバス、そして大きなどんぐりの木は、メインストリートからでも一際目を引く!

2024/04/18

自然な流れのボディパーツにカナードを追加で進化を遂げる【エッジカスタムズ チャレンジャー F】

クーペ

ダッジ

日本はもちろん、世界中のチャレンジャーカスタムを牽引するLUXZ。2021年に登場した初のフルバンパー仕様となる「CHALLENGER F」。そのエボリューションモデルが完成したので、早速紹介しよう!

ランキング


2024/04/19

老若男女、誰からも愛される、お店のマスコットとして活躍【アーラキッチン】

バン

198号線(河内長野美原線)から一本離れたローカルロードに店舗を構えるアーラキッチン。田園風景に馴染む様に佇む黄色いスクールバス、そして大きなどんぐりの木は、メインストリートからでも一際目を引く!

2024/04/18

自然な流れのボディパーツにカナードを追加で進化を遂げる【エッジカスタムズ チャレンジャー F】

クーペ

ダッジ

日本はもちろん、世界中のチャレンジャーカスタムを牽引するLUXZ。2021年に登場した初のフルバンパー仕様となる「CHALLENGER F」。そのエボリューションモデルが完成したので、早速紹介しよう!

2016/11/04

超レアなマスタング、1969年モデルのBOSS429!

クーペ

ビンテージ

フォード

1969y FORD MUSTANG BOSS 429

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】