【フォードF-150】90年代らしさを残した、正統派リフトアップ!

ピックアップトラック

フォード

THE 90's STRIKES BACK

ブレインストーム

6インチリフトアップ

リフトアップ

ミッキー

奈良県

F-150

アメマガ2020年4月号

1995 FORD F-150

THE 90's STRIKES BACK ナインティーズの逆襲


1995 FORD F-150

当時のトレンドを貫く、硬派なスタイリングは圧巻!

スラムドかハイリフトか?今も昔もカスタムトラッキン事情に大きな変化はないものの、ホイールサイズやタイヤの履きこなし、フェンダーの形状など、そのギミックは年代と共に変化し続けている。そんな中、当時らしさを忠実に守る一台を奈良県で発掘! 15インチのディープリムに推奨サイズ以上の太いタイヤを豪快に履かせ、フェンダークリアランスにゆとりを持って大胆にリフトアップを施すのが90年代スタイル!まさにその真骨頂として紹介すべき一台がこのF-150である。F‐150と聞くと何故か2000年代以降の丸みを帯びたモデルを思い浮かべる者も多く、この顔はむしろブロンコの方がメジャーと言える。

1995 FORD F-150 1995 FORD F-150

しかし当時ならではのスクエアなフォルムに、丸みを帯びたGM系で言うステップサイドライクなフレアサイドベッドは、昨今の自動車デザインにはない独特のフォルム造型美が際立つ。


オーナーがこの車両を手に入れたのは今から10年ほど前で、フルオリジナルの良質な個体を女性オーナーが大事に乗っていたと聞いて即決。ノーマルから段階を踏んで自身の理想的なスタイルへとカスタムを施していったという。


その中でもっともこだわった部分がミッキートンプソンの15インチ&35×15.5R15のスーパースワンパータイヤだ。当時のリフトアップスタイルを知る者たちにとっては、王道と呼べるこのボトムスを難なく履きこなすべく、国産輸入車を問わずコアなオフロードカスタムに精通するショップ・ブレインストームを訪問。


手始めに6インチアップキットを組み込み、アッサリと35インチ履きを実現したものの、ステアリングをすえ切りした際に若干バンパーと接触することで、さらなるリフトアップを敢行。3インチのボディリフトを加えて余裕のフェンダークリアランスとなった。ちなみに当時らしさはエクステリアのみならずインテリアまで徹底しており、90年代全米ヒットチャートの洋楽をCDで再生し、ツィーターやスピーカーも当時物を愛用。 撮影でお借りし、運転席に座って走らせていると、まるで90年代にタイムスリップしたかの様な懐かしさを感じさせてくれた。

DSC_1447DSC_1501

ブレインストームでワンオフしたブルバーは、新調した純正グリルやバンパーヘッドライトを保護する役割も担う。タイヤの出幅が異なるのを嫌い、左右で異なるスペーサーを組んでワンオフのリベット打ちオーバーフェンダーを装着。違和感のないフォルム造型美はお見事!

DSC_1452

フレアサイドのフォルムを損なわない様に考慮しつつ、スーパースワンパーTSL/SXをカバーすべくワンオフ製作したオーバーフェンダーも必見!

DSC_1477DSC_1484 DSC_1493DSC_1485

オリジナルのインテリアにはCD再生用のデッキや懐かしいオンダッシュモニター、ツィーターなど90年代後半に一世風靡した音響アイテムでコーディネート。リアシートは現行モデルと比較すると少々窮屈ではあるものの、フルサイズならではのゆとりあるスペースで大人でも十分に寛げる広さを確保。

DSC_1473DSC_1507

搭載されるエンジンは5.8?のV8と4速オートマチックトランスミッションの組み合わせは、アグレッシブに走るよりはゆったりと流す様な感覚で乗りこなすのに最適。むしろここまで豪快にリフトアップして飛ばすなんてナンセンスである。

DSC_1468DSC_1456 DSC_1513DSC_1466

6インチアップキット×3インチボディリフトで計9インチの上げ幅を誇るF-150。6インチリフトのみだった当初はソーンバードの35×14.5R15を履いており、ボディリフトをプラスして38.5インチを履かせるか悩んだ末、TSL/SXの35×15.5R15でゆとりのフェンダークリアランスを選択。

ミッキートンプソン・クラシックロック(15×10J)

ホイールはオーナーのこだわりでミッキートンプソン・クラシックロック(15×10J)をセット。汚れや腐食からポリッシュを保護するため、クリア塗装を施す徹底ぶりには感服。


THANKS:BRAINSTORM【ブレインストーム】

TEL:0742-50-6788
HP:https://www.brainstorm.jp
PHOTO&TEXT:石井秋良
アメ車マガジン 2020年 4月号掲載

最新記事


2024/06/18

美しすぎる魅惑のボディが69マスタングを華麗に輝かせる

クーペ

ビンテージ

フォード

ファーストマスタングと肩を並べるように、第二世代初期型である1969年型の人気は年々上昇している。そんな69年型が、内外装ともに美しい状態に仕上げられ、機関系もグッドコンディションともなれば、注目を浴びないわけがない。憧れの69マスタングを購入できる千載一遇のチャンスが到来だ!

2024/06/17

2.3Lと侮るなかれ次世代ポニーカーの大本命【フォード マスタング】

クーペ

フォード

生誕50周年記念モデルとしてリリースされた2015年型マスタング。ロングノーズ&ショートデッキを継承しつつも、ダウンサイジング志向な当時の時代背景を反映したエコブーストエンジンを搭載。次世代を担う大本命モデルとしての魅力に迫る!

2024/06/15

ジャンルやブランドを問わず、すべてのアメ車乗りをサポート!【グローバル】

ショップ

九州・熊本の地で、長きに渡りアメ車を取り扱い続けるグローバル。店頭にはジャンル、年代を問わず様々な車両を展示。またピットを見るとビッグ3が集結! 九州のアメ車乗りにとって、非常に心強い存在と言える。

2024/06/14

歳相応の姿ながら細部まで、綺麗なオリジナル志向【シボレーカマロベルリネッタ】

クーペ

ビンテージ

シボレー

Z28を筆頭にマッスルカーの代名詞としても捉えられ、プロスピード仕様などにカスタムされた個体が多い1979年型カマロのオリジナルストックを発掘!

ランキング


2024/06/17

2.3Lと侮るなかれ次世代ポニーカーの大本命【フォード マスタング】

クーペ

フォード

生誕50周年記念モデルとしてリリースされた2015年型マスタング。ロングノーズ&ショートデッキを継承しつつも、ダウンサイジング志向な当時の時代背景を反映したエコブーストエンジンを搭載。次世代を担う大本命モデルとしての魅力に迫る!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/06/14

歳相応の姿ながら細部まで、綺麗なオリジナル志向【シボレーカマロベルリネッタ】

クーペ

ビンテージ

シボレー

Z28を筆頭にマッスルカーの代名詞としても捉えられ、プロスピード仕様などにカスタムされた個体が多い1979年型カマロのオリジナルストックを発掘!

2020/04/14

鹿児島の覇王ホイールズから、令和元年におけるアメリカ最旬トレンドを伝授!

SUV

ハマー

ホイール

AMERICAN 4X4 & TRUCK
HUMMER H2