2019年型 F-150ラプターが降臨!究極のベストセラーのモンスタートラック

ピックアップトラック

フォード

F-150ラプター

F-150

AMERICAN 4×4 & TRUCK

アメマガ2019年7月号

愛知県

ライオンハート

アメリカン・スピリットを体現するプレミアムでパワフルな4x4トラック、2019年型フォードF-150ラプター。このトラックは人気が高く、アメリカ国内でもプレミアム価格で販売されることが多い。しかし、愛知県にあるアメリカ車専門ディーラーのライオンハートは、この新型車をリーズナブルな価格で輸入販売!詳しくは記事をチェック☆

AMERICAN 4X4 & TRUCK
2019 FORD F150 RAPTOR


2019 FORD F-150 RAPTOR、2019 フォード F-150 ラプター

2019 FORD F-150 RAPTOR


AMERICAN 4X4 & TRUCK
広大な大地を誇るアメリカで生き抜くためにはタフでなければならない。まさにそれを体現するのが、ビッグでパワフルな4×4とトラック。さらにここ最近のトレンドはオフローダースタイル。益々タフネス度を強め、ワイルド感溢れるスタイルでファンを魅了する。もっともアメリカンスピリッツを踏襲するのは4×4とトラックに間違えない。

本国でもプレミアムな存在価値


入手のしにくさからプレミア価値が付き、本国でも理不尽なプライスがまかりとおっている2019年型フォード・F150ラプター。しかし、愛知県のアメ車専門店ライオンハートが適正価格で新車を入荷することに成功した!これは間違いなく朗報である。

【フォードF150】圧倒的な人気を誇るラプタースタイル、マスクだけでなくボディもアレンジ!
 

モンスタートラックの最新モデルが到着


愛知県一宮市のアメ車専門店 ライオンハート に貴重な1台が到着している。2019年型F150ラプター。言わずと知れたベストセラートラックF150のモンスターバージョンだ。


伝え聞くところによると、ラプターは本国でも入手しにくく、一部ではプレミア価格のようなプライス設定になってしまい、とてもまともに購入できる状態ではないという。しかし今回、 ライオンハート は標準価格での注文に成功しており、実車が店頭に到着したことで、日本のユーザーへ提案できるようになったというわけだ。
2019 FORD F-150 RAPTOR、2019 フォード F-150 ラプター
入荷した1台は、最初から潤沢な装備をそろえるラプター標準に加えて、オプション装備も組み合わせている。代表的なものは「802A」と名付けられているパッケージで、サウンドシステムがバング・アンド・オルフセンになっていたり、360度カメラで死角を消し、走行レーンを監視して警告してくれるハイテク系が追加されている。


ここだけの話、このパッケージだけでも7900ドルする。また、ツインパネル・ムーンルーフも選択してあり、ラプター標準のブラックレザーシートとともに、およそ不足に感じる点はないだろう。
2019 FORD F-150 RAPTOR、2019 フォード F-150 ラプター
気になる ライオンハート での車両本体価格は998万円。これは理不尽なプレミア価格などではなく、本国価格とオプション費用、輸送費などを含めて、適正価格と言える設定である。

ラプター専用デザインの17インチ。タイヤはLT315/70R17オールテレーン


ラプター標準装備パッケージ「801A」にFOXレーシングショック(スポーツチューン)が含まれている。ボディ各部に飾られた「RAPTOR」のデザイングラフィックは、フードとエクステリアに設定された「グラフィックパッケージ」。ホイールはラプター専用デザインの17インチ。タイヤはLT315/70R17オールテレーン。

現行ラプターに搭載されるエンジンは3.5ℓエコブーストV6で、オートスタート/ ストップテクノロジー付き。これに電子制御式10速ATが組み合わされる。最高出力450hp/5,000rpm、最大トルクは70.5kg-m/3,500rpm。旧エンジンのV8よりも出力・トルクともにパワフルになっている。
2019 FORD F-150 RAPTOR、2019 フォード F-150 ラプター
2019 FORD F-150 RAPTOR、2019 フォード F-150 ラプター
2019 FORD F-150 RAPTOR、2019 フォード F-150 ラプター

ツインパネル・ムーンルーフに加えてオプションパッケージの「802A」をセレクト。Bang&Olufsenのサウンドシステム、360°カメラとスピリットビューディスプレイ、ブラインドスポット・インフォメーションとクロストラフィックアラート、インストルメントクラスターに配置される8インチLCDディスプレイが含まれる。


本格的な走破性に快適性を備えた、アンリミテッドをよりワイルドに
カッコイイ女性になれるかも、それがエスカレードを選んだ理由

Thanks/ライオンハート
TEL:0586-67-1711
URL:http://www.lionheart2005.com
Photo&Text/加藤山往
アメ車マガジン 2019年 7月号掲載

関連記事

RELATED


【アレンジの極み】フォード・F-150ラプターが超絶ワイド化で個性を爆発させる!

フォードF-150ラプターを特集。最強オフローダーがさらなるワイルドさでカスタマイズ。ワンオフオーバーフェンダーやリフトキット、ワイドボディキットなどの過激な改造を紹介。最新のアメリカントレンドを取り入れたカルウィングが注目ポイント。ラプターのタフさとワイルドさを体感しよう!
AMERICAN 4X4 & TRUCK
FORD F-150 RAPTOR

初代F-150ラプターの中でも、レアなスーパーキャブを紹介!

AMERICAN 4X4 & TRUCK
FORD F-150 SVT RAPTOR

【フォードF150】圧倒的な人気を誇るラプタースタイル、マスクだけでなくボディもアレンジ!

2008 FORD F150

本気でラプターが欲しいアナタに新旧&第3の選択肢を提案する

FORD F-150 RAPTOR

どうせ乗るならトラック4×4、アメリカントラック代表格のひとつがフォードF-150

初アメ車でも安心なFシリーズ4WD。大きなエンジンに大きなボディ、タフでワイルド、たくさんの人と荷物を乗せての移動も快適、これからがアメリカン4×4最大の長所。まさにアメリカらしい世界観。今一度戯れたいアナタに贈る大特集。

もっともアメリカンスピリットを踏襲するアメ車 AMERICAN 4×4
タフでパワフルなアメリカン4×4 真の魅力を味わう時は今しかない!!

 

最新記事


2024/04/13

日本の気候には不向きなアメ車だからこそ防御が必要!【ラストストッパー】

メンテナンス

電子の働きを利用してアメ車をサビから守る
電子サビ防止装置 ラストストッパー

2024/04/12

こう見えても家族の送迎車、子供のために内装をアレンジ【キャデラック エスカレード】

SUV

キャデラック

これまで乗った愛車はみんなカスタムし、しかもどれも2年で手放すことが殆どだったと語るのりさん。エスカレードはラグジュアリーなスタイルが似合うけど、ほかとは違う方向性で個性を主張する。

2024/04/11

圧倒的な整備力が多くの整備難民を救う【ハロウィン】

メンテナンス

ショップ

埼玉県春日部市にあるハロウィンは全メーカー対応の専用テスターを完備し、ディーラーと同等の整備を行なうショップとして知る人ぞ知るアメ車ショップ。信頼ある整備を行なうショップを探しているならば、是が非でも訪れたいショップだ

2024/04/10

カスタム済みの中古車なら購入時からスタイリッシュ!【トップスピード】

SUV

ジープ

最近、JEEPが気になる人が増加中!でも、今からディーラーに新車を買いに行っても数年待ちは当たり前。「今すぐ乗りたいし、カスタムしたい!」という人に、TOPSPEEDのラングラーをお勧めしよう!

ランキング


2024/04/12

こう見えても家族の送迎車、子供のために内装をアレンジ【キャデラック エスカレード】

SUV

キャデラック

これまで乗った愛車はみんなカスタムし、しかもどれも2年で手放すことが殆どだったと語るのりさん。エスカレードはラグジュアリーなスタイルが似合うけど、ほかとは違う方向性で個性を主張する。

2016/11/04

超レアなマスタング、1969年モデルのBOSS429!

クーペ

ビンテージ

フォード

1969y FORD MUSTANG BOSS 429

2021/06/11

史上初の200mph超えを果たした伝説の「快鳥」【プリマス・スーパーバード】

クーペ

ビンテージ

プリマス

1970 PLYMOUTH SUPERBIRD

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】