チャレンジャーをシャドーブラックルーフとディープコンケイブのボトムスで魅せる!

クーペ

ダッジ

EXTREME CUSTOMS

埼玉県

チャレンジャー

コーストモータリング

Coast Motoring Owners Custom File

アメマガ2021年3月号

2010 DODGE CHALLENGER

EXTREME CUSTOMS


2010 DODGE CHALLENGER OWNER : FUKAZAWA
Coast Motoring Owners Custom File

「自分色に染め上げる」それがカスタムの醍醐味 かつてキャンディーゲートでリリースされていたエアロをコーストモータリングが受け継ぎ、そのエアロを自らフィッティング、ペイントして装着するのがFUKAZAWAさん。実はBESTという板金塗装ショップのオーナーであり、様々なカスタムカーの塗装を手掛けてきた職人である。

2010 DODGE CHALLENGER

取り入れたのはフロントリップスポイラーとヘッドライト上を延焼させるオーバーヘッドスポイラー、そして大きく角度を付けたダックテールスポイラーで、それぞれマッチペイントを施してインストール。マットブラックのボンネットに加えてルーフ部分をシャドーブラック柄のラッピングで強弱を付けることによって単純な赤黒のコントラストとは異なる、個性的なチャレンジャーへと仕立てた。


グリル部分にナチュラルに溶け込むエンブレムは、まるで社外品の様に見えて実は同社のショップ名。あまりに自然で本国のチューンドメーカーの物かと見間違えるほどに溶け込んでいた。マフラーは東京オートサロンでもお馴染みの志村工業にオーダーしたワンオフステンレスマフラーで、ワークのジーストが魅せるストリートレーサー的雰囲気をより一層惹きたてる。過剰なワイドトレッドは避けつつもブラッシュドカラーを取り入れたディープコンケイブで魅せるボトムスワークはさすが業界人であり、塗装職人ならではの仕立ての良さが際立つ。

DSC_0050

6.1LのV8HEMIを搭載しておりMOPARのタワーバーやエアクリーナーの追加によってモパーマッスルらしいエンジンルームへと仕立てている。

DSC_0040 ワークジースト DSC_0041DSC_0046

ボンネット部分はあらかじめにダッジロゴを張ってからマットブラックのラッピングで閉じる手法で、エンボス的なビジュアルでロゴがひっそりと主張するように工夫。ただの赤黒コーデでは終わらせないギミックを随所に盛り込むこともカスタムの奥深さである。


Thanks:COAST MOTORING【コーストモータリング】

TEL:04-2946-7203
HP:http://coast-jp.co
PHOTO&TEXT:石井秋良
アメ車マガジン 2021年 3月号掲載

最新記事


2024/06/15

ジャンルやブランドを問わず、すべてのアメ車乗りをサポート!【グローバル】

ショップ

九州・熊本の地で、長きに渡りアメ車を取り扱い続けるグローバル。店頭にはジャンル、年代を問わず様々な車両を展示。またピットを見るとビッグ3が集結! 九州のアメ車乗りにとって、非常に心強い存在と言える。

2024/06/14

歳相応の姿ながら細部まで、綺麗なオリジナル志向【シボレーカマロベルリネッタ】

クーペ

ビンテージ

シボレー

Z28を筆頭にマッスルカーの代名詞としても捉えられ、プロスピード仕様などにカスタムされた個体が多い1979年型カマロのオリジナルストックを発掘!

2024/06/13

誰もがワイルドな気分になれるオリーブドラブにオールペン【シボレーC1500】

ピックアップトラック

シボレー

近頃ミリタリーテイスト溢れるボディカラーでオールペンするガレージジョーカーが、アメ車マガジン2023年3月号で紹介したサンドベージュのS10ブレイザーに続き、オリーブドラブでオールペンしたC1500を作り上げた。

2024/06/12

究極のスタイルを実現できるそれがマルチピースの魅力!【ワークエモーションZR10 2P】

クーペ

シボレー

ホイール

オーバーフェンダーを追加したワイルドなスタイルに憧れるけれど、タイヤ&ホイールサイズがネック。またアメ車の場合はPCDも特殊だが、そんな悩みをすべて解決できるのがWORKの魅力。

ランキング


2024/06/14

歳相応の姿ながら細部まで、綺麗なオリジナル志向【シボレーカマロベルリネッタ】

クーペ

ビンテージ

シボレー

Z28を筆頭にマッスルカーの代名詞としても捉えられ、プロスピード仕様などにカスタムされた個体が多い1979年型カマロのオリジナルストックを発掘!

2024/06/13

誰もがワイルドな気分になれるオリーブドラブにオールペン【シボレーC1500】

ピックアップトラック

シボレー

近頃ミリタリーテイスト溢れるボディカラーでオールペンするガレージジョーカーが、アメ車マガジン2023年3月号で紹介したサンドベージュのS10ブレイザーに続き、オリーブドラブでオールペンしたC1500を作り上げた。

2022/04/08

US日産の巨大ユーティリティバンのNV3500

バン

逆輸入車

2019 Nissan NV Passenger

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】