嫁入り道具はラングラー!理解ある夫と楽しむジープ

SUV

ジープ

ラングラー

ラングラーアンリミテッドサハラ

アメマガ2021年5月号

Jeep 荒野の覇者

JKラングラー

Jeep JK Wrangler Unlimited Sahara

Jeep 荒野の覇者 Go Anywhere,Do Anything


Jeep JK Wrangler Unlimited Sahara

バイクやカメラ、そしてクルマが大好きなAOIさん。ご主人とお付き合いした頃には既に中型のアメリカンバイクと一眼レフ、そして今回登場するJKラングラーを所有する趣味人だった。そんな彼女を理解する優しい夫と育むジープライフに迫る。

チャレンジャーを手放してラングラーを優先!

もうすぐ一歳になる男の子を囲む仲睦まじい夫婦。絵に描いた様な幸せ一杯な雰囲気。そして愛車はファミリーユースにも最適な4枚ドアのJKラングラー。これが夫の趣味で結婚を機に購入したとなれば何も不思議ではないのだが、妻が嫁入り道具として連れてきたと聞けば興味津々である。


話を伺うと夫婦揃って国家を守る自衛隊員で、駐屯地こそ異なるものの自衛隊員で構成されるスポーツ〝銃剣道〟の稽古で度々顔を合わす内にクルマの話で意気投合。インパラやナビゲーターなど数々のアメ車を乗り継ぎ、当時チャレンジャーに乗っていた夫に対して、奥さんのAOIさんは自衛官のルーキーとして寮に入って訓練に勤しみ、階級が上がった自分へのご褒美として新車のラングラーを購入したばかり。カスタムの話やアメ車のことを色々教えてくれる先輩との会話は当然の如く弾み、次第にお付き合いに発展。わずか1年足らずで入籍、そして妊娠と、トントン拍子におめでたい連鎖が重なった。

Jeep JK Wrangler Unlimited Sahara

妊娠するまではラングラーとバイクを足に、野に咲く花や大自然の景色を一眼レフで撮ることに夢中だった彼女も、お腹が大きくなるにつれてバイクを断念。これから子育てにお金もかかるし大切にしていた愛車を手放すか否か悩み始めた矢先に、夫がチャレンジャー手放すから「ラングラーをファミリーカーにしよう!」と提案。


自分のアメ車道楽を潔く諦め、妻が溺愛するラングラーを嫁入り道具として迎え入れた。やがて第一子が誕生すると4枚ドアのラングラーが持つファミリーユースとしての底力を発揮。後部座席にチャイルドシートを設置して、大きなラゲッジスペースはおむつ替えに重宝。ベビーカーやちょっとしたアウトドアギアも楽に積み込める。チャレンジャーでは到底不可能だったので、ラングラーを残す選択は大正解だった。


しかし夫が運転席、妻がチャイルドシート横の後部座席ではなく、「運転したいからお願い?」と夫が後部座席に座ってYUTOくんのお世話をすることも多く、助手席は専ら離乳食や飲み物など子育てグッズの荷物置き場となる始末。子供と過ごす時間はかけがえのない時間であり、夫の協力は日常のお手伝いだけじゃない。妻の思いを汲み取り、そして何に重きを置くかを理解して実践することこそ、夫婦円満の秘訣なのだ。

DSC_4661 DSC_4657DSC_4663 DSC_4686DSC_4682

寮生活、そして厳しい訓練を耐え抜き階級が上がった際に新車で購入。今のところフューエルキャップやドアノブなどのカスタム程度だが、今後はリフトアップして林道やオフロードも楽しめる様なオールテレーンタイヤを履かせて、家族でアウトドアやキャンプを満喫するのが目標。

B12BB9A6-24F0-4615-9979-8A7427546CF3 DSC_4736DSC_4688

ずっとアメリカンバイクのビラーゴを足にしてきたはAOIさんが初めて購入した愛車だけに、その想い入れは特別。そんな思いを汲み取りあっさりとチャレンジャーを手放してラングラーを迎え入れてくれた夫の男前なエピソードは特筆物。子育てをリアルにこなすラングラーも格好良い!

DSC_4701DSC_4732

もうじき1歳となるYUTO君お気に入りの場所はラゲッジスペースの即席キッズスペース。ゲートを開きハッチを上げてテーブルを置いてお菓子を食べたりおもちゃで遊んだり、こんな風に楽しめるのもラングラーならではの魅力だ。

DSC_4649

owner : SUEHIRO FAMILY


PHOTO&TEXT:石井秋良
アメ車マガジン 2021年 5月号掲載

最新記事


2024/04/23

伸びやかなロングノーズ、引き締めるロングテール、隙のないそのフォルム【インパラ コンバーチブル】

オープン

ビンテージ

シボレー

2024/04/22

荒れ地こそ進む道 デザート仕様【1996 シボレー S10 ブレイザー】

SUV

シボレー

車両のイメージを劇的に変えたカスタム。それがオールペン。千葉県のガレージジョーカーは、様々なモデルをオールペンによって変化させ、個性的なスタイルを生み出している。そのひとつが、艶消しサンドベージュになったS10ブレイザーだ。

2024/04/20

細さを追求したスポークが軽快さや躍動感を予感させる【WORK GNOSIS CVF】

ホイール

WORK GNOSIS CVF

2024/04/20

エントリー条件はただ1つ、WORKを装着していること【WORK WHEELS JACK 3rd】

ホイール

イベントレポート

WORK WHEELS User Event
WORK WHEELS JACK 3rd

ランキング


2024/04/23

伸びやかなロングノーズ、引き締めるロングテール、隙のないそのフォルム【インパラ コンバーチブル】

オープン

ビンテージ

シボレー

2024/04/22

荒れ地こそ進む道 デザート仕様【1996 シボレー S10 ブレイザー】

SUV

シボレー

車両のイメージを劇的に変えたカスタム。それがオールペン。千葉県のガレージジョーカーは、様々なモデルをオールペンによって変化させ、個性的なスタイルを生み出している。そのひとつが、艶消しサンドベージュになったS10ブレイザーだ。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]