歴代ラングラー、3車3様の個性豊かなスタイルを紹介

SUV

ジープ

JLラングラー

Jeep 荒野の覇者

ラングラースポーツ

ラングラーアンリミテッドルビコン

アメマガ2021年5月号

JKラングラー

ラングラー

トランプカースクエア

TJラングラー

Jeep JL Wrangler Unlimited RUBICON
Jeep JK Wrangler Unlimited ARCTIC
Jeep TJ Wrangler SPORT
Produced by TRAMPCAR SQUARE

Jeep 荒野の覇者 Go Anywhere,Do Anything


Jeep JL Wrangler Unlimited RUBICON / Jeep JK Wrangler Unlimited ARCTIC / Jeep TJ Wrangler SPORT Produced by TRAMPCAR SQUARE

ユーザー1人1人に合わせたオーダーメイドカスタムが可能

最新のJLはもちろんだが、TJラングラーやチェロキーなど、ビンテージになりつつある歴代JEEPも積極的に扱うトランプカースクエア。今回は歴代ラングラー、3車3様の個性豊かなスタイルを紹介しよう。

ユーザーの好みや使い方に最適なスタイルを提案する

長年にわたり、JEEPの販売やメンテナンスに力を入れている、浜松のトランプカースクエア。もちろんカスタムにも幅広く対応しており、ノーマルらしさを残しつつさり気ないドレスアップを施したものから、ガッツリオフロードを攻められる仕様まで、そのバリエーションは多岐に渡る。

 

年代順に見てみると、TJオーナーの森さんは子供の手が離れたことで念願のジープを購入。以前から興味があり、ショートでしかもオープンにできるところが最大の魅力。アメリカンなライフスタイルに憧れており、TJもその1アイテムとして楽しんでいる。

 

続いてJKオーナーのSAWA92さんは、これまで様々な国産四駆を乗り継いできた、ベテラン四駆乗り。見た目の格好良さとカスタムの幅の広さ、そして高い走破性能に魅力を感じて購入。ライトなカスタムを行なっていたが、仲間のつながりが広がり刺激を受けて、USブランドのパーツが増えるようになったそうだ。

 

最新モデルのルビコンを所有するのは一色さん。元々はスポーツカーを乗り継いでおり、背の高いJEEPは初めて。ルビコンにしたのはスティンググレーのボディカラーに乗りたかったのがその理由だそうだが、ロックレールが少々使いにくいとかで、アンプリサーチのパワーステップへ変更しようか検討中とか。

 

まさに乗るキッカケから使い方さらにはカスタムも3車3様。一括りにJEEPと言うのは憚られるが、オーナー全員が口にしたのは「運転が楽しい」という共通のキーワード。ノーマルでも楽しいが、それをもっと高めてくれるのは、トランプ・松田さんの手腕によるところが大きい。ノーマルのままでももちろんOKだし、カスタマイズにも快く対応可能。トランプカースクエアから、新しい世界の扉が開くと言っても、決して過言ではない。


Jeep JL Wrangler Unlimited RUBICON

_N6I8104 _N6I8069_N6I8079_N6I8090 _N6I8034_N6I8024

2020年末に購入したばかりの一色さんのJL。オーバーフェンダーはエルフォードで、BFグッドリッチ・KM3(35 ×12.5R17)にFUELのゼファーをセット。サスペンションはラフカントリーのキットで2.5インチリフトアップ。REBEL OFFROADのROTOPAXマウント&カメラブラケットやJEPPSENのフォグベゼルも装着する。


Jeep JK Wrangler Unlimited ARCTIC

_N6I7982 _N6I7924 _N6I8010 _N6I7944_N6I7949_N6I7998

前後のバンパーはラゲッドリッジをチョイスし、サイドステップはスミッティビルトに変更。タイヤは37インチのBFグッドリッチ・KM3で、オフロードでのタイヤが干渉しない様に、ブッシュワッカーのコンパクトなフェンダーに交換。SAWA92さんは、荷物の積載性を損なってもシルエットを優先し、BESTOPのトレックトップへと変更。スポーティ性を強調する。

_N6I7933_N6I7969

スプリングはラフカントリーの3.5インチで、FOXの長いショックを組み合わせることによりリフト量以上のストローク量を実現。簡単にオン/オフできるカーリーのスタビライザーも装着し、道を選ばない快適な走りを実現する。


Jeep TJ Wrangler SPORT

_N6I7829 _N6I7869 _N6I7860_N6I7854 _N6I7860_N6I7844_N6I7872 _N6I7850_N6I7883

ラフカントリーのキットで2.5インチリフトアップを行ない、ブッシュワッカーのオーバーフェンダーを装着。BFグッドリッチ・KM3(33×12.5R15)にプロコンプをセット。ヘッドライトはLEDに変更し、スミッティビルトのサイドステップとリアバンパーに変更。現時点でフロントバンパーは純正のエクステンションをレスにしただけだが、いずれは4インチリフトやフロントバンパーの交換もしてみたいと森さんは語ってくれた。


THANKS:TrampCAR SUARE【トランプカースクエア】

TEL:053-431-3123
HP:https://www.trampcar.com
PHOTO 浅井岳男
TEXT 空野稜
アメ車マガジン 2021年 5月号掲載

最新記事


2024/03/04

理想のC8コルベットを求めて特別なエアフォースエアサス施工

クーペ

シボレー

ホイール

突然目覚めたアメリカンスポーツへの道。そして、誰もまだ見ぬC8コルベットの姿を目指した中内さん。世界初となる特別なエアフォース・エアサスを搭載し、ZERO DESIGNフルカーボンをまとって、C8コルベットの最先端を走る!

2024/03/01

愛らしくて、走りがいいレネゲードでソロキャン!

SUV

ジープ

2024/02/29

日本ではまず見ることがないラムトラックのレッカー仕様

ピックアップトラック

ダッジ

ジムニー専門店「ファッドスター」の店頭に鎮座するのは91年型ダッジ・ラム350。レッカー仕様という日本ではほとんど見ることのないモデル。しかも新車で購入して日本で登録したという個体だ。

2024/02/28

カスタムショップをコンセプトに尖った個性で人気のお店【THE KOBY'S】

ショップ

18歳の頃から“いつか自分のお店を持ちたい!”という夢を掲げてきた高味さん。そんな思いを抱きつつもあっという間に10年が過ぎ、このまま30代へと突入してしまったら夢のまま終わらせてしまうと、一念発起!

ランキング


2024/03/04

理想のC8コルベットを求めて特別なエアフォースエアサス施工

クーペ

シボレー

ホイール

突然目覚めたアメリカンスポーツへの道。そして、誰もまだ見ぬC8コルベットの姿を目指した中内さん。世界初となる特別なエアフォース・エアサスを搭載し、ZERO DESIGNフルカーボンをまとって、C8コルベットの最先端を走る!

2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2016/11/04

超レアなマスタング、1969年モデルのBOSS429!

クーペ

ビンテージ

フォード

1969y FORD MUSTANG BOSS 429