ジープオーナーにお勧めしたいのが、エルフォードの製品群だ。

SUV

ジープ

エルフォード

アメマガ2021年5月号

ブラッドストック

JLラングラー

ラングラー

BFグッドリッチ

ラングラーアンリミテッドサハラ

Jeep 荒野の覇者

Jeep JL Wrangler Unlimited Sahara Produced by ELFORD

Jeep 荒野の覇者 Go Anywhere,Do Anything


Jeep JL Wrangler Unlimited Sahara Produced by ELFORD

ファイバーが創り出す流麗な姿がユーザーを魅了

ジープにはやっぱり金属製のパーツ!と考える人はいるかもしれないが、それではクルマが重くなって走りが鈍くなる。軽さは1つの性能でもあるし、それを重視したいジープオーナーにお勧めしたいのが、ここで紹介するエルフォードの製品群だ。

オリジナルを大きく崩さずスポーティ感を更に強調!

今からおよそ四半世紀前、4WDにエアロパーツという今までにないスタイルを世に送り出したエルフォード。当時は異端児のように捉える人も少なくはなかったが、今ではすっかり定着したカスタムと言えよう。それらの製品づくりで培われたFRPの高い技術力を生かし、JLラングラー用の様々なアイテムをリリース中だ。

 

さすがにラングラーにエアロパーツとはいかないが、オフロードテイストを残しつつ、スポーティな雰囲気を演出。フロントバンパーは複雑な造形を施すことで、アグレッシブさを演出するが、実は軽さを追求してFRPで製作されている。スチールバンパーには憧れるけど、オフロードは走らないし…というユーザーに最適だ。

Jeep JL Wrangler Unlimited Sahara Produced by ELFORD

オリジナルのボンネットも同様にFRPを採用するが、US仕様のスタイルをモチーフとしており、先端部がスマートなところがポイント。左右と中央に設けられたインテークが効率よくエンジンルームの熱を輩出するが、内側にレインプロテクタも備えることで、エンジンに水が入ることはない。

 

ノーマルフェンダーに追加するオーバーフェンダーやルーフマーカーランプは、オリジナルの雰囲気を崩さず、それでいて流麗さも醸し出すことが可能。スペアタイヤはレスとすることで、シンプルなリアビューの演出はもちろん圧倒的な後方視界の確保と30kg以上の軽量化が図れる。ジープの疾走感はそのままに都会に映えるその姿は、まさしく造形美と呼ぶに相応しい。

_45I5626 _45I5657 _45I5662 _45I5677_45I5684

大胆に設けられたエアアウトレットと、FRP素材の軽さが最大のポイントと言える軽量ボンネット。アグレッシブなスタイルも魅力だが、フロントを軽くすることで回頭性を向上させることが可能。もちろん、ボンネットの裏側には雨水などの侵入を防ぐプロテクションパネルも装着されているので、安心感や信頼性もしっかり確保している。

_45I5597

素材にFRPを採用し、純正樹脂バンパー同等の重量ながら社外製スチールバンパーの無骨さを演出。アンダーパネルを別体(デモカーは未装着)とすることで印象を大きく変えることも可能。

_45I5697

アメリカンSUVの象徴とも言えるルーフトップのマーカーランプをJLラングラーに装着させるキット。ルーフへの穴あけが不要な専用マウントパネルを用意して簡単装着を実現。

_45I5576

スクエア4本出しの、ウルトラパフォーマンスマフラーXに交換。中央部にはアンダーガード風のデザインを採用した、マフラーサイレンサープレートも追加し、精悍なシルエットを演出。

ブラッドストック1ピース

ホイールはブラッドストック1ピースで、オーバーフェンダーの装着を前提としており、インセットは35となる。タイヤはBFグッドリッチのKM3(35×12.5R17)をチョイスする。

_45I5742

極太なスチールパイプを採用したサイドステップ。後席へのアクセスを考慮し、敢えてリアドア部分をドロップさせている。横方向にスライド可能で、好みの位置にセット可能だ。


THANKS:ELFORD【エルフォード】

TEL:048-966-3551
HP:https://www.elford.co.jp
PHOTO★浅井岳男
TEXT★空野稜
アメ車マガジン 2021年 5月号掲載

最新記事


2024/02/27

走りを追求するクルマからモーターホームまで対応!【WOT'S】

ショップ

アメ車専門店と言っても、マッスルカーやSUV、さらにはモーターホームなど、ジャンルで別れるのが殆ど。だが、それらすべてを扱うオールジャンルなアメ車専門店と言えるのが、熊本のワッツだ。

2024/02/26

アナタ好みのキャンピングカー造ります【VORTEX YOKOHAMA】

バン

キャンピング

シボレー

誰に気兼ねすることなく自由を追い求めてキャンプを楽しむのであれば、既成ではなくトコトンこだわり抜いた仕様へと仕上げられた内装のキャンピングカーで謳歌したくはないだろうか?それを具現化してくれるのがヴォルテックス横浜だ。

2024/02/23

マッスルカーライフを満喫!我が家の家訓、男なら“男らしいクルマ”に乗れ!

クーペ

ダッジ

高校生の頃に乗ると決めたチャレンジャー。父の援助もあって購入したから、父にも乗る権利はある。そんな息子のチャレンジャーに乗ると余りにも楽しすぎて、内緒で自分もチャレンジャーを購入。友人のような関係を築きながら、マッスルカーライフを満喫するオーナーさん親子を紹介しよう!

2024/02/22

長年に渡って見続けてきた老舗アメ車ショップにOBS の“イマ”を聞いた【ブルーリバー】

ショップ

1990年代から2000年代初頭のアストロブームと共に、アメ車シーンをけん引してきた関西の老舗アメ車専門店ブルーリバー。OBSの過去と現在を知る有識者として、当時から25年に渡ってブルーリバーを守り続ける代表の山倉氏に話を伺ってきた。

ランキング


2024/02/27

走りを追求するクルマからモーターホームまで対応!【WOT'S】

ショップ

アメ車専門店と言っても、マッスルカーやSUV、さらにはモーターホームなど、ジャンルで別れるのが殆ど。だが、それらすべてを扱うオールジャンルなアメ車専門店と言えるのが、熊本のワッツだ。

2024/02/26

アナタ好みのキャンピングカー造ります【VORTEX YOKOHAMA】

バン

キャンピング

シボレー

誰に気兼ねすることなく自由を追い求めてキャンプを楽しむのであれば、既成ではなくトコトンこだわり抜いた仕様へと仕上げられた内装のキャンピングカーで謳歌したくはないだろうか?それを具現化してくれるのがヴォルテックス横浜だ。

2021/03/15

【注目のアメリカン雑貨】大阪の老舗ブランド、アンダーウッドが同業者の買い付け地に!

ショップ

大阪府吹田市の閑静な住宅街にあるユニークなショップ「アンダーウッドブランド」。ヴィンテージカーやオートバイからアパレル、多肉植物など幅広いアメリカンアイテムが豊富。同店はヴィンテージ・アイテムの素晴らしいコレクションを展示するだけでなく、カスタムカーやオートバイのレストアなど様々なサービスも提供しており、一度は訪れるべきショップ!
UNDERWOOD BRAND【アンダーウッドブランド】

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】