史上最大の仕事は、愛車K5ブレイザーの35インチのタイヤ交換!

SUV

シボレー

'カタチから入る'逸楽アメ車生活

K5ブレイザー

アメマガ2021年6月号

1990 CHEVROLET K5 BLAZER

"カタチから入る"逸楽アメ車生活


1990 CHEVROLET K5 BLAZER

憧れのケイゴくんを遂に購入した現場女子、史上最大の仕事は、35インチのタイヤ交換!

ミスタータイヤマン和泉中央のスタッフとして働く傍ら、シングルマザーとして愛娘二人を育てる逞しい女性オーナーのASAKOさん。購入する前から吟味して調達したこだわりのタイヤ& ホイールを早々にインストール!

純正然としたリフトアップスタイルが理想の姿?

ミスタータイヤマン和泉中央店で受付スタッフとしてではなく、職人として勤務するASAKOさん。小柄ながら作業着を着てテキパキとタイヤ交換をする姿はティックトックでも反響を呼び巷で話題。軽自動車からミニバン、四駆まで様々なタイヤ交換をこなす即戦力な敏腕スタッフの彼女でも、さすがに一筋縄ではいかない史上最大サイズとなった35インチのマットテレーンタイヤ。しかも、それを履かせるのが念願の愛車であるK5ブレイザーというお客さんであり、そして職人という一人二役を買って出た。

 

ちなみに、愛車には名前を付けるのが儀式と話す彼女。以前乗っていたシボレー・HHRはHIROと命名して長年愛をはぐくんできた。今回新たに迎え入れたK5は、文字通りケイゴ君と名付けられた。そのケイゴくんの履きつぶされた靴を新調するかの如く、納車前からホイールを物色。純正ラリーホイールとセンターキャップを見つけて即決。

 

合わせるタイヤは現状の33インチからサイズアップして35インチのジオランダ―M/Tをチョイスした。いざタイヤの組み込みをしようにも規格外なサイズ感に四苦八苦。タイヤ単体でも重たいのにスチールホイールを組むとさらに重量が倍増。バランサーに乗せるだけでも大変な作業である。しかしケイゴくんのためなら笑顔。

DSC_7034

これまでに経験したことのないヘビー級のタイヤ交換となったが、終始楽しそうに交換作業に勤しむ姿は微笑ましい限りだ。装着した姿を見るなり「絶対この方がカッコいい?」と惚れ惚れ。その夜、愛娘二人にお披露目すると「なんかデカくなってない!?」とお褒めの言葉。子供たちにとっても、小柄なASAKOさんにとっても、乗り降りは多少難ありかもしれないが、乗りこんで車内から見える景色にはご満悦の様子。

 

オリジナルのシートを汚したくないからとラグを敷いてソファ感覚で子供たちを乗せており、広いラゲッジスペースもすっかり娘たちの遊び場と化したケイゴくん。以前愛用していたHHRとお別れする時は悲しそうだったが、今では親子でケイゴくんに夢中とのこと。これからアウトドアやキャンプを計画して、HHRでは行けなかった林道にもチャレンジしていきたいと意気込む彼女にとって、ケイゴくんは間違いなく最高のパートナーである。

DSC_7012 DSC_7027 DSC_7033 DSC_7058 DSC_7113 DSC_7122

長年HHRに乗っていたASAKOさんが整備やメンテナンスをお任せしているナオキモータービルドに入庫したK5を見て一目惚れ!オリジナルを色濃く残すリフトアップスタイルを、さらに当時らしくするべくラリーホイールの装着を決意したことが今回のタイヤ交換取材のキッカケだ。一連の作業は手慣れたモノではあるが、サイズが大き過ぎて四苦八苦。

DSC_9036 DSC_9030

5.7L TBIエンジン搭載のK5最終モデル。元々は33インチにアルコアの組み合わせだったが純正然とした雰囲気に戻したくてラリーホイール×35インチへ仕様変更。ファミリーユースでも不便のない様にカップホルダーを両側ドアに設置するなど工夫を凝らす。

1990 CHEVROLET K5 BLAZER

OWNER : ASAKO


ミスタータイヤマン和泉中央

住所:大阪府和泉市池田下町162-1
TEL:0725-24-3156
営業時間:10:00~19:00
定休日:水曜日
URL:http://mtm-izumichuo.com/index.php

DSC_7006


PHOTO&TEXT:石井秋良
アメ車マガジン 2021年 6月号掲載

最新記事


2024/06/15

ジャンルやブランドを問わず、すべてのアメ車乗りをサポート!【グローバル】

ショップ

九州・熊本の地で、長きに渡りアメ車を取り扱い続けるグローバル。店頭にはジャンル、年代を問わず様々な車両を展示。またピットを見るとビッグ3が集結! 九州のアメ車乗りにとって、非常に心強い存在と言える。

2024/06/14

歳相応の姿ながら細部まで、綺麗なオリジナル志向【シボレーカマロベルリネッタ】

クーペ

ビンテージ

シボレー

Z28を筆頭にマッスルカーの代名詞としても捉えられ、プロスピード仕様などにカスタムされた個体が多い1979年型カマロのオリジナルストックを発掘!

2024/06/13

誰もがワイルドな気分になれるオリーブドラブにオールペン【シボレーC1500】

ピックアップトラック

シボレー

近頃ミリタリーテイスト溢れるボディカラーでオールペンするガレージジョーカーが、アメ車マガジン2023年3月号で紹介したサンドベージュのS10ブレイザーに続き、オリーブドラブでオールペンしたC1500を作り上げた。

2024/06/12

究極のスタイルを実現できるそれがマルチピースの魅力!【ワークエモーションZR10 2P】

クーペ

シボレー

ホイール

オーバーフェンダーを追加したワイルドなスタイルに憧れるけれど、タイヤ&ホイールサイズがネック。またアメ車の場合はPCDも特殊だが、そんな悩みをすべて解決できるのがWORKの魅力。

ランキング


2022/07/05

モパーが並ぶショップでマスタングは狙い目

クーペ

フォード

2013 FORD MUSTANG GT PERFORMANCE PKG

2024/06/14

歳相応の姿ながら細部まで、綺麗なオリジナル志向【シボレーカマロベルリネッタ】

クーペ

ビンテージ

シボレー

Z28を筆頭にマッスルカーの代名詞としても捉えられ、プロスピード仕様などにカスタムされた個体が多い1979年型カマロのオリジナルストックを発掘!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/06/02

モデル史上最大のボディサイズとなるフォードサンダーバード

クーペ

ビンテージ

フォード

1974 FORD THUNDEBIRD