ビンテージに近づくK5ブレイザーも、ラピードなら安心して乗れる!

SUV

シボレー

80's-90's BREEZE

K5ブレイザー

オールテレーン

BFグッドリッチ

ダンロップ

ラピードトラックス

埼玉県

アメマガ2019年4月号

1988 & 1991 CHEVROLET K5 BLAZER


1988 & 1991 CHEVROLET K5 BLAZER、1988 & 1991 シボレーK5ブレイザー

1988 & 1991 CHEVROLET K5 BLAZER


80’s-90’s BREEZE 今こそ80~90年代のアメ車にハマりたい!

アメリカではもちろん日本でも大人気の極上の「スクエアトラック」を扱うプロショップ


アメ車整備・販売歴25年のキャリアを持つ「RAPID TRUCKS(ラピードトラックス)」。とくにシボレーKシリーズには深いノウハウを持ち、極上車両の販売はもちろん、メンテナンスや修理、技術の高さは“業界的”にも大きな信頼を集めているのだ!

入手困難なK5ブレイザーをラピードならゲットできる!


全世界的なSUVブームを受け、最近、再び人気を集めているのが、80~90年代のアメリカンSUVたち。とくにシボレーのC/Kシリーズ『ブレイザー』と呼ばれるモデルは、フルサイズの圧倒的存在感とラグジュアリーな装備、そして意外なほどの扱いやすさで、日本でも堅調に支持を得てきたが、ここへ来て、さらに引き合いが強くなっている!
しかし、となると問題は車両自体の少なさ、とくに程度の良い ブレイザー は、日に日に探すのが難しくなってきているのである。
とはいえ、ご心配なく!そんな ブレイザー ・ファンの方は、ぜひこのお店にアクセスしてみてはどうだろう?埼玉県八潮市のアメ車専門店「ラピード」だ。代表の井上鉄夫さんは、大手アメ車ショップで腕を磨き、25年前に独立、ラピードをオープンさせた。以来、K5やK10、 タホサバーバン など、シボレーの、いわゆる「TBI系」を中心に、車両販売や修理、メンテナンスを手がけてきた。「TBIの主治医」なんて古くからのお客様は呼んだとか呼ばないとか…。
ともあれ、ラピードのこだわりや技術、知識の深さは、今回、撮影に提供された88、91、2台のK5ブレイザーを見れば分かる。アメリカ現地で、徹底的に程度の良いクルマを探し出し、それを日本で、また内外装、機関、シャシーにいたるまで徹底的にリファインし、販売してくれるのだ。ビンテージに近づくK5も、ラピードなら安心して乗れる!
 

1988 CHEVROLET BLAZER


1988 CHEVROLET BLAZER、1988 シボレーブレイザー
レッド×ホワイトのボディカラーが鮮烈な、1988年型K5ブレイザー。アメリカの個人所有だったクルマを輸入したもので、グレードは最上級の“ シルバラードパッケージ”。内外装は「ラピード」によって、美しくリファインされている。またエクステリア最大の特徴は、この年式まで採用されたタテ目ヘッドライトで、ファミリー層にはとくに人気のある“ 顔” だそう。エンジンは350(5.7ℓ)“TBI”V8エンジン。TBIとは「スロットル・ボディ・インジェクション」という意味で、ラピードが得意とする年代の、シボレーの主力ユニットだ。
1988 CHEVROLET BLAZER、1988 シボレーブレイザー
レッド×ホワイトのカラーリングは、この年代のオリジナル。ラピードの手によって隅から隅まで美しくリファインされ、サビ1つない! ちなみにラピードでは購入後、いったんボディとフレームを離し、フレームにも徹底的に防錆処理を施すそう。だからこそコンディションは最高なのだ。
エンジンはGM製V8エンジンがインジェクション化した初期の、TBI・350ユニット
エンジンはGM製V8エンジンがインジェクション化した初期の、TBI・350ユニット。スペックは210hp&300lb-ft と超強力、組み合わせるトランスミッションはコラムシフト式4速AT(700-R4)。ちなみにリヤサイド2本出しのマフラーは、オリジナルのままだ。駆動方式はパートタイム4WDで、2WDと4WDハイ、4WDローを、フロアのレバーで切り替える。
サスペンションは前後ともリーフ・リジッド式
ダンロップのオールテレーンタイプが装着
サスペンションは前後ともリーフ・リジッド式。この時代のSUVでは一般的な形式だが、前後ともリーフの下にアクスルハウジングを吊るカタチが採用されている。ホイールはアフターのアルミ製、タイヤは新品で、ダンロップのオールテレーンタイプが装着されていた。サイズは31×10.5R15LT。


最高級グレード“ シルバラードパッケージ” だけに、インテリアの雰囲気はゴージャスそのものだ。フロアはフカフカの絨毯のよう、シートも分厚いクッションで、上等なモケットタイプとなっている。トリム部分はウッド&レザーで演出される。2列シート・5人乗り、カーゴスペースはスペアタイヤを積んでも余裕たっぷりだ。
 

1991 CHEVROLET BLAZER


1991 CHEVROLET BLAZER、1991 シボレーブレイザー
もう1台の K5ブレイザー は、1991年型。88年型との違いはマスクで、ヘッドライトがヨコ目になっているところ。ラピードによれば、比較的若いユーザーさんには、タテ目よりこちらのほうが人気だとか。ボディカラーはシックな雰囲気のベージュ×ブラウン。こちらもアメリカから輸入後(なんとワンオーナーだったそう!)、ラピードの手によってリファイン。まるで「新車」といっても違和感のないコンディションだ。エンジンはこちらもTBI350。ファンベルトの仕様など細かい違いはあるが、スペックはほぼ同等だ。
1991 CHEVROLET BLAZER、1991 シボレーブレイザー
2mオーバーの全幅に、全長はわずか4700mmの3ドアボディ。ちょっとアンバランスなボディワークが K5ブレイザー の魅力でもある。リヤのスライドダウンウィンドーなど、ならではのユニークな装備も。ベージュ×ブラウンのカラーはもちろんオリジナルなのだ。

パワートレーンは基本的に'88モデルと共通だ。ラピードでは K5 、つまり4WDモデルにこだわっていて、こちらもフロアレバー切り替え式のパートタイム4WD仕様。もちろんローレンジも付いている。エンジンはTBI350(5.7ℓ)、トランスミッションはコラムシフトの4速AT。ちなみに購入したのはカリフォルニア。やはり西海岸のクルマの方が、経年劣化は小さいのだという。
サスペンションは前後リーフ・リジッド
タイヤはBFグッドリッチのオールテレーン
サスペンションは前後リーフ・リジッド。やはり板バネがアクスルを吊るオーバースラング方式のレイアウトとなっている。ショックアブソーバーはプロコンプ製に変更されていた。タイヤはBFグッドリッチのオールテレーン、31×10.5R15LT。この巨体にサイズはやや小さいが、それも“ 味” といえる。


こちらも“ シルバラードパッケージ”で、インテリアはゴージャスなムード満点。厚みのあるモケットシートはもちろん、ドアトリムにも毛足の長いモケット地や、レザー風のポケットなどが付いて、ユーティリティの向上もみてとれる。リヤシートも脚を伸ばして悠々乗っていられるうえ、ラゲッジルームの広さも特筆ものだ。
 

RAPID TRUCKS【ラピードトラックス】


Location:埼玉県八潮市大曽根670-1
Phone:048-995-7233
URL:http://www.rapid-car.jp
アメ車整備・販売歴25年のキャリアノウハウで、エンジン不調・ミッション変速不良・ブレーキ不調・ボディ板金修理・内装補修などなど、すべてを自社工場で作業。“K5の主治医” として、安心して任せられるショップが「ラピードトラックス」だ。もちろん、車両のオーダーもOK。アメリカ現地で、基本的には個人売買にて、程度極上の車両を購入し、デリバリーしてくれるのだ。
RAPID TRUCKS、ラピードトラックスRAPID TRUCKS、ラピードトラックス

Photo ◆ Takeo Asai
Text ◆ Yoshinobu Kohsaka
アメ車マガジン 2019年 4月号掲載

最新記事


2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。

2024/05/20

スマートなスタイルの中に安定性という機能も重視!【ブランセムボディキット】

SUV

キャデラック

デビュー直後のクルマは存在するだけで注目されるもの。だがカスタムを考えた時にパーツの少なさに直面する。そこでNEWエスカレードのためにクアートが立ち上がった。

2024/05/18

日頃のご愛顧に感謝してコーストモータリングが“感謝祭”を開催!

イベントレポート

2024/05/17

父から譲り受けたアストロが兄弟の絆を深めていく

バン

シボレー

父が大事に所有していたアストロを、18才の時に譲り受けた弟さん。そして、楽しそうにカスタムに励んでいく弟の姿を、羨ましそうに見ていたのがお兄さんだ。「俺もアストロが欲しい…」。我慢できずに即決し、アストロ兄弟としてお互いにカスタムに没頭中!

ランキング


2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。

2024/05/20

スマートなスタイルの中に安定性という機能も重視!【ブランセムボディキット】

SUV

キャデラック

デビュー直後のクルマは存在するだけで注目されるもの。だがカスタムを考えた時にパーツの少なさに直面する。そこでNEWエスカレードのためにクアートが立ち上がった。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]