クアートに勤務しながら、経験を積み整備士を目指す

クーペ

フォード

マスタング

アメマガ2021年6月号

LEXANI

クアート

'カタチから入る'逸楽アメ車生活

ラウシュ

マスタング V6 プレミアム

2013 FORD MUSTANG V6 PREMIUM

“カタチから入る”逸楽アメ車生活


2013 FORD MUSTANG V6 PREMIUM

アメ車を楽しむユーザーから同じアメ車に乗るオーナーたちをサポートする側に一歩踏み出す

アメ車が好きで、ファッションやガレージなど、ライフスタイルすべてがアメリカの世界観にどっぷりハマっている人は多い。だがアメ車好きが嵩じて、他のアメ車乗りをサポートする整備の道へ進もうとしている若者の話を紹介しよう。 「2ドアでスポーティなクルマが欲しい! 国産車にもかろうじて存在するけれどスタイリングが好みじゃない。また記憶には残っていないが、生まれた時から物心つくまで母親がアストロに乗っていたこともあって、潜在意識の中にアメ車への愛着があったのかも知れない」と話す土田さんは、3年ほど前に始めての愛車としてマスタングを購入している。


元アメ車乗りである母親にアドバイスを求めたが、家族(とくに四駆乗りの父親)からはSUVにした方が良いと好き勝手に言われる始末…。なので、友人が同じくマスタングを購入したことと、初志貫徹とばかりにこのマスタングを購入したそうだ。 ちなみに土田さん、元々は工場で勤務していたが、現在はクアートに勤務しながら整備士の資格を取るべく日々実務経験を積んでいる最中。まだ資格がないので保安部品などは触れないが、それでもオイルやスプリングの交換、車検業務など、クルマの整備などに関するイロハを日々習得中。


元々自分でマスタングのオイル&エレメントやバッテリー交換は行なっていたことで、整備の仕事に興味を持っていた。 クアートに転職するキッカケは、友人に誘われてNSウラウンダーにエントリーした時のこと。そこでクアートの代表・酒向さんと話をし、スタッフが欲しいクアートと、将来的に整備士、果ては自分のファクトリーを開きたいと漠然と思っていた土田さんの思いが見事にマッチしたことで、2020年の9月からクアートのスタッフに加わることに。

2013 FORD MUSTANG V6 PREMIUM

ちなみに土田さんのマスタングは、アイバッハのスプリングをカスタムしてロワリングを実施。エアロパーツとマフラーはラウシュ製で、フロントリップやサイドスカートに追加されるカナード風のパーツはクアートのオリジナル。取材前日の真夜中まで掛かったが、ウエストラインにはマスタングを象徴するブルーとレッドのピンストライプが描かれており、単調になりかねないサイドビューを見事に引き締めている。


今後の予定としてはタイヤ&ホイールの変更や、可能ならオーバーフェンダーの装着も行ないたいと語る土田さん。整備はもちろんだが、自分自身がカスタムすることはノウハウの積み重ねになり、それがほかのユーザーへの良きアドバイスとなる。アメ車に乗りたいと思う次世代の、頼れるアドバイザーになることを願うばかりだ。

_N6I3152 _N6I3149_N6I3177 _N6I3267 _N6I3186_N6I3257 _N6I3229_N6I3204

土田さんのマスタングは、3.7LのV6を搭載するディーラー車。スプリングをアイバッハに交換し、ノーマルよりも若干低いフォルムへと変更。タイヤはフロントが245/30R20で、リアは275/30R20を装着。ホイールはレクサーニのM117で、鉤形のスポークが実に個性的だ。エアロはラウシュで、フロントリップの両端とサイドスカートの後ろ側にはクアートがリリースするカナード風のアイテムも追加。今後はワイド化も検討中だ。

_N6I3114

整備士の資格と聞くと、専門学校や自動車大学校に通う方法もあるが、実務経験を3年積み整備振興会から試験を申し込む方法もある。土田さんの選んだ方法は後者で、現在の業務内容は簡単な整備や陸運局への車両の持ち込みなど多岐に渡る。土田さんは夢への一歩を踏み出したが、その道のりはまだまだ長く険しいことだろう。

_N6I3214

OWNER : KOUHEI TSUCHIDA


THANKS:QUARTT FAB【クアートFAB】

TEL:058-381-9167
HP:http://quartt.jp
PHOTO:浅井岳男
TEXT:空野稜
アメ車マガジン 2021年 6月号掲載

最新記事


2024/04/18

自然な流れのボディパーツにカナードを追加で進化を遂げる【エッジカスタムズ チャレンジャー F】

クーペ

ダッジ

日本はもちろん、世界中のチャレンジャーカスタムを牽引するLUXZ。2021年に登場した初のフルバンパー仕様となる「CHALLENGER F」。そのエボリューションモデルが完成したので、早速紹介しよう!

2024/04/17

63年型フォードギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。

ステーションワゴン

ビンテージ

フォード

レースのフィールドで活躍した63年型ギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。中でもステーションワゴンは、ハイエンドでありながらSUVとしての魅力を備えて西海岸ではサーフ&ロッドのアイコンとしてお馴染み!

2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2024/04/16

アメ車マガジン2024年6月号 絶賛発売中!

雑誌

ランキング


2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2024/04/17

63年型フォードギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。

ステーションワゴン

ビンテージ

フォード

レースのフィールドで活躍した63年型ギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。中でもステーションワゴンは、ハイエンドでありながらSUVとしての魅力を備えて西海岸ではサーフ&ロッドのアイコンとしてお馴染み!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/03/11

2024年最初のアメ車イベント アメ車マガジンプレゼンツ「スプリングパーティー」は大盛況!

アメマガミーティング

アメマガキャラバン

イベントレポート

第一弾は3月10日(日)、千葉市中央区フェスティバルウォーク蘇我の駐車場での開催となる「SPRING Party!」。