-アメカルにまつわるエトセトラ- #16「スペースオペラ版 子連れ狼 」

コラム

アメマガ2021年6月号

アメカルにまるわるエトセトラ

#16「スペースオペラ版 子連れ狼 」

et cetera about AMERICAN CULTURE -アメカルにまつわるエトセトラ-


et cetera about AMERICAN CULTURE -アメカルにまつわるエトセトラ-
#16「スペースオペラ版 子連れ狼 」

スターウォーズ( 以下SW)シリーズからは、様々なスピンオフ作品が誕生しました。なかでも昨今人気を博しているのがストリーミングサービス「ディズニー+」のキラーコンテンツとして2019年に配信された「マンダロリアン」です。


SWキャラの中でも人気のボバ・フェットが登場する作品が計画されている…という話題を耳にしたのは6~7年も前のことでした。当時は本編としては久しぶりなエピソード7の公開間近ということで、界隈がざわつき始めた頃。私は「ずいぶんと細かなところまで掘り起こすなぁ」くらいに思っていました。ところが2020年、当ページの担当編集Kくんから「マンダロリアン見ました?面白いらしいですよ」との情報が。そこで、早速ディズニーデラックス(当時)に加入して見始めたら…あまりに面白くて全8話を数日で一気に見てしまいました。


マンダロリアンとは、惑星マンダロアを中心に活躍していた伝説の戦闘集団の総称。優れた戦闘技術をもち、強靭なアーマーで身を固めたマンダロリアンはバウンティハンター(賞金稼ぎ)や傭兵として様々なシーンで重宝されていました。ボバ・フェットや父親であるジャンゴ・フェット(正確にはDNA元)も、マンダロアのアーマーをまとったバウンティハンターとして本編に登場しています。そんなマンダロリアンの一人が主人公。マンドーという愛称で呼ばれている彼が「某所に囚われている“獲物”を連れてきて欲しい」という依頼を受けることから「マンダロリアン」は始まります。そしてその獲物が“あの”ヨーダと同じ種族の幼児でした。グローグーという名のその子を一旦は依頼主に届けて報酬も受け取ったものの、そのいたいけな姿に罪悪感と愛情を持ったマンドーは依頼主からグローグーを奪還。様々な追手から逃れながら、グローグーの帰るべき場所・人を探す旅を続けるというのがストーリーの骨子…はい、とってもストレートです。


民族や種族、そして親子の愛憎まで様々なファクターが絡み合う本編に比べてとても分かりやすい。どんな状況でもグローグーを第一優先にするマンドーのひた向きさもあって素直に安心して見ていられるのです。この単純明快な面白さは、脚本・企画をアイアンマンの監督であるジョン・ファヴローが担っていることも無縁ではないと思われます。また、それまでアニメーションで描かれていたキャラクターが実写で登場したり、ボバ・フェットなどサプライズなキャラクターの登場などファンサービスに事欠かない作りも人気となった要因です。


幼いグローグーを守りながらバウンティーハンターとして旅を続ける姿は、ある年齢以上の視聴者にはピンとくる「子連れ狼」そのもの。早くもシーズン3の製作が発表されましたが、今からとても楽しみです。

cap_2001

TEXT & ILLUSTRATION : JIN HATTA
アメ車マガジン 2021年 6月号掲載

最新記事


2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。

2024/05/20

スマートなスタイルの中に安定性という機能も重視!【ブランセムボディキット】

SUV

キャデラック

デビュー直後のクルマは存在するだけで注目されるもの。だがカスタムを考えた時にパーツの少なさに直面する。そこでNEWエスカレードのためにクアートが立ち上がった。

2024/05/18

日頃のご愛顧に感謝してコーストモータリングが“感謝祭”を開催!

イベントレポート

2024/05/17

父から譲り受けたアストロが兄弟の絆を深めていく

バン

シボレー

父が大事に所有していたアストロを、18才の時に譲り受けた弟さん。そして、楽しそうにカスタムに励んでいく弟の姿を、羨ましそうに見ていたのがお兄さんだ。「俺もアストロが欲しい…」。我慢できずに即決し、アストロ兄弟としてお互いにカスタムに没頭中!

ランキング


2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。

2024/05/20

スマートなスタイルの中に安定性という機能も重視!【ブランセムボディキット】

SUV

キャデラック

デビュー直後のクルマは存在するだけで注目されるもの。だがカスタムを考えた時にパーツの少なさに直面する。そこでNEWエスカレードのためにクアートが立ち上がった。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]