遊び心溢れる開放的なリビングはまさに南国リゾート!

HOUSE

アメリカンライフ

Let's AMERICAN HOME

エクスプローラー

ジェネラルアメリカンホーム

アメリカンハウス

アメマガ2021年9月号

Let’s AMERICAN HOME


理想のマイホームは大好きな海を感じみんなが楽しめる場所

完全自由設計で、大好きな海をイメージしたアメリカンハウスに住みたい。その思いを胸に、ハウスメーカー探しを始めた岩月さん夫婦。そこで出会ったのが、リアルアメリカを追求するジェネラルアメリカンホームだった。

アメリカ風じゃなくリアルがジェネラルの魅力

リアルタイムの雨雲レーダーを見ながら「僕らのオープンハウスも雨だったんですよ…」と、降り続く雨に悔しがる岩月さん。同じエクスプローラーに乗る父も招き、快晴なら色んなシチュエーションの撮影を想定していたようだが…。


結婚して4年目を向かえる岩月さん夫婦。結婚をキッカケにマイホーム計画をスタートさせ、憧れたのは「友達や家族とみんなでBBQができて、二人とも海が好きなので、海をイメージしたデザインをしてくれる、完全自由設計の家でした」。そこで色々調べていくと、アメリカンデザインを謳い文句にするハウスメーカーがあることを知り、早速訪問。だが期待とは裏腹に、そこで見た住宅デザインは「何か違う」印象を受けたという。「アメリカに行ったこともないし、何がリアルなのかは分からないけど、全体的に違和感があったんです。奥さんに聞いたら『私も違うと思う』って」。

_K2A0051

改めて理想の住宅を求め、ハウスメーカーを探し始めた岩月さん。何気なくインスタグラムに「#アメリカンハウス」と打ち込んだところ、大量のカッコいい住宅がアップされていた。調べてみると、それらは「ジェネラルアメリカンホーム」が設計デザインした住宅で、しかも拠点が地元の愛知県。勇気を持ってDMを送ると、「AIかと思うぐらい、すぐに返信が来て、逆に不安になりました(笑)」と言うが、紹介されたオープンハウスを見に行ってその不安は解消。「見た瞬間に、以前見たアメリカンハウスとは違うのが分かりました。細かい装飾部分にもこだわっているし、オーナーさんに聞いたら、色んな要望を聞いてくれて、リアルアメリカを追求した本当に完全自由設計だと」。そうした話を色々聞かされているうちに、岩月さん夫婦は「気がついたら契約してました」と笑う。

_K2A0032

遂に念願のマイホームをジェネラルアメリカンホームで建てることが決まったが、問題は土地探し。地元愛が強く、地元を離れることは夫婦ともに考えていなかったようで、数少ない売地を探し回ることになった岩月さん。すると仕事から帰る途中、スーツを着た人が何やら看板を持って杭を打ち付けている光景を目撃する。その看板には「売地」の文字。70坪の広さもあり場所も理想的で、迷うこと無くそこに書かれていた番号に連絡し、先方担当者も驚くスピードで契約を果たしたのだった。建築が始まる頃には新婚旅行としてハワイを訪れ、実際に建つリアルアメリカンハウスを見ながら、外壁の色などを決めていった。


着々と住宅建設が進む中、岩月さんにあったもう一つの野望が「アメ車所有」。岩月さんの父が20代の頃から様々なアメ車に乗り続けており、その影響で岩月さんにとってもアメ車は憧れの存在。「アメリカンハウスが建つ、このタイミングしかないと思ったんです。クルマは、父が長年乗っているエクスプローラー一択でした」と、岩月さんにとってアメ車=エクスプローラーだったようだ。


基本デザインはサーファーズハウスだが、色んなオープンハウスで見たデザインや仕様を盛り込み、奥様の要望も取り入れて、2021年7月に完成した岩月さん邸。海を感じさせるデザインは、雨もまた似合う?最後まで降り止まない雨であった。

_K2A9984 _K2A9535 _K2A9520

70坪の土地にブルーのラップサンディングが印象的な岩月さん邸。BBQができるウッドポーチは絶対欲しかったもの。ガレージも検討したが、ハンモックに揺られながら、芝生の庭で子供が遊ぶのを見るのも夢だったので断念。

_K2A9604 _K2A9700 _K2A9622

ブルーの天井が室内全体を明るいイメージにさせる。アメリカンハウスには珍しく、ダイニング横には来客用の畳の部屋を設置。キッチンは、奥様が欲しかったパントリーと、船の帆をイメージする棚が特徴的。

_K2A9571 _K2A9679 _K2A9820 _K2A9652_K2A9832 _K2A9826_K2A9844

白を基調に木目を組み合わせて、リビング全体が吹き抜け構造となる。階段手すりのスピンドールなど、細かい部分にもこだわってリアルアメリカを表現。室内にもハンモックを置いて、最高のお昼寝場所となっている。 階段を登ると、そこはセカンドリビングともいえる空間が広がる。壁一面に配置した夕日の海辺の壁紙など、海が本当に好きなことが伝わってくる。将来的には、子供の遊び場になる予定。

_K2A9883 _K2A9859_K2A9905

南国をイメージさせるバスルームと、ポップな1階のトイレも岩月さんの自慢のエリア。豊富な種類の壁紙を選べるのが、ジェネラルアメリカンホームの魅力のひとつ。

_K2A9787_K2A9916

OWNER: 岩月寛太・美月さん


2008 FORD EXPLORER

2008 FORD EXPLORER 2008 FORD EXPLORER

1年半前に、住宅完成に合わせて初のアメ車となる08年型エクスプローラーを購入した岩月さん。右下の父がエクスプローラーに乗っていたため、買うならエクスプローラーと決めていたようだ。ホイールはワークの20インチ。ジェットスキーの牽引にも使われている。

2015 FORD EXPLORER

2015 FORD EXPLORER

岩月さんの父上である弘行さん。20代の頃からアストロやエクスプローラーを乗り継ぐ大のアメ車好き。現在は現行のエクスプローラーを所有する。カスタムはアストロ時代にやりきったようで、今はノーマルを楽しんでいるようだ。


General American Home【ジェネラルアメリカンホーム】

所在地:愛知県刈谷市東境町登り坂100
TEL:0566-91-3007
URL:http://g-a-h.sakura.ne.jp/wp
PHOTO&TEXT:相馬一丈
アメ車マガジン 2021年 9月号掲載

関連記事

RELATED


西海岸にある様なビーチハウスをイメージした理想のマイホーム

OWNER: 磯谷淳嗣さん/未来さん/沙羅ちゃん/宗弥くん

見た瞬間に一目ぼれ、将来住む住宅はジェネラルに決めた!

結婚したら一軒家に住む。漠然とそんな思いを持っていたオーナーさんは、先輩が建てた住宅のオープンハウスに行き、その住宅デザインに衝撃を受ける。「マジでカッコイイ!俺もこんな家に住みたい!」。それがジェネラルアメリカンホームとの出会いだった。

デザインは本当に自由、建てながら決められるジェネラルの凄さ

サーフィンがとにかく大好きな相羽さん。夢のマイホームは、やはりサーファーズハウス。SNSで見付けたジェネラルアメリカンホームのオープンハウスに行き、夢は大きく膨らんでいく。完全自由設計で、家族みんなで楽しみながら理想の住宅を造り上げていった。

あのお洒落な家は何?勇気を出してオープンハウスに突撃!

近所に気を使うマンションより戸建てがいい。奥様の希望に答えるべく、浅岡さんが検討したのは建売住宅。やっぱり注文住宅って高いから…。希望に合う住宅が見つからず苦戦していると、目に飛び込んで来たのが輸入住宅のお洒落な家だった。

本当に楽しく住むなら自分たちが考えた大好きな家にしたい!

マンションでも建売でも良いかも。そう考えていた左右田さんだが、「自分の好みを我慢してまで住みたくない!」と、断固反対したのは奥様だ。家族でずっと楽しく住むなら、自分たちが好きなものを取り入れた自由設計が一番。左右田さん夫婦のマイホーム計画がスタート!

 

最新記事


2024/05/18

日頃のご愛顧に感謝してコーストモータリングが“感謝祭”を開催!

イベントレポート

2024/05/17

父から譲り受けたアストロが兄弟の絆を深めていく

バン

シボレー

父が大事に所有していたアストロを、18才の時に譲り受けた弟さん。そして、楽しそうにカスタムに励んでいく弟の姿を、羨ましそうに見ていたのがお兄さんだ。「俺もアストロが欲しい…」。我慢できずに即決し、アストロ兄弟としてお互いにカスタムに没頭中!

2024/05/16

ゆったりと景色を眺め馴染みながら走らせる大人のワゴン【1962 インパラ ワゴン】

ステーションワゴン

ビンテージ

シボレー

ホワイトウォールに5スポークのクレーガーを組み合わせたボトムスとクリーンなホワイトボディ。そして塗装を加えたルーフのコントラストが美しい62年型のインパラワゴン。ビレットやワイヤーホイールを履いて魅せるショーカー的なインパラとは一線を画し、古き良き時代のアメリカを色濃く感じさせる佇まいは大人の嗜みとして最良の選択。

2024/05/15

SUVが小さく見える、本気のモーターホーム【2022 TIFFIN ALLEGRO BREEZE 33BR】

キャンピング

OTHER

アウトドア

アメ車の専門店は全国にあるが、バスの様なモーターホームを扱うのは、熊本のワッツ以外にないのでは?代表の村上さんは「他店にはない個性」を追求した結果と語るが、全国から問い合わせが後を絶たないそうだ。

ランキング


2024/05/17

父から譲り受けたアストロが兄弟の絆を深めていく

バン

シボレー

父が大事に所有していたアストロを、18才の時に譲り受けた弟さん。そして、楽しそうにカスタムに励んでいく弟の姿を、羨ましそうに見ていたのがお兄さんだ。「俺もアストロが欲しい…」。我慢できずに即決し、アストロ兄弟としてお互いにカスタムに没頭中!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2020/07/28

【パワーと贅沢の融合】一度は乗ってみたいGMCシエラ・デナリの魅力

ピックアップトラック

GMCシエラ・デナリについて解説。シボレーよりもGMC派にとっては、ヘビーデューティ性能とラグジュアリーが融合した魅力的な選択肢として人気の車種。豪華な装備やオフロード性能、EcoTec3 5.3L V8エンジンなど、ユニークな特徴をご紹介しよう!

2024/05/16

ゆったりと景色を眺め馴染みながら走らせる大人のワゴン【1962 インパラ ワゴン】

ステーションワゴン

ビンテージ

シボレー

ホワイトウォールに5スポークのクレーガーを組み合わせたボトムスとクリーンなホワイトボディ。そして塗装を加えたルーフのコントラストが美しい62年型のインパラワゴン。ビレットやワイヤーホイールを履いて魅せるショーカー的なインパラとは一線を画し、古き良き時代のアメリカを色濃く感じさせる佇まいは大人の嗜みとして最良の選択。