ジープグランドチェロキーに特化したボディキット「BCD」

SUV

ジープ

SENS

BCD

アメマガ2022年1月号

グランドチェロキー

Jeepといつまでも

JEEP GRAND CHEROKEE

ジープといつまでも!~Stand by me forever~


JEEP GRAND CHEROKEE

BCDのデザインを生かし、より洗練された姿へ

ジープグランドチェロキーに特化したボディキット「BCD」。都会的なグランドチェロキーの性質を加味し、ユーザーの声に配慮した開発を進めることで、多くのオーナーから支持され続けている。今回は新車からユーザーのオーダーでカスタムした車両を紹介しよう。

BCDの懐の広さを感じるカスタムモデル

グランドチェロキーの専用ボディキット「BCD」。ベーシックモデルを、より強く、ワイルドに仕立てているのが特徴で、2014~2016年モデル、2017年以降モデルのラインナップがあり、個別パーツの装着でも違和感のないようにデザインがされている。オーバーフェンダー単品、フロントバンパーだけの装着であっても、純正デザインを崩さず、明確な違いを演出することができる。 今回撮影したモデルは、正規ディーラーで新車購入した東京都在住の塩谷さんのグランドチェロキー・ラレード。SENSがプロデュースするボディキット「BCD」の装着だけでなく、オーナーのこだわりを体現した仕上がりとなっている。

JEEP GRAND CHEROKEE

2017年以降の現行型BCDフルボディキットを、ボディ色のグラナイトと艶ありブラックで塗り分けし、アクセントとなるフロントバンパーの左右のフィンカラーはゴールドを選択。キャリパーカバーも、ホワイトとゴールドの組み合わせで、オリジナルで本国アメリカにオファーして製作している。ラレードグレードはコイルサスペンションであるため、アイバッハでローダウン。ホイールはレクサーニの22インチを履き、オーバーフェンダーに合わせた10Jの設定となっている。マフラーはSENSオリジナル4本出しマフラー。リアのライト類や、ロゴ(サイド・リアのみ)はブラックアウト。


外観だけでなく、今回はアンサーバック、室内LEDも追加でカスタムを依頼し、今後は、オーディオカスタムに入っていく予定。 SENSでは、事前に入庫の予定を打ち合わせをすれば、無料の代車も用意してくれる。ボディキットやアルミ、足回りのカスタムだけでなく、DVDプレイヤー、デイライト、TVキャンセラーなどの取付依頼も多いとのこと。グランドチェロキーに特化しているので、カスタムだけでなく修理なども是非相談したい。

JEEP GRAND CHEROKEE _K2A1321 _K2A1389 _K2A1404 _K2A1587 _K2A1598

セブンスロットルグリルのメッシュ部分も、オーナーの要望により艶ありのブラックで塗装されている。SENS では、こうしたロゴやグリルなどのブラックアウトの依頼が増えているようだ。

_K2A1338

リアゲートスポイラーを取り付けるだけで印象はまったく変わる。SENSオリジナルマフラーは、純正バンパーでも取り付け可能とあって、問い合わせも多く人気のアイテム。


SENS【センス】

所在地:愛知県名古屋市中川区荒子2-14-1
TEL:052-363-1100
定休日:水曜日
営業時間:10:00~19:00
http://sens.centurionworld.jp
PHOTO&TEXT:相馬一丈
アメ車マガジン 2022年 1月号掲載

×