日本におけるジープカスタムのトレンドをけん引し続けるトップランカー

SUV

ジープ

ラングラー

ラングラーアンリミテッドルビコン

京都府

JLラングラー

アメマガ2022年1月号

トップランカー

Jeepといつまでも

JL WRANGLER UNLIMITED RUBICON

ジープといつまでも!~Stand by me forever~


JL WRANGLER?UNLIMITED RUBICON

走破性を追求してもメインはストリート、本質は街中に在る。

北米スタイル、本国志向、US最旬アフターパーツをいち早く取り入れて、日本におけるジープカスタムのトレンドをけん引し続けるトップランカー。日本のJLオーナーが欲している部分を見極め、必要に応じて足し引きする。ヘアスタイルやファッションと同じく、重要なのは“ センス” に尽きる。

もはやオフロード界のカリスマスタイリスト

JKで4枚ドアのアンリミテッドがリリースされて以降、ラングラーを欲するオーナー層が変化。現行型JLになってその傾向に拍車を掛け、オフロードとは無縁だったビギナー層も増加。2000年以降に生まれた若者たちが既に20代を迎えステアリングを握る昨今、彼らに90年代のトレンドを話してもピンとこないのと同様に、次世代のラングラーオーナーたちには彼らの欲するシティオフローダーをどれだけ理解してカタチにしていけるか? がカギだ。

 

トップランカーはそのさじ加減が絶妙で、常に本国で旬のトレンドを取り入れつつ、日本の街中を走らせる上でオーバースペックな部分は潔く削ぎ落とす。やろうと思えば40インチ履きも簡単。だけど競技やショーエントリーが目的ではないオーナーたちから求められているのはそこじゃない。

JL WRANGLER UNLIMITED RUBICON

ショッピングで不便にならない様に立体駐車場の出入りを考慮したり、無理のない乗降性の確保など、シティオフローダーの課題は意外と多く、それら一点一点を払拭しながらも、北米で走るセンスの塊の様なスタイルへと導き出す姿勢は、まるで各々の個性を際立たせながら最良のヘアスタイルを提案するトップスタイリスト。こうしたカリスマ性が既存のラングラーファンのみならず、新たなユーザー層をも魅了する。

 

2インチのリフトアップで37インチをスマートに履きこなす。これはここ最近のJLカスタムでいう定番にしてもっとも需要の多いスタイルだ。しかし足をどのメーカーにするか、ホイールオフセットやリムデザインのチョイス、そして合わせるタイヤに加えバンパーを初めとするアクセサリーのコーディネートこそ、もっともセンスが問われる部分。

 

野蛮なオフローダーではなく、軟派なストリートでもない。それこそ硬派に徹したスタイルでもない。まして撮影車両の様に素材がルビコンとなれば、その良さを生かしつつアップデートしていくことがマスト。このルビコンはまさにそのお手本的存在である。

DSC_1446 DSC_1449 DSC_1450 DSC_1458

通常のフェンダー位置よりもアッパーレイアウトとなるUSハイラインフェンダーにはQUAKELEDをインストール。グリルの両サイドからさらに内側へとシェイプされてスッキリとした印象になるCRCフロントバンパーは先端のウィンチが存在感を惹き立てる。リアバンパーも同様に厚みを削ぎ落として視覚効果的に実際の上げ幅よりも高く見える。

DSC_1464

フロントシート上部のルーフは純正でも取り外せるようになっているが、その作業は意外と手間で、外したトップをわざわざラゲッジスペースに置くのは面倒だったりする。そこでもっとイージーにオープンエアーを楽しみたい方にオススメしたいのがベストップからリリースされているサンライダー。左右のフックを取り外して上に押し上げるだけで抜群の解放感を堪能できる。

DSC_6329

ルビコンに採用するリフトアップキットはジープ純正品質のモパー製2インチアップキット。直径2.5インチの太さを誇るアルミボディ採用、高圧モノチューブ式で放熱効果の高いFOXショックアブソーバーがキットとして含まれており、本国仕様とは異なる右ハンドル用の前後ラテラルロッドを追加。

DSC_6326 DSC_6373 DSC_6374 DSC_1444

また37インチによるタイヤ外径でシビアになってくるバンプストッパーも対策品へと換装済みで、腰下重量増加、タイヤサイズの大径化で生じる足捌きへの影響を払拭しており、ストリートからオフロードまで終始安定感のある走りを実現させた。同じ2インチアップ、37インチ履きであっても、どんな方法でリフトアップを施しているかで乗り味は千差万別であり、豊富な実績と経験値があればこその成せる技だ。


TOPRANKAZ【トップランカー】

TEL:075-983-9161
URL:http://www.toprankaz.com/
アメ車マガジン 2022年 1月号掲載

最新記事


2024/04/23

伸びやかなロングノーズ、引き締めるロングテール、隙のないそのフォルム【インパラ コンバーチブル】

オープン

ビンテージ

シボレー

2024/04/22

荒れ地こそ進む道 デザート仕様【1996 シボレー S10 ブレイザー】

SUV

シボレー

車両のイメージを劇的に変えたカスタム。それがオールペン。千葉県のガレージジョーカーは、様々なモデルをオールペンによって変化させ、個性的なスタイルを生み出している。そのひとつが、艶消しサンドベージュになったS10ブレイザーだ。

2024/04/20

細さを追求したスポークが軽快さや躍動感を予感させる【WORK GNOSIS CVF】

ホイール

WORK GNOSIS CVF

2024/04/20

エントリー条件はただ1つ、WORKを装着していること【WORK WHEELS JACK 3rd】

ホイール

イベントレポート

WORK WHEELS User Event
WORK WHEELS JACK 3rd

ランキング


2024/04/23

伸びやかなロングノーズ、引き締めるロングテール、隙のないそのフォルム【インパラ コンバーチブル】

オープン

ビンテージ

シボレー

2024/04/22

荒れ地こそ進む道 デザート仕様【1996 シボレー S10 ブレイザー】

SUV

シボレー

車両のイメージを劇的に変えたカスタム。それがオールペン。千葉県のガレージジョーカーは、様々なモデルをオールペンによって変化させ、個性的なスタイルを生み出している。そのひとつが、艶消しサンドベージュになったS10ブレイザーだ。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]