「ユーザー1人1人の使い方や好みに合わせたクルマ作り」をするグラベルオートサービス

SUV

ジープ

グラベルオートサービス

グラディエーター ルビコン

アメマガ2022年1月号

グラディエーター

JTグラディエーター

宮城県

Jeepといつまでも

Jeep JT GLADIATOR RUBICON

ジープといつまでも!~Stand by me forever~


Jeep JT GLADIATOR RUBICON

グラディエーターをスタイリッシュなオフ車に!

東北地方でラングラーのグレードアップといえばまず名前が挙がるのが、本格的なオフロードカスタムにおける高い技術力と豊富な知識を持つグラベルオートサービス。同社のモットーは「ユーザー1人1人の使い方や好みに合わせたクルマ作り」で、ユーザーがJeepをどの様に使うのか、しっかり話を聞いてから最適なパーツを提案してくれる。

 

新車のコンプリートカーの販売を展開するプロショップは全国各地にあるが、ある意味その対極にあり、オーダーメイドでお客さんと一緒に少しずつクルマを作り上げている、そんな親しみやすいお店でもある。まだまだ新車は納期のかかるラングラーの新古車・中古車の取り扱いも可能なので、購入を考えている人はぜひ問い合わせの上、来店してみてはいかがだろうか。もちろん、今乗っているラングラーのカスタムの相談などもOKだ。

Jeep JT GLADIATOR RUBICON

紹介するグラディエーターは同社が手掛けた作品だが、パーツのコーディネイトは、この車両のオーナーが自ら探し出し個人輸入によって買い集めたもの。グレードアップに関わるすべてをお膳立てするのではなく、オーナーだけでは難しい作業のみをお手伝いするのも同社のお仕事なのである。開発コンセプトは、Jeepブランドらしさの強調と、素性の乗り心地の良さを両立させること。まずはグラディエーターの尻上がりスタイルを補正するべく、ラフカントリーのレベリングキットで2.5インチほどリフトアップして前後のバランスを調整。均衡の取れたスタイルとなった。ワイドボディキットを装着し片側50mmほど拡張。純正フェンダーはそのママにワイド化したので、グラディエーターらしさは少しもスポイルされていない。

 

スタイリングの要となるタイヤは、パワーをしっかり路面へ伝えるためにBFグッドリッチのマッドテレーン・37インチを選択。ホイールはJeepカスタムでは定評のあるKMC XD138(インセットはマイナス12)とした。 車高アップに伴い乗降性確保のために、電動格納式のサイドステップを取り付けた。走行時はステップが格納される優れものだ。前後バンパーはロードアーマー製、ルーフに?Cのライトを配置するなど、オフロードランナー的な要素もミックスされたオリジナリティを高めたルックスなっている。

5K6A9419 5K6A9456

僅か2.5インチアップで、37インチの大径タイヤをフェンダー内に収めてしまうJTのカスタムの奥深さに感嘆。本格的なオフローディングもこなせるKM3の選択も絶妙!マフラーは、シングルサイド出しに換装。米国で3大トップメーカーのひとつに挙げられる、CORSA製。低音質でV6サウンドを奏でる。

5K6A9469 5K6A9410

ラフカントリーのリフトアップキットでフロントのみをアップ。純正サスペンションとの相性も良く、FOXのショックアブソーバーで要最低限とする。

5K6A9426 5K6A9473

ルーフにKC製の8連LEDランプを装着(ランプブラケットもKC製)。ランプの稼働スイッチはワイヤレス式で、本体は車内のルーフに取り付けてある。配線が必要がないので電装品の装着も簡単。

5K6A9593 5K6A9587

純正フェンダーを生かし車幅を広げられるワイドボディキットを装着。リフトアップと、車幅のバランスが絶妙なバランスで保たれている。ウィンカーをクオーク製の薄型に変更。フェンダーラインがより薄くスタイリッシュになり、また、大径タイヤが丸見えとなるので力強さが強調される。シーケンシャルで点灯し、デイライトは白色となる。


Gravel AUTO SERVICE【グラベルオートサービス】

TEL.022-287-6310
URL.http://www.gravel-as.com
アメ車マガジン 2022年 1月号掲載

最新記事


2024/04/18

自然な流れのボディパーツにカナードを追加で進化を遂げる【エッジカスタムズ チャレンジャー F】

クーペ

ダッジ

日本はもちろん、世界中のチャレンジャーカスタムを牽引するLUXZ。2021年に登場した初のフルバンパー仕様となる「CHALLENGER F」。そのエボリューションモデルが完成したので、早速紹介しよう!

2024/04/17

63年型フォードギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。

ステーションワゴン

ビンテージ

フォード

レースのフィールドで活躍した63年型ギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。中でもステーションワゴンは、ハイエンドでありながらSUVとしての魅力を備えて西海岸ではサーフ&ロッドのアイコンとしてお馴染み!

2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2024/04/16

アメ車マガジン2024年6月号 絶賛発売中!

雑誌

ランキング


2024/04/18

自然な流れのボディパーツにカナードを追加で進化を遂げる【エッジカスタムズ チャレンジャー F】

クーペ

ダッジ

日本はもちろん、世界中のチャレンジャーカスタムを牽引するLUXZ。2021年に登場した初のフルバンパー仕様となる「CHALLENGER F」。そのエボリューションモデルが完成したので、早速紹介しよう!

2024/04/17

63年型フォードギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。

ステーションワゴン

ビンテージ

フォード

レースのフィールドで活躍した63年型ギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。中でもステーションワゴンは、ハイエンドでありながらSUVとしての魅力を備えて西海岸ではサーフ&ロッドのアイコンとしてお馴染み!

2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】