鹿児島発信!ワイルドリフテッドのタンドラが超ヤバい!

ピックアップトラック

逆輸入車

OTHER

タンドラ

AMERICAN CUSTOMS

HAOU WHEELS

アメマガ2022年3月号

覇王

2010 TOYOTA TUNDRA

AMERICAN CUSTOMS


2010 TOYOTA TUNDRA

2020年9月の購入からわずか1年ほどで怒涛のワイルドリフテッドへ格上げ!

まるでトランスフォーマーに登場するアイアンハイドの如く、一般的なフルサイズトラックとしてのサイズ感を大きく上回る威風堂々スタイルへと格上げされたタンドラ。26×16Jに40インチのボトムスで、ハイ& ワイドフォルムに拍車を掛ける!

鹿児島発信のワイルドリフテッドが超ヤバい!!

20代前半の若さながらカスタムに対しての熱量がハンパないダイスケさん。アメ車との出会いはこのタンドラの前に1年半ほど乗っていたエスカレードから始まる。

 

ホイールを変更してサラッとカスタムして乗っていたが、フルサイズトラックに魅了されて乗り換えを決意。購入したのは今からザックリ1年半ほど前。鹿児島でアメ車乗りたちが集う中で出会った覇王ホイールの畠中氏が乗るH2に魅せられ、そのボトムスがフルオーダー鍛造ホイールの自社ブランド「HIGH FORGED」と知ったことが、彼のタンドラカスタムに火をつけた確固たる理由だ。

 

そこから目標をカスタムカーショーの大本命であるクロスファイブファイナルと掲げ、ホイールのリム幅やタイヤサイズを相談の上、デザインはその道のプロである畠中氏へ委ねる一方で、自身は40インチ&ディープリムを履くに相応しいスタイルにするため、行きつけのショップ早崎自動車とタッグを組んで製作を開始した。

DSC_3745

足回りはBDSの7インチキット&ボディリフト、さらにリア純正エアサスを取り外して、スカイジャッカー製リーフサスペンションに交換することで、フロント約10インチ、リア約12インチの上げ幅を確保。タイヤ外径アップを加えて全高は286cmと3mに迫る怒涛のリフト量。助手席に乗らせてもらって見た景色は、もはやダンプトラックの様な感覚。また、ベッド外側へと突き破って反り立つ煙突マフラーは170Φの極太で、まさにV8を轟かせて走るワイルドさは圧巻! やるからには妥協を許さない一直線な姿勢が〝孤高のワイルドリフテッド〟を実現させた!

DSC_3705 DSC_3763DSC_3754

グリルはTOYOTA純正色のスーパーホワイトで塗り分け、タンドラの丸みを帯びたバンパー形状を削ぎ落とすかのようにデザインされたワンオフバンパー。こちらは海外のfusionbunperを参考に製作。下回りの色とマッチさせたブルヒッチの塗り分けもナイス!

DSC_3751

ただでさえ珍しいカスタムの煙突マフラーを、ベッド内で中間パイプをレイアウトして、最後には外側へ突き破って170Φの極太ステンレスパイプで空高く反り立たせるスタイルは、怒涛のインパクト!ベッド部分に荷物が積めるのかとか、熱くないのとかなんてことを気にするのはナンセンス。カスタムの世界は潔さが大切。

DSC_3723 DSC_3724

デザインはお任せで依頼を受けたHIGH FORGED 畠中さんは、鍛造だからこそできる繊細なディテールにこだわりつつも16Jのディープリムが映える様にデザイン。組み合わせるタイヤはNITTOトレイルグラップラーの40×15.50R26だ。

DSC_5119DSC_5113DSC_5112DSC_5117

BDSのリフトアップキットをホワイト&ブルーで塗り分けれており、プロペラシャフトからデフまで徹底してペイントを施す。また、リフトアップすることで目立ちがちなインナーフェンダーはMammothguard製でフレームのホワイト&ブルーとマッチするように塗り分けられる。リーフスプリングはバラして一枚筒塗り分けたり、電動ステップが閉じた状態でその存在感を可能な限り払拭する様にボディ同色に塗ったりと、徹底しているところが分かる人には分かるこだわりである。

OWNER:Daisuke


HAOU WHEELS【覇王ホイール】

TEL:0995-73-8684
http://www.haouwheels.com
PHOTO&TEXT:石井秋良
アメ車マガジン 2022年3月号掲載

関連記事

RELATED


「HIGH FORGED」のビードロック17インチを装着したタンドラ

2014 TOYOTA TUNDRA

マットラッピングで楽しむアイランドスタイルの真骨頂!

2007 TOYOTA TUNDRA LIMITED

トヨタ「タンドラ」のフルモデルチェンジした新旧モデルを徹底比較

トヨタの人気モデル「タンドラ」が15年振りにフルモデルチェンジして第三世代へと生まれ変わり、新たなステージを切り拓くべくデビューを果たした。

3代目となる新型タンドラはというと、デザインテーマに「テクニカルマッスル」を掲げており、これはパフォーマンス性能の飛躍とピックアップトラックらしい強靭さの向上を狙ったもの。

今回はそんなタンドラの新旧モデルを比較してご紹介していこう。

Text & Photos|アメ車MAGAZINE編集部

トヨタのタンドラって何がスゴイ?逆輸入車の知名度を押し上げた初代を解説

トヨタの「タンドラ」といえば、言わずもがな欧米でも絶大な人気を誇り、日本の「アメ車」として有名な逆輸入車だ。特にタンドラは第二世代がフォーカスされがちだが、この地位を築き上げおたのは初代あってこそ。今回はそんな初代モデルについてご紹介。

Text & Photos|アメ車MAGAZINE編集部
アメ車マガジン 2019年 1月号掲載

ベース車両はトヨタが放つ生粋のオフローダー【タンドラ TRD PRO】

OVERLAND STYLE with TUNDRA

 

最新記事


2023/02/03

アメ車道楽は妻の理解ではなく、一緒になって楽しむのが正解!

セダン

バン

SUV

キャデラック

ダッジ

ジープ

奈良県在住のKatsuhiro&Fumiyoさんが所有するクルマはキャデラック・XTS、JKラングラー、ラムバンの3台。少し前まではマスタングも所有しており、4台体制に加えて専用ガレージにハーレーまで保管。理想のアメ車道楽を謳歌する夫婦の魅力に迫る。

2023/02/02

1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場!

SUV

ダッジ

2015年に登場した、究極のチャレンジャー「ヘルキャット」。デビュー当初はチャレンジャーだけの称号と思われていたが、その後チャージャーにもヘルキャットが出現。そして1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場し、日本に上陸した!

2023/02/01

ピックアップトラックの荷台に設置するカモフラージュ・トラックテント

ピックアップトラック

アウトドア

日本ではキャンプが大きなブームになっているが、アウトドアが日常となっている本場アメリカでは、数多くの個性的なアイテムが販売されている。アメリカからアメリカン雑貨を直輸入するガレージジョーカーでは、アウトドアグッズもアメリカから直輸入!

2023/01/31

今まで諦めていた愛車の高価買取がオートファンで可能になる!全国出張アメ車高価買取が遂に登場!

ショップ

買取業者でアメ車の買取金額は安い。それが今までの買取の常識だったが、その常識を覆す高価買取をスタートさせたのがオートファンだ。全国の無料出張が可能で、これからは買取も買い替えの選択肢になる!

ランキング


2023/02/01

ピックアップトラックの荷台に設置するカモフラージュ・トラックテント

ピックアップトラック

アウトドア

日本ではキャンプが大きなブームになっているが、アウトドアが日常となっている本場アメリカでは、数多くの個性的なアイテムが販売されている。アメリカからアメリカン雑貨を直輸入するガレージジョーカーでは、アウトドアグッズもアメリカから直輸入!

2023/02/02

1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場!

SUV

ダッジ

2015年に登場した、究極のチャレンジャー「ヘルキャット」。デビュー当初はチャレンジャーだけの称号と思われていたが、その後チャージャーにもヘルキャットが出現。そして1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場し、日本に上陸した!

2023/01/30

父が独身時代から愛用し続けたC4コルベットを息子が受け継いで紡ぐ!

クーペ

シボレー

“子は親の背中を見て育つ” とはよく言ったものだが、文字どおり彼ら親子はコルベットを通じて父のアメ車道楽を一緒になって楽しんできた。高校生活を終えて免許を取得した息子が初めての愛車として迎え入れたのが、父との思い出が詰まるC4だ。

2023/01/31

今まで諦めていた愛車の高価買取がオートファンで可能になる!全国出張アメ車高価買取が遂に登場!

ショップ

買取業者でアメ車の買取金額は安い。それが今までの買取の常識だったが、その常識を覆す高価買取をスタートさせたのがオートファンだ。全国の無料出張が可能で、これからは買取も買い替えの選択肢になる!

×