アメ車の勢力図が変化!? C8が多いがブロンコに熱視線!【東京オートサロン2022】

イベントレポート

アメマガ2022年4月号

東京オートサロン2022

東京オートサロン

幕張メッセ

東京オートサロン2022
幕張メッセ
2022年1月14日~16日


東京オートサロン2022

2年ぶりのリアル開催となった、日本が誇る世界最大級のカスタムカーイベント「東京オートサロン2022」が、2022年1月14日~16日に開催された。例年よりも出展数は縮小されたが、最新トレンドを語る上では外せないイベントだ。アメ車はC8コルベットが増え、話題の新型ブロンコも登場。今後カスタム・ブロンコが熱くなる?

話題の新型ブロンコが、ラフカントリー2インチリフト、エアデザイン・オーバーフェンダーを装着し、国産SUVやラングラーでも人気のKMC KM545トレックの17インチホイールをセット。車両価格が高いのがネックだが、カスタムでは面白い存在になりそうだ。

MID WHEELSのテスラ・モデル3。ホイールはM+W・TW027・19インチ。ボディにはハートアップココロの、テスラ用カーボンフロントスポイラー・サイドスポイラー・リアスポイラー・トランクスポイラーを装着する。

映画コメンテーターである有村崑氏の愛車であるテスラ・モデル3。デロリアンをイメージしたラッピングを施し、ハートアップココロのオリジナルテスラパーツであるフロントリップスポイラー、新商品のココロ・D3・20 インチ、ココロヨークステアリングを装着する。

LBワークスフルキットをまとい、エアリフトエアサス、スーパープラスの鍛造19&21インチホイール、アーミートリックスマフラーを装着するTHX&COのC8コルベット。

欧州車をメインに扱う兵庫県のT'Sクラブが、初めてといえるアメ車カスタムに選んだのがカマロ。ADV22インチホイールを履き、KW Ver3車高調、マクストンデザインエアロ、ボーラマフラーを装着する。今後もアメ車カスタムを期待したい!

アズールモータリングには、ZERO DESIGNコンプリートキットを纏うC8コルベットと現行エスカレードが並ぶ。ホイールも同社オリジナルのSKYフォージド。C8はパラゴンパフォーマンスでローダウンし、フロント20、リア21インチ。エスカレードは共に調整式ロワリングキットで26インチを装着する。

本物の無垢材を加工し、アシストグリップやシフトノブなどの製作、個性的なシートカバーもラインナップするCRAFTPLUS。木材フェンダーも面白いが、シートカバーは要注目!

オートサロンでは毎年大々的なパフォーマンスで話題を振りまくリバティーウォーク。過激なデザインが世界中にファンが多い、LBワークスの最新モデルがC8コルベット用だ。ホイールもLDワークス・LD97のフロント19、リア20インチを装着。

ROHANのグラインダータトゥー&ゴーストペイントを描かれた代表的なカマロは、ボディサイドにもペイントを追加。エアロも過激に拡幅。ホイールはROHANオリジナルのGSR GS-1の21インチ。

ARBルーフトップテントを装着するタイガーオートのラングラー・ルビコン。ラングラーカスタムではトップレベルのショップだけに、内外装、エンジンチューンまで数多く手が加えられている。

SEMAショーからオートサロンと、世界のカスタムイベント出展が続くジェットシティのマスタング。開催中はトヨタ社長も食い入るように見るなど、大きな注目を浴びていた。ブースではサビーニ、ユニバーサルエアの新作も展示。

オートサロンカスタムカーコンテスト・SUV部門で最優秀賞を獲得したのが、EXIZZLE-LINEのJLラングラー・ルビコン。RAHINO-RACK ルーフラック、オーニングを取り入れ、アメリカでも人気のオーバーランダースタイル。ホイールはDELTAFORCE・OVAL17インチ。タイヤはMONSTA TYRES RT HYBRID。サイズは265/70R17。

コーストモータリングが手掛けるチャレンジャー・ヘルキャット。スーサイドドア、ワンオフサイド出しマフラー、ハイドロ、グラデーションラッピング、レクサーニフォージド20インチを装着。

DURFLEXエアロ、オリジナルフェンダーで、魅惑のワイドスタイルとなるコーストモータリングのマスタングGT。ホイールはワーク20インチ(12J・14J)で、KRZ エアサス、ブレーキはコーストオリジナルを装着する。

C6コルベット用の、フルカーボンボディキットを製作するGYコレクション。ボンネット、ルーフ、トランク、ドアまでもカーボン! ワイド幅75mmのワイドフェンダーも今後カーボン化予定だとか。そして、C8コルベット用のカーボンボディキットも製作中。


PHOTO&TEXT:相馬一丈
アメ車マガジン 2022年4月号掲載

関連記事

RELATED


世界に誇るカスタムカーイベント 我らがアメ車の勢力はいかに? TOKYO AUTO SALON 2018

日本が世界に誇るカスタムカーイベントが、千葉県幕張メッセで開催される「東京オートサロン」。アメ車勢も少数ながら奮闘していたぞ!

天気良好! 視界良好!! 気分も良好!!! オーナーならマストなシボレーC/Kの宴【C/Kキャンプ Vol.3 in 柏崎】

2017年で3回目となるC/Kシリーズのみによるキャンプミーティング「C/K CAMP」。2017年もこの日を待ちわびていたC/K乗りが新潟県・西山自然体験施設ゆうぎに大挙押し寄せた。さあ、宴の始まりだ!!

義理人情の広島魂 ジェットシティ15周年記念大決算SALE!! ■開催日/2017年10月7~8日

創業15年目を迎えた広島のジェットシティが、感謝の気持ちをこめて10月1~31日まで大セールを開催した。ユニバーサルエアやキッカーのデモブースも設置し、特定の車両も大幅値引きするなど、社長のお腹同様に太っ腹な価格に!

ホットロッドカスタムショー2017 ニッポンのHotなアメ車カルチャーがここに集結!!

26th Annual Yokohama HOT ROD CUSTOM SHOW 2017

セマショーは、規模も内容も規格外!

LAS VEGAS CONVENTION CENTER
LAS VEGAS,NEVADA
NOV 1-NOV 4,2022

 

最新記事


2024/03/04

理想のC8コルベットを求めて特別なエアフォースエアサス施工

クーペ

シボレー

ホイール

突然目覚めたアメリカンスポーツへの道。そして、誰もまだ見ぬC8コルベットの姿を目指した中内さん。世界初となる特別なエアフォース・エアサスを搭載し、ZERO DESIGNフルカーボンをまとって、C8コルベットの最先端を走る!

2024/03/01

愛らしくて、走りがいいレネゲードでソロキャン!

SUV

ジープ

2024/02/29

日本ではまず見ることがないラムトラックのレッカー仕様

ピックアップトラック

ダッジ

ジムニー専門店「ファッドスター」の店頭に鎮座するのは91年型ダッジ・ラム350。レッカー仕様という日本ではほとんど見ることのないモデル。しかも新車で購入して日本で登録したという個体だ。

2024/02/28

カスタムショップをコンセプトに尖った個性で人気のお店【THE KOBY'S】

ショップ

18歳の頃から“いつか自分のお店を持ちたい!”という夢を掲げてきた高味さん。そんな思いを抱きつつもあっという間に10年が過ぎ、このまま30代へと突入してしまったら夢のまま終わらせてしまうと、一念発起!

ランキング


2024/03/04

理想のC8コルベットを求めて特別なエアフォースエアサス施工

クーペ

シボレー

ホイール

突然目覚めたアメリカンスポーツへの道。そして、誰もまだ見ぬC8コルベットの姿を目指した中内さん。世界初となる特別なエアフォース・エアサスを搭載し、ZERO DESIGNフルカーボンをまとって、C8コルベットの最先端を走る!

2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2016/11/04

超レアなマスタング、1969年モデルのBOSS429!

クーペ

ビンテージ

フォード

1969y FORD MUSTANG BOSS 429