ウイングオートが、年に1度のユーザー参加大規模イベント、ウイングデイを開催。

イベントレポート

WING DAY

ツーリング

アメ車イベント

WING AUTO

サーキット走行

ウイングオート

美浜サーキット

GM正規ディーラー「シボレー名岐」の母体であり、フォードのグローバルサブディーラーでもある愛知県のウイングオートが、年に1度のユーザー参加大規模イベント、ウイングデイを2017年も開催。


家族や友人と年に一度の一緒に過ごすBIGイベント

Presented by WING AUTO
WING DAY 2017 in 美浜サーキット

GM正規ディーラー「シボレー名岐」の母体であり、フォードのグローバルサブディーラーでもある愛知県のウイングオートが、年に1度のユーザー参加大規模イベント、ウイングデイを2017年も開催!

共通の趣味を持った200台ものクルマ好きが集まった!!

体験してたっぷり感じる走るフェスティバル

アメ車のみならず、ヨーロッパ車も幅広く扱うウイングオートが、ユーザーに参加を呼びかけるビッグイベント「ウイングデイ」を2017年9月10日(日)に開催した。今回は愛知県知多市のミニサーキット「美浜サーキット」を借り切っての開催となる。

 

ウイングオートでは、クルマの販売だけではなく、クルマのカスタムやチューニングも手掛けており、カーライフの楽しみ方としてサーキット走行の提案に積極的だ。しかし、猛者がひしめくサーキットに、素人が飛び込みで参加するのは難しい。

今回のようにショップが全面サポートした会場でのスポーツ走行なら、なるほど入門しやすいというわけだ。また、ウイングオートは自社ユーザーで構成される、オーナーズクラブのツーリングイベントなどもサポートしている。

 

今回のイベントでも、お互い見知った顔が集まる、良いきっかけになる。クルマを販売するだけではない、その後のカーライフ全般のサポートを徹底する同社らしい、イベント展開なのである。

 

ウイングデイは毎年この時期に開催しているため、次回は来年となる。なお、サーキットイベントは他にも頻繁に開催している。

会場は7:30に開場。すぐにサーキット走行者向けのドライバーズブリーフィングを行い、開会式へと移る。イベントにはプロドライバー3名が来場し、同乗走行などを手伝う。

Circuit Run サーキットラン

希望者が参加できるサーキット走行は、午前と午後の1回ずつ走行チャンスがあった。計測器でタイムを計測、結果はその都度掲示される。アメ車は「アメ車部門」または「アメ車&オールジャンル」として振り分けられた。速度域の近いクルマでのグループ分けだ。

タイム計測ではなく、とりあえず雰囲気を楽しみたいという人たち向けの催しが「のんびりゆったり走行」。イベント中に2回催され、サーキットに向かないクルマでも気軽に参加可能。

SALEEN Parnelli Jones Limited Edition MUSTANG

ラップタイム
51.233→47.051
ベストラップ更新!!

サリーン純正の状態で51.233秒を記録したPJを、ウイングオートでチューン。今回がその結果を試す機会でもあった。結果は47.051秒と、4秒ものベストラップ更新を達成。

Cart カート

昼の時間帯に開催された「カートタイムトライアル」。サーキット所有のレーシングカートを借りて、本格的なレース走行を体験できた。愛車で無理でも、これなら攻められる。

Experience 同乗走行体験

プロの運転がどういうものかを体験できる「プロドライバー同乗走行」。アメ車ではキャデラックATS-V、サリーンPJが試乗車として用意され、参加者はプロの助手席で体験。

Award アワード

イベントの最後には、当日のタイム計測で優秀な記録だった参加者を表彰。アメ車部門の1位はコルベットZ06のYさん。Yさんはカートタイムトライアルにも参加し、のんびりゆったり走行では奥様を助手席に乗せて参加しており、イベントをフルで堪能した様子。

アメ車と思いっきり戯れられる最高に有意義な時間

食事などのために数件の飲食店がブースを出展。サーキット走行以外にも試乗会が各種用意されており、ウイングオート所有の試乗車、Eバイク(既製品の自転車に追加装着することで、電動アシスト機能を得られる)、セグウェイなどが会場に持ち込まれており、希望者は随時体験することができた。

また、ウイングオートでセッティングした本格レーシングシミュレーター「T3R」も登場。VRゲーム内でのタイムによっても表彰を実施した。

ユーザー参加のイベントでは定番とも言える、じゃんけん大会を閉会式で開催。プロドライバーとのじゃんけん勝負で勝ち残れば、さまざまな賞品をゲットできた。

イベントの最後には上窪社長やプロドライバーから挨拶があり、継続的にサーキットイベントを開催していると案内。帰る参加者をスタッフ全員が見送って、イベントは終了した。


開催日☆2017年9月10日(日)
開催場所☆愛知県美浜サーキット
主催☆WING AUTO(シボレー名岐)


PHOTO&TEXT★加藤山往
アメ車マガジン 2017年12月号掲載


最新記事


2024/06/18

美しすぎる魅惑のボディが69マスタングを華麗に輝かせる

クーペ

ビンテージ

フォード

ファーストマスタングと肩を並べるように、第二世代初期型である1969年型の人気は年々上昇している。そんな69年型が、内外装ともに美しい状態に仕上げられ、機関系もグッドコンディションともなれば、注目を浴びないわけがない。憧れの69マスタングを購入できる千載一遇のチャンスが到来だ!

2024/06/17

2.3Lと侮るなかれ次世代ポニーカーの大本命【フォード マスタング】

クーペ

フォード

生誕50周年記念モデルとしてリリースされた2015年型マスタング。ロングノーズ&ショートデッキを継承しつつも、ダウンサイジング志向な当時の時代背景を反映したエコブーストエンジンを搭載。次世代を担う大本命モデルとしての魅力に迫る!

2024/06/15

ジャンルやブランドを問わず、すべてのアメ車乗りをサポート!【グローバル】

ショップ

九州・熊本の地で、長きに渡りアメ車を取り扱い続けるグローバル。店頭にはジャンル、年代を問わず様々な車両を展示。またピットを見るとビッグ3が集結! 九州のアメ車乗りにとって、非常に心強い存在と言える。

2024/06/14

歳相応の姿ながら細部まで、綺麗なオリジナル志向【シボレーカマロベルリネッタ】

クーペ

ビンテージ

シボレー

Z28を筆頭にマッスルカーの代名詞としても捉えられ、プロスピード仕様などにカスタムされた個体が多い1979年型カマロのオリジナルストックを発掘!

ランキング


2024/06/17

2.3Lと侮るなかれ次世代ポニーカーの大本命【フォード マスタング】

クーペ

フォード

生誕50周年記念モデルとしてリリースされた2015年型マスタング。ロングノーズ&ショートデッキを継承しつつも、ダウンサイジング志向な当時の時代背景を反映したエコブーストエンジンを搭載。次世代を担う大本命モデルとしての魅力に迫る!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/06/14

歳相応の姿ながら細部まで、綺麗なオリジナル志向【シボレーカマロベルリネッタ】

クーペ

ビンテージ

シボレー

Z28を筆頭にマッスルカーの代名詞としても捉えられ、プロスピード仕様などにカスタムされた個体が多い1979年型カマロのオリジナルストックを発掘!

2020/04/14

鹿児島の覇王ホイールズから、令和元年におけるアメリカ最旬トレンドを伝授!

SUV

ハマー

ホイール

AMERICAN 4X4 & TRUCK
HUMMER H2