史上最もパワフルなストリートリーガルとしてデビュー【ブロンコラプター】

SUV

フォード

アメマガ2022年4月号

ブロンコ

ブロンコラプター

THE NEW MODEL SHOWROOM

2022 FORD BRONCO RAPTOR

THE NEW MODEL SHOWROOM


2022 FORD BRONCO RAPTOR

史上最もパワフルなストリートリーガルとしてデビュー

フォードはF150にオフロードに特化したモデルとして「RAPTOR」を2010年にデビューさせている。また、弟分に当たるレンジャーにもラプターをラインナップ(北米での販売はなし)。だがいずれもピックアップトラックがベースであり、SUVでこのネーミングを与えられたモデルは存在していなかった。

ここへきてようやくラプターの名を掲げても申し分なしといったSUVが長い沈黙を破って復活を遂げたのである。それがブロンコ。発表当初から注目度の高さは際立っており、日本へもようやく車両が届き始めたばかりだが、ブロンコにもラプターをラインナップするとアナウンス。この展開の早さはライバルであるラングラーを意識してのことかもしれないが、我々アメ車ファンからすれば、続々と心を躍らせてくれるようなモデルを打ち出してくれることは喜ばしい限り。

さて、今回発表されたブロンコ・ラプターだが、エンジンは400hp以上を出力する3ℓツインターボV6エコブーストを搭載し、FOXと強力してオフロードサスペンションシステムをアップグレードするなど、オフロードでのパフォーマンス性能が高められていることは言わずもがな。

砂漠を走るパワーを与えるために、フォードパワートレインチームは、フォードパフォーマンス基準を満たすために特定のラプターレベルのチューニングを備えた実績のあるツインターボ3.0リッターEcoBoost エンジンを開発。それにより高い砂漠の温度に耐えるように設計されたインタークーラーと空気誘導システムを備える。

組み合わすタイヤはBF グッドリッチ・オールテレーンT/A KO2 で、量産されるSUV では最大サイズとなる37x12.50R17LT を装着。そしてホイールは、フォードパフォーマンスが設計した17インチx8.5 インチのビードロック対応ホイールが2タイプ用意される。

フォードパフォーマンスチームはFOXと 協力して、ライブバルブテクノロジーを備えた高性能オフロード安定サスペンション(HOSS)システムをアップグレード。RaptorHOSS 4.0 システムは、FOX 3.1内部バイパスセミアクティブダンパー(直径3.1インチ)を備えて、各コーナーのサスペンションセンサーやその他のセンサーは、毎秒数百回独立して地形状態を監視し、それに応じてサスペンションのチューニングを調整する。


アメ車マガジン 2022年4月号掲載

関連記事

RELATED


コンパクトで扱いやすいボディサイズを持つブロンコスポーツ。

2021年に復活を果たしたフォードのブロンコは、同時にコンパクトなエントリーモデルであるブロンコスポーツを発表。新生ブロンコのアイデンティティを引き継ぐエクステリアデザインにコンパクトで扱いやすいボディサイズを持つブロンコスポーツ。今ならカーズスパークで購入できる。

Fシリーズトラックと兄弟関係にあるブロンコⅡが注目の的

Jeepを意識したコンパクトSUVとして誕生したアーリーブロンコから派生しながらも、ブレイザー、ラムチャージャーに対抗するフルサイズSUVとなったブロンコⅡ。コレクタブルカーとなった初代に続いて、ブロンコⅡはフルサイズトラックに便乗して人気急上昇!

歯車的なメッシュデザインを別体感の強いフォルムで構築【KMC KM545 TREK】

スタイルヨシ、乗ってヨシの アメリカン4×4の優等生【フォードブロンコワゴン】

6世代目として初代のデザインをオマージュして復活するなど、何かと注目度の高いブロンコ。中でもこの「初代」は、近年コレクタブルカーとして注目度が高まっているが、このワゴンはアップグレードを施して通勤からショップのサービスカーまでオールマイティに活躍!

JEEPを駆逐するためのFORDの刺客それがブロンコに課せられた使命!

悍馬(かんば:あばれ馬と言う意味)と言う名を授けられ、1966年に登場した初代ブロンコ。当初からJEEPのライバルとして誕生しており、今回復活した6代目には、明らかにそのDNAが受け継がれている。

 

最新記事


2024/06/15

ジャンルやブランドを問わず、すべてのアメ車乗りをサポート!【グローバル】

ショップ

九州・熊本の地で、長きに渡りアメ車を取り扱い続けるグローバル。店頭にはジャンル、年代を問わず様々な車両を展示。またピットを見るとビッグ3が集結! 九州のアメ車乗りにとって、非常に心強い存在と言える。

2024/06/14

歳相応の姿ながら細部まで、綺麗なオリジナル志向【シボレーカマロベルリネッタ】

クーペ

ビンテージ

シボレー

Z28を筆頭にマッスルカーの代名詞としても捉えられ、プロスピード仕様などにカスタムされた個体が多い1979年型カマロのオリジナルストックを発掘!

2024/06/13

誰もがワイルドな気分になれるオリーブドラブにオールペン【シボレーC1500】

ピックアップトラック

シボレー

近頃ミリタリーテイスト溢れるボディカラーでオールペンするガレージジョーカーが、アメ車マガジン2023年3月号で紹介したサンドベージュのS10ブレイザーに続き、オリーブドラブでオールペンしたC1500を作り上げた。

2024/06/12

究極のスタイルを実現できるそれがマルチピースの魅力!【ワークエモーションZR10 2P】

クーペ

シボレー

ホイール

オーバーフェンダーを追加したワイルドなスタイルに憧れるけれど、タイヤ&ホイールサイズがネック。またアメ車の場合はPCDも特殊だが、そんな悩みをすべて解決できるのがWORKの魅力。

ランキング


2022/07/05

モパーが並ぶショップでマスタングは狙い目

クーペ

フォード

2013 FORD MUSTANG GT PERFORMANCE PKG

2024/06/14

歳相応の姿ながら細部まで、綺麗なオリジナル志向【シボレーカマロベルリネッタ】

クーペ

ビンテージ

シボレー

Z28を筆頭にマッスルカーの代名詞としても捉えられ、プロスピード仕様などにカスタムされた個体が多い1979年型カマロのオリジナルストックを発掘!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/06/02

モデル史上最大のボディサイズとなるフォードサンダーバード

クーペ

ビンテージ

フォード

1974 FORD THUNDEBIRD