歯車的なメッシュデザインを別体感の強いフォルムで構築【KMC KM545 TREK】

SUV

フォード

ホイール

アメマガ2022年10月号

MLJ

KMC

ブロンコ

AMERICAN TRUCK & SUV


圧倒的なブランド力でUSを代表する存在

オフロードレースからフィードバックされる確かな機能性を満たしながら「唯一無二」を謳い、最先端のデザインでホイールを展開してきたKMCホイール。SUVやピックアップトラックカスタムの最先端のアメリカでもやはりブランド力は別格だ。ここ日本においても当然KMCは羨望の眼差しを浴びている。

アメリカン四駆・ブロンコにマッチングした『KM545トレック』は、タフなイメージをグレードアップさせるコンケイブ、六角形のホールやリムのビードロックテイストで生み出す強靭さと剛性感など、オフロードホイールとして、ルックス・性能共に本場アメリカのユーザーも納得の仕上がりだ。なお、カラーはトレンドに沿った3種類が用意されている。

大きく分類するとメッシュタイプだが、既存のメッシュとは全く異なる雰囲気を漂わせるKM545トレック。その最大の魅力は、リムからホイールセンターにかけてまるで複数の歯車がかみ合わさったかのようなメカニカルな造形美にある。そして彫りの深さやリアルな質感のピアスボルトによって、さらに迫力を増幅しているのだ。2ピース構造のセンターキャップは、真ん中のKMCのロゴ部分だけを外したシンプルなスタイルに変更もできる。


KMC KM545 TREK


SATIN BLACK


SATIN BLACK WITH GRAY TINT


SATIN BRONZE WITH BLACK LIP

スペック

サイズ:17×8.0J(5H:インセット35 P.C.D.114.3)
    17×8.0J(5H:インセット38 P.C.D.108)
    17×8.0J(6H:インセット20 P.C.D.139.7)
    17×9.0J(5H:インセット±0/-12 P.C.D.127)
    17×9.0J(6H:インセット±0/-12 P.C.D.139.7)
カラー:マットブロンズ with ブラックリップ、
    サテンブラック with グレーティント
    サテンブラック
仕様:鋳造1ピース(SAE J2530規格適合)
付属品:エアバルブ、センターキャップ
価格:要問合せ


Special Thanks:(撮影車両)エックスローディープス
https://www.x-row-deeps.com


MLJ

TEL:03-5473-7588
URL:http://www.mljinc.co.jp


PHOTO&TEXT:編集部
アメ車マガジン 2022年10月号掲載


関連記事

RELATED


スタイルヨシ、乗ってヨシの アメリカン4×4の優等生【フォードブロンコワゴン】

6世代目として初代のデザインをオマージュして復活するなど、何かと注目度の高いブロンコ。中でもこの「初代」は、近年コレクタブルカーとして注目度が高まっているが、このワゴンはアップグレードを施して通勤からショップのサービスカーまでオールマイティに活躍!

Fシリーズトラックと兄弟関係にあるブロンコⅡが注目の的

Jeepを意識したコンパクトSUVとして誕生したアーリーブロンコから派生しながらも、ブレイザー、ラムチャージャーに対抗するフルサイズSUVとなったブロンコⅡ。コレクタブルカーとなった初代に続いて、ブロンコⅡはフルサイズトラックに便乗して人気急上昇!

WORK EMOTION ZR10 2Pはスポ ーツマインドとドレスアップ性の二面性を追求

数あるWORKのブランドの中で「見る者の心を揺さぶりたい!」と言う情熱から誕生したWORK EMOTION。その中でもZR10 2Pはスポーツマインドとドレスアップ性の二面性を追求した、欲張りなモデルだ。

デザイン性はもちろんだが、機能性や快適性も重視する【JEPPESEN】

世界に誇る、屈指オフロードカー「ジープ・ラングラー」。だがすべてのオーナーがオフロードを欲しているわけではない。本気のオフロードスタイルを採用しつつ、実用的な性能も兼ね備える。それがJEEPESENのスタンスだ。

純正デザインを壊さず違いを生み出すZERO DESIGN

2021年、新型エスカレードを日本最速導入したアズールモータリング・アメリカンショールームは、ノーマル展示をすることなくZERO DESIGNによるボディキット製作に着手。ようやくその全貌をお伝えする機会を得た。

 

最新記事


2024/02/27

走りを追求するクルマからモーターホームまで対応!【WOT'S】

ショップ

アメ車専門店と言っても、マッスルカーやSUV、さらにはモーターホームなど、ジャンルで別れるのが殆ど。だが、それらすべてを扱うオールジャンルなアメ車専門店と言えるのが、熊本のワッツだ。

2024/02/26

アナタ好みのキャンピングカー造ります【VORTEX YOKOHAMA】

バン

キャンピング

シボレー

誰に気兼ねすることなく自由を追い求めてキャンプを楽しむのであれば、既成ではなくトコトンこだわり抜いた仕様へと仕上げられた内装のキャンピングカーで謳歌したくはないだろうか?それを具現化してくれるのがヴォルテックス横浜だ。

2024/02/23

マッスルカーライフを満喫!我が家の家訓、男なら“男らしいクルマ”に乗れ!

クーペ

ダッジ

高校生の頃に乗ると決めたチャレンジャー。父の援助もあって購入したから、父にも乗る権利はある。そんな息子のチャレンジャーに乗ると余りにも楽しすぎて、内緒で自分もチャレンジャーを購入。友人のような関係を築きながら、マッスルカーライフを満喫するオーナーさん親子を紹介しよう!

2024/02/22

長年に渡って見続けてきた老舗アメ車ショップにOBS の“イマ”を聞いた【ブルーリバー】

ショップ

1990年代から2000年代初頭のアストロブームと共に、アメ車シーンをけん引してきた関西の老舗アメ車専門店ブルーリバー。OBSの過去と現在を知る有識者として、当時から25年に渡ってブルーリバーを守り続ける代表の山倉氏に話を伺ってきた。

ランキング


2024/02/26

アナタ好みのキャンピングカー造ります【VORTEX YOKOHAMA】

バン

キャンピング

シボレー

誰に気兼ねすることなく自由を追い求めてキャンプを楽しむのであれば、既成ではなくトコトンこだわり抜いた仕様へと仕上げられた内装のキャンピングカーで謳歌したくはないだろうか?それを具現化してくれるのがヴォルテックス横浜だ。

2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]

2021/03/15

【注目のアメリカン雑貨】大阪の老舗ブランド、アンダーウッドが同業者の買い付け地に!

ショップ

大阪府吹田市の閑静な住宅街にあるユニークなショップ「アンダーウッドブランド」。ヴィンテージカーやオートバイからアパレル、多肉植物など幅広いアメリカンアイテムが豊富。同店はヴィンテージ・アイテムの素晴らしいコレクションを展示するだけでなく、カスタムカーやオートバイのレストアなど様々なサービスも提供しており、一度は訪れるべきショップ!
UNDERWOOD BRAND【アンダーウッドブランド】

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】