九州のアメ車ファンを30年近くに渡りサポートするのが、福岡にあるルックスだ。

クーペ

ダッジ

ショップ

アメマガ2022年5月号

MOPAR LOVE

チャレンジャー

ルックス

福岡県

チャレンジャーが欲しい!でも大都市圏以外に住むアメ車ファンに共通する悩みは「近くのお店では何台も在庫していない…」ということ。そんな悩める人に救いの手を差し伸べるのが福岡のLOOK'Sだ。

豊富な在庫量はもちろん、末長く乗れる安心感を提供

MOPAR LOVE!!! 愛して止まないモパーの魅力


LOOK'S × Dodge Chalenger

九州全域からだけでなく中国地方からも多数来店

アメ車が欲しいけど、本州の専門店まで行くのは難しい。かといって実車を見ないのは心配。そんな悩みを抱える九州のアメ車ファンを30年近くに渡りサポートするのが、福岡にあるルックスだ。

 

今月号ではMOPARを特集しているが、その中でもチャレンジャーの人気は高止まりしたまま。しかも新型コロナや半導体不足など様々な要因が重なり合い、世界中でタマ数が不足している。そのため言葉は悪いが、人気のグレードやカラーは奪い合うというような状況とも言えるだろう。でも、どうせなら複数台ある在庫の中から、自分の納得した1台を選びたい! というのがユーザーの偽らざる気持ちだ。

そんなユーザーの心理を把握し続けて来たルックスの倉元社長は、タマ数が不足している今だからこそ、積極的に在庫を確保している。その姿勢は今に始まったことではなく、かつてはSUVなどに力を入れており、豊富な在庫量がルックスの魅力の1つと言っても過言ではなく、関門海峡を隔てた山口県から足を運ぶユーザーも決して少なくない。

倉元社長は「最近一番力を入れているのは、やっぱりチャレンジャーだね。確かに今は新車がいつ入ってくるかまったく分からないですね。だからと言って在庫がなければお客さんは足を運んでくれない。なので、高年式で低マイレージの良質な車両を今以上に積極的に輸入しますよ」とのこと。

今回紹介するスキャットパックのワイドボディは、まさにその第一弾と言える車両。モデルイヤーは2021年で、取材時の走行距離はわずか9000km! という、新車同然と言っても差支えない個体だ。基本的にはオリジナルのままで、エンジンルーム内を見ると、ストラットタワーバーを追加。また現時点では不要だが、今後リアシート用のシートベルト警告灯が義務化させるのを見越して、ワーニングランプもあらかじめ装着。今だけでなく数年先も見越し、末長く乗れるクルマを提供する。200%の安心を提供すると自負するルックスだが、その謳い文句は決してダテではない!

ダッジ自らチューニングしたモデルと言っても過言ではない、チャレンジャーのワイドボディ。スキャットパックに搭載される6.4LのNAエンジンは、ナチュラルな吹け上がりを楽しみたい人に最適。タワーバーやワンオフマフラーを装着するが「これ以上は特に手を加えなくても充分だよね」と倉元社長は語るだけあって、チャレンジャーの完成形と言っても過言ではない。

R3の松島交差点から、貝塚方向に向かったすぐ先にあるLOOKS。チャレンジャー以外にも、様々なアメ車をラインナップ。購入だけでなく整備や車検、カスタムにも対応するので、アメ車ライフ全般をサポートしてくれる。


THANKS:LOOK'S【ルックス】

TEL:092-611-1362
http://www.looks.co.jp/
PHOTO:浅井岳男
TEXT:空野稜
アメ車マガジン 2022年5月号掲載

関連記事

RELATED


ワイルドスピードを見て初のアメ車となるダッジ・チャレンジャーを購入

頭文字Dに影響を受けて初めての愛車はホンダ・S2000。そして今度は、ワイルドスピードを見て初のアメ車となるダッジ・チャレンジャーを購入した青木さん。漫画や映画に出てくるクルマを、実際に乗ることが青木さん流の楽しみ方だ。

アメリカンカルチャーが好きな父の影響で、初めての愛車としてチャレンジャーを購入!

「愛車はアメ車以外考えていなかった」、「国産車、ハイブリッド車には乗りたくない」など、アメ車に対する愛が強い山崎さん。それは全て、アメリカンカルチャーが好きな父の影響。初めての愛車としてチャレンジャーを購入したが、一つだけ大きな後悔もあるようだ。

【13年型チャレンジャー・SRT】刺激を求めたオーナーの要望で製作されたモデル

本国アメリカでは今、前期型チャレンジャーSRTの価値が高騰しているという。そんな話題(?)の2013年型チャレンジャーSRTをベースに、モパーオーナーが続々と集まるエクスカーズがカスタムに着手。

このチャレンジャー最大のギミックが〝スーサイド・ドア〟。

2018 DODGE CHALLENGER SRT HELLCAT WIDEBODY

様々なチャレンジャーのカスタムを提案し続けるラグジ

日本だけでなく、世界中のチャレンジャーオーナーが注目する、ラグジのエッジカスタムズ。2021年秋に初のフルバンパーモデル「Fシリーズ」が登場したが、今回はさらにそれを進化させた、今最も新しいFシリーズのデモカーを紹介しよう。

 
×