色んなアメ車SUVを調べ、大きさとデザインに惚れたのがジープチェロキーだった。

SUV

ジープ

アメマガ2022年5月号

MOPAR LOVE

チェロキー

ガレージジョーカー

千葉県

不安よりも好きが勝った初めてのアメ車デビュー!

MOPAR LOVE!!! 愛して止まないモパーの魅力


2015 Jeep Cherokee

スノーボード、スキューバダイビングなど、アクティブな趣味を持つ宮内さん。相棒はずっと国産SUVで、メンテナンスは父から紹介されたアメ車ショップ。最初は特に目移りしなかったが、長く通い多くのアメ車を見ていると「アメ車もいいかも」と心変わり。色んなアメ車SUVを調べ、大きさとデザインに惚れたのがジープチェロキーだった。

周りのアメ車が気になるようになってきた

休日には愛車の国産SUVに乗って、冬はスノーボード、夏はスキューバダイビングに出掛けるのが日課だった宮内さん。長距離移動もザラだっため、愛車のメンテナンスはしっかりしようと父に相談すると、知り合いのクルマ屋さんとして紹介されたのが、千葉県のガレージジョーカーだ。「アメ車がたくさん並んでいて、国産車の僕が来ても大丈夫なのか不安だったけど、凄く親切に対応してくれたのを覚えています。もちろん、代表の小川さんの風貌には正直ビビりましたけど(笑)」。それ以来、クルマのことはガレージジョーカーを頼りにしてきた。

そんな宮内さんが、愛車の買い替えを強く意識するようになったのは、雪山で度々スタックする苦い経験があったから。「滑りに行きたいのに、道中が不安に思うようになって…。2WDだったので、やっぱり4WDが欲しくなったんです」。新たな愛車探しを始めた宮内さんだが、思い切った決断をする。それが、国産一筋から輸入車を第一候補にしたことだ。

 

アメ車に絞らず、輸入車全般を候補に挙げた理由は、「アメ車って壊れるイメージが強くて不安だったんです」。だが、輸入車SUVで4WDを探していくと、好みのデザインで目に留まるのはアメ車ばかり。「最初は悩んだけど、不安よりも好きが勝りました。せっかく初めての外車を買うんだし、好きなクルマに乗りたい。何かあったらガレージジョーカーで見てもらえばイイし」。その決断を小川さんに伝え、アメ車に対する不安も、しっかり説明してもらい納得。

気になったアメ車は数台あったが、ミドルサイズ、排気量、4WDと、すべての条件にハマり、なによりデザインに一目惚れしたのが、ジープ・チェロキーだ。ガレージジョーカーで希望のホワイトボディを探してもらい、ブラックの樹脂素材をボディ同色でマッチペイント。ホイールもSRTタイプの18インチに変更。これまでカスタムに興味がなかった宮内さんだが、純正とは違うスタイルに変化した姿を見て「カスタムにもハマりつつありますね」と笑う。初めてのアメ車を手にしたことで、「通勤で毎日すれ違うアメ車がいたり、今まで気にしたことがなかった、周りのアメ車が気になるようになりました」と語る宮内さんは、もはや立派なアメ車乗りだ。あとは、助手席に乗ってくれる素敵な人を見つけるだけ!

第5世代のチェロキーのなかでも、2017年までの前期型に一目惚れした宮内さん。ボディカラーはホワイトの一択で、豪華装備のリミテッドも条件としてガレージジョーカーに探してもらい購入。純正ではバンパーやオーバーフェンダーなどは黒(樹脂素材)だが、ボディ同色にマッチペイント。バンパー中央にあるシルバーを残しているのも拘りだ。今回ホイールはスタッドレス用の純正だが、普段はSRTタイプの18インチを装着している。

OWNER: 宮内さん

長く国産SUV(2WD)を愛車にしてきた宮内さん。雪山でのスタック経験から、4WDの必要性を感じて乗り換えを検討。父から紹介を受けたガレージジョーカーに整備や車検で通っていたこともあり、初めての輸入車に乗ることを決意。色々見て検討した結果、すべての条件にマッチしデザインに惚れたのがジープ・チェロキーだった。


Thanks:GARAGE JOKER【ガレージジョーカー】

TEL:0479-25-7740
https://www.garage-joker.com/
PHOTO&TEXT:相馬一丈
アメ車マガジン 2022年5月号掲載

関連記事

RELATED


そろそろ私もジープが似合う、大人の女性を目指そうかな。【Sareee】

もっと強くもっとかっこよくなるために自分磨きに挑戦
プロレス界の太陽神 Sareee

グリルの形状がシャープなフェイスのグランドチェロキーSRT

お子さんの誕生を機に愛車の見直しを余儀なくされるケースは多い。しかし、何もかも我慢を強いられて耐えるだけが美学ではない。むしろ家族も本人も満足できる選択肢こそ最良。その成功例を徹底リポート!

ガレージジョーカーのオールペンといえば、やはりパープル。【GMCソノマ】

「自分が好きな色」と言う理由から、ガレージジョーカーではパープルにオールペンされたモデルが幾つか存在する。だが今回のソノマは、さらに妖艶さを追求して、ベットライナーをレッドにし、さらにインテリアもレッド化に

荒れ地こそ進む道 デザート仕様【1996 シボレー S10 ブレイザー】

車両のイメージを劇的に変えたカスタム。それがオールペン。千葉県のガレージジョーカーは、様々なモデルをオールペンによって変化させ、個性的なスタイルを生み出している。そのひとつが、艶消しサンドベージュになったS10ブレイザーだ。

可愛くて存在が楽しいアメリカンコンパクトSUV【シボレーHHR LS】

PTクルーザーに対抗して、GMが1949年型サバーバンをモチーフにデザインし開発したシボレー・HHR。PTほど支持を得られなかった印象があるが、ガレージジョーカーでは定期的に売れる人気モデルになっている。

 

最新記事


2024/07/20

ROHANオリジナル コンプリートカーが愛知県に上陸!

ショップ

2024/07/19

ピンクのラムトラから一転、モノトーン基調のチャージャーへ

セダン

アメマガガールズ

ダッジ

数年前、ピンクのラムトラックと共にアメマガガールとして登場してもらったオーナーさんがチャージャーに乗り変えて再び登場。落ち着いて洗練された印象のチャージャーは高校生からずっと憧れてきた大本命だ!

2024/07/18

【プリマスロードランナー】マッスルカーナショナルズの引き継ぎがターニングポイント!

クーペ

ビンテージ

プリマス

69年型シェベルを愛用してきたオーナーさんがこのロードランナーを手に入れたのが2019年。マッスルカーナショナルズを若い世代に委ねると、お声がかかったタイミングでの乗り換えはある意味、運命!

2024/07/17

そろそろ私もジープが似合う、大人の女性を目指そうかな。【Sareee】

SUV

アメマガガールズ

ジープ

もっと強くもっとかっこよくなるために自分磨きに挑戦
プロレス界の太陽神 Sareee

ランキング


2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2020/05/23

初代F-150ラプターの中でも、レアなスーパーキャブを紹介!

ピックアップトラック

フォード

AMERICAN 4X4 & TRUCK
FORD F-150 SVT RAPTOR

2024/07/17

そろそろ私もジープが似合う、大人の女性を目指そうかな。【Sareee】

SUV

アメマガガールズ

ジープ

もっと強くもっとかっこよくなるために自分磨きに挑戦
プロレス界の太陽神 Sareee

2023/04/10

多くのアメ車を所有するもずっと頭から離れなかった憧れのアストロ

バン

シボレー

アメリカンカルチャーが好きでアメ車にハマり、これまで所有したアメ車は片手では収まりきらない角田さん。しかも常に2台所有が基本スタイルで、現在はシルバラードと、いつかは乗りたいとずっと願っていたアストロが愛車になっている。