色んなアメ車SUVを調べ、大きさとデザインに惚れたのがジープチェロキーだった。

SUV

ジープ

アメマガ2022年5月号

MOPAR LOVE

チェロキー

ガレージジョーカー

千葉県

不安よりも好きが勝った初めてのアメ車デビュー!

MOPAR LOVE!!! 愛して止まないモパーの魅力


2015 Jeep Cherokee

スノーボード、スキューバダイビングなど、アクティブな趣味を持つ宮内さん。相棒はずっと国産SUVで、メンテナンスは父から紹介されたアメ車ショップ。最初は特に目移りしなかったが、長く通い多くのアメ車を見ていると「アメ車もいいかも」と心変わり。色んなアメ車SUVを調べ、大きさとデザインに惚れたのがジープチェロキーだった。

周りのアメ車が気になるようになってきた

休日には愛車の国産SUVに乗って、冬はスノーボード、夏はスキューバダイビングに出掛けるのが日課だった宮内さん。長距離移動もザラだっため、愛車のメンテナンスはしっかりしようと父に相談すると、知り合いのクルマ屋さんとして紹介されたのが、千葉県のガレージジョーカーだ。「アメ車がたくさん並んでいて、国産車の僕が来ても大丈夫なのか不安だったけど、凄く親切に対応してくれたのを覚えています。もちろん、代表の小川さんの風貌には正直ビビりましたけど(笑)」。それ以来、クルマのことはガレージジョーカーを頼りにしてきた。

そんな宮内さんが、愛車の買い替えを強く意識するようになったのは、雪山で度々スタックする苦い経験があったから。「滑りに行きたいのに、道中が不安に思うようになって…。2WDだったので、やっぱり4WDが欲しくなったんです」。新たな愛車探しを始めた宮内さんだが、思い切った決断をする。それが、国産一筋から輸入車を第一候補にしたことだ。

 

アメ車に絞らず、輸入車全般を候補に挙げた理由は、「アメ車って壊れるイメージが強くて不安だったんです」。だが、輸入車SUVで4WDを探していくと、好みのデザインで目に留まるのはアメ車ばかり。「最初は悩んだけど、不安よりも好きが勝りました。せっかく初めての外車を買うんだし、好きなクルマに乗りたい。何かあったらガレージジョーカーで見てもらえばイイし」。その決断を小川さんに伝え、アメ車に対する不安も、しっかり説明してもらい納得。

気になったアメ車は数台あったが、ミドルサイズ、排気量、4WDと、すべての条件にハマり、なによりデザインに一目惚れしたのが、ジープ・チェロキーだ。ガレージジョーカーで希望のホワイトボディを探してもらい、ブラックの樹脂素材をボディ同色でマッチペイント。ホイールもSRTタイプの18インチに変更。これまでカスタムに興味がなかった宮内さんだが、純正とは違うスタイルに変化した姿を見て「カスタムにもハマりつつありますね」と笑う。初めてのアメ車を手にしたことで、「通勤で毎日すれ違うアメ車がいたり、今まで気にしたことがなかった、周りのアメ車が気になるようになりました」と語る宮内さんは、もはや立派なアメ車乗りだ。あとは、助手席に乗ってくれる素敵な人を見つけるだけ!

第5世代のチェロキーのなかでも、2017年までの前期型に一目惚れした宮内さん。ボディカラーはホワイトの一択で、豪華装備のリミテッドも条件としてガレージジョーカーに探してもらい購入。純正ではバンパーやオーバーフェンダーなどは黒(樹脂素材)だが、ボディ同色にマッチペイント。バンパー中央にあるシルバーを残しているのも拘りだ。今回ホイールはスタッドレス用の純正だが、普段はSRTタイプの18インチを装着している。

OWNER: 宮内さん

長く国産SUV(2WD)を愛車にしてきた宮内さん。雪山でのスタック経験から、4WDの必要性を感じて乗り換えを検討。父から紹介を受けたガレージジョーカーに整備や車検で通っていたこともあり、初めての輸入車に乗ることを決意。色々見て検討した結果、すべての条件にマッチしデザインに惚れたのがジープ・チェロキーだった。


Thanks:GARAGE JOKER【ガレージジョーカー】

TEL:0479-25-7740
https://www.garage-joker.com/
PHOTO&TEXT:相馬一丈
アメ車マガジン 2022年5月号掲載

関連記事

RELATED


グリルの形状がシャープなフェイスのグランドチェロキーSRT

お子さんの誕生を機に愛車の見直しを余儀なくされるケースは多い。しかし、何もかも我慢を強いられて耐えるだけが美学ではない。むしろ家族も本人も満足できる選択肢こそ最良。その成功例を徹底リポート!

可愛くて存在が楽しいアメリカンコンパクトSUV【シボレーHHR LS】

PTクルーザーに対抗して、GMが1949年型サバーバンをモチーフにデザインし開発したシボレー・HHR。PTほど支持を得られなかった印象があるが、ガレージジョーカーでは定期的に売れる人気モデルになっている。

小さいに需要ありコンパクトダッジが面白い存在になる予感【ダッジキャリバー】

アメ車に乗りたいけど、サイズが大きいし排気量も大きいから維持費が大変。だがアメ車にもコンパクトなモデルは存在し、その代表がPTクルーザーやHHR。だが、もう一つ面白いモデルがある。それがダッジ初の5ドアハッチバックのキャリバーだ。

機能重視のXJチェロキーか走りを追求するTJラングラーか

JEEPが欲しいけど、今の価格じゃ手が届かない。そんな悩みを抱える人にオススメしたいのが、TJラングラーやXJチェロキー。20年の年月が経過するが、むしろ今の流行りのスタイルと言える。

メキシコ生まれの特別なダッジ。絶対的レア車ラム顔のSUV

人とは違うクルマを求めレア車を探す読者も多いだろうが、90年代のSUVで間違いなくレア車といえるのが、二世代目のラムトラックの顔でSUVとなるダッジ・ラムチャージャーだ。

 

最新記事


2024/04/22

荒れ地こそ進む道 デザート仕様【1996 シボレー S10 ブレイザー】

SUV

シボレー

車両のイメージを劇的に変えたカスタム。それがオールペン。千葉県のガレージジョーカーは、様々なモデルをオールペンによって変化させ、個性的なスタイルを生み出している。そのひとつが、艶消しサンドベージュになったS10ブレイザーだ。

2024/04/20

細さを追求したスポークが軽快さや躍動感を予感させる【WORK GNOSIS CVF】

ホイール

WORK GNOSIS CVF

2024/04/20

エントリー条件はただ1つ、WORKを装着していること【WORK WHEELS JACK 3rd】

ホイール

イベントレポート

WORK WHEELS User Event
WORK WHEELS JACK 3rd

2024/04/19

老若男女、誰からも愛される、お店のマスコットとして活躍【アーラキッチン】

バン

198号線(河内長野美原線)から一本離れたローカルロードに店舗を構えるアーラキッチン。田園風景に馴染む様に佇む黄色いスクールバス、そして大きなどんぐりの木は、メインストリートからでも一際目を引く!

ランキング


2023/04/12

旧車ファンにはお馴染みのラストストッパーがパワーアップ!【ツーフィット】

メンテナンス

電子の力でサビからボディを守るラストストッパー

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2016/11/04

超レアなマスタング、1969年モデルのBOSS429!

クーペ

ビンテージ

フォード

1969y FORD MUSTANG BOSS 429

2024/03/11

2024年最初のアメ車イベント アメ車マガジンプレゼンツ「スプリングパーティー」は大盛況!

アメマガミーティング

アメマガキャラバン

イベントレポート

第一弾は3月10日(日)、千葉市中央区フェスティバルウォーク蘇我の駐車場での開催となる「SPRING Party!」。