パワフルなシルバラードなら、大型バイクの積載も余裕!

ピックアップトラック

シボレー

アメマガ2022年7月号

GM CARNIVAL

BUBU阪神

シルバラード

シルバラードLTZ Z71

兵庫県

2018 CHEVROLET SILVERADO LTZ Z71

GM CARNIVAL-やっぱりGM系がいい-


パワフルなシルバラードなら、大型バイクの積載も余裕!

2018 CHEVROLET SILVERADO LTZ Z71

オフロードバイクを荷台に積んで、2輪、4輪で道なき道を楽しむ冒険者たち。その中でも最高峰の組み合わせとなるのがGonさんの6輪ライフ。BMW R1250GS×シルバラードLT Z71という最強コラボは、まさに遊びを知り尽くした男の集大成!

若い頃から四駆やトラックばかりを乗り継いできた。

こちらで紹介したコルベットのオーナーさん とは真逆のオフロードスタイルで登場したGonさん。もう、いい歳なんで写真は勘弁してくださいとのことで本人の登場はかなわなかったが、筆者の愛車ジミーを見るなり「懐かしい!昔90年型のK5に乗っていたんです」と意気投合。話を伺うとC‐1500から90年型のK5ブレイザー、06年型のサバーバン、10年型のシルバラードときて、現在のシルバラードで5台のアメ車を乗り継いでおり、オフロードスタイルやフルサイズトラックの正しい使い方を熟知するベテランさん。

2018 CHEVROLET SILVERADO LTZ Z71

そんな彼が4年ほど前にこのZ71を購入したキッカケが荷台に積んでいるBMW R1250GSだ。重量級の大型バイクが積める幅のベッドで、なおかつ積んで走らせても余裕のトルクフルな走りができるZ71は、遠方のツーリング地へと向かう道中も快適そのもので、愛車のドライブとバイクのツーリングをどちらも妥協することなく楽しめる最強コラボ。そのスタイルに拍車をかけるように装着するホイールが、自身で個人輸入して本国から取り寄せたHOSTILEの20インチ。また、バイクを積んでいない時を考慮してロールアップ式のトノカバーを設置。積んだ荷物が雨に濡れない様に工夫を凝らしている。

2018 CHEVROLET SILVERADO LTZ Z71

30年近く様々なアメリカンSUV、フルサイズトラックを経験して、車道楽とバイク道楽をどちらもフルで満喫するGonさん。年齢を重ねるに連れて守りに入るのではなく、カーライフを全力で謳歌する姿勢が、実に好印象。バイクを積んで遊びに行くという単純な動機ではあるが、そのストレートな乗りこなしこそ、玄人が好むトラッキンライフのお手本と言えるだろう。

DSC_3972 DSC_3983 DSC_3992

オフロード性能に特化した強化装備を備え、ヘッドライトのセンターバーがボディ同色化されたフェイスを持つZ71。K&Nのエアインテークで吸気効率の向上を図りつつ、ボトムスにはアメリカから取り寄せた20インチホイールを装着。

DSC_4046 DSC_4042 DSC_4021

ダブルキャブのベッド部分はBMW R1250GSをちょうど斜めに積んでジャストなサイズ感。過剰なリフトアップはラダーの角度がキツくなるために控えており、積載しない時でも荷物を積むのに重宝する用にロールアップ式のトノカバーを完備する。ちなみにバイクは同社系列のモトラッドミツオカ大阪店にて購入。2輪4輪ともに幅広く取り扱っているのがBUBUの魅力でもある。

DSC_3996 DSC_4005

ダイヤル式のトランスファーで2WD/4WDの切り替えが可能なコックピットは、通常のLTとは異なるメーターパネルやドアパネルが装備される。以前乗っていたエクステンドキャブとは違って後部座席も広々。大人5人がゆったり座れるのがダブルキャブの良いところだ。

OWNER : Gon


MOTORRAD MITSUOKA OSAKA
TEL:072-641-4600
https://motorrad-mitsuoka.com/

BUBU HANSHIN【BUBU阪神】

TEL:06-6427-5151
https://www.bubu.co.jp/
PHOTO&TEXT:石井秋良
アメ車マガジン 2022年7月号掲載

関連記事

RELATED


モパーマッスル信者だった、彼を虜にしたC7グランスポーツ

2017 CHEVROLETCORVETTE GRAND SPORT

オフロード仕様のZ71パッケージが標準装備されるのがトレイルボス

2021 CHEVROLET SILVERADO LT Trail Boss

年々上昇傾向にあるビンテージトラックの大本命シボレーC-10はオリジナル志向高めが肝

ジーエム祭
'72 CHEVROLET C-10 CHEYENNE

愛車はカスタムトラックのシルバラード。「アイランドスタイルを極めたい」と、目を輝かせる。

アメマガではアメ車に乗る『#アメ車女子』たちを事あるごとに応援しているが、今回も2017年に引き続いてアメマガガールスペシャルを展開。アメ車に乗るステキな女性たちをドど~んと紹介しちゃいます!!

#アメ車女子のライフスタイル 06
ハワイに寄せていきたいアイランドスタイル

女心をつかむ大迫力!2018年シボレー・シルバラード1500ハイカントリーが持つ魅力をレビュー

2018年型シボレー・シルバラード1500ハイカントリーのレビューを紹介。伝統的なアメリカ車のスピリットと現代的な快適性が見事に融合した車両をピックアップ!大きなサイズにもかかわらず、印象的な走行性能とスムーズで快適な乗り心地や内装や先進的な安全装備についても解説。

2018 Chevrolet Silverado 1500 High Country

 

最新記事


2024/02/28

カスタムショップをコンセプトに尖った個性で人気のお店【THE KOBY'S】

ショップ

18歳の頃から“いつか自分のお店を持ちたい!”という夢を掲げてきた高味さん。そんな思いを抱きつつもあっという間に10年が過ぎ、このまま30代へと突入してしまったら夢のまま終わらせてしまうと、一念発起!

2024/02/27

走りを追求するクルマからモーターホームまで対応!【WOT'S】

ショップ

アメ車専門店と言っても、マッスルカーやSUV、さらにはモーターホームなど、ジャンルで別れるのが殆ど。だが、それらすべてを扱うオールジャンルなアメ車専門店と言えるのが、熊本のワッツだ。

2024/02/26

アナタ好みのキャンピングカー造ります【VORTEX YOKOHAMA】

バン

キャンピング

シボレー

誰に気兼ねすることなく自由を追い求めてキャンプを楽しむのであれば、既成ではなくトコトンこだわり抜いた仕様へと仕上げられた内装のキャンピングカーで謳歌したくはないだろうか?それを具現化してくれるのがヴォルテックス横浜だ。

2024/02/23

マッスルカーライフを満喫!我が家の家訓、男なら“男らしいクルマ”に乗れ!

クーペ

ダッジ

高校生の頃に乗ると決めたチャレンジャー。父の援助もあって購入したから、父にも乗る権利はある。そんな息子のチャレンジャーに乗ると余りにも楽しすぎて、内緒で自分もチャレンジャーを購入。友人のような関係を築きながら、マッスルカーライフを満喫するオーナーさん親子を紹介しよう!

ランキング


2024/02/27

走りを追求するクルマからモーターホームまで対応!【WOT'S】

ショップ

アメ車専門店と言っても、マッスルカーやSUV、さらにはモーターホームなど、ジャンルで別れるのが殆ど。だが、それらすべてを扱うオールジャンルなアメ車専門店と言えるのが、熊本のワッツだ。

2024/02/26

アナタ好みのキャンピングカー造ります【VORTEX YOKOHAMA】

バン

キャンピング

シボレー

誰に気兼ねすることなく自由を追い求めてキャンプを楽しむのであれば、既成ではなくトコトンこだわり抜いた仕様へと仕上げられた内装のキャンピングカーで謳歌したくはないだろうか?それを具現化してくれるのがヴォルテックス横浜だ。

2021/03/15

【注目のアメリカン雑貨】大阪の老舗ブランド、アンダーウッドが同業者の買い付け地に!

ショップ

大阪府吹田市の閑静な住宅街にあるユニークなショップ「アンダーウッドブランド」。ヴィンテージカーやオートバイからアパレル、多肉植物など幅広いアメリカンアイテムが豊富。同店はヴィンテージ・アイテムの素晴らしいコレクションを展示するだけでなく、カスタムカーやオートバイのレストアなど様々なサービスも提供しており、一度は訪れるべきショップ!
UNDERWOOD BRAND【アンダーウッドブランド】

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】