モパーマッスル信者だった、彼を虜にしたC7グランスポーツ

クーペ

シボレー

BUBU阪神

コルベット グランスポーツ

兵庫県

C7コルベット

アメマガ2022年7月号

GM CARNIVAL

コルベット

2017 CHEVROLETCORVETTE GRAND SPORT

GM CARNIVAL-やっぱりGM系がいい-


モパーマッスル信者だった、彼を虜にしたC7グランスポーツ

2017 CHEVROLET CORVETTE GRAND SPORT

アメリカンマッスルカーの魅力にハマりし者の行く末。それはアメリカンスポーツカーの世界観。2シーターの潔さ、そしてグランスポーツが魅せるセクシーなフォルム造型美は、まさに大本命であり集大成!

アメリカンスポーツの最高峰、その魅力にドップリと浸かる

アメリカンマッスルカーをこよなく愛する中でも、モパー派、GM派、フォード派と大きく分けて3つ存在する。その中でもダッジはチャージャーからチャレンジャー、チャレンジャーから上級グレードへと乗り換えるといった熱狂的なファンが多い。紹介する山中さんも例にならってチャージャーの3.5Lを皮切りにチャレンジャーの6.1Lを経て6.4Lへと格上げ。ステップアップを図りながらモパーマッスルばかりを3台乗り継いできたモパー信者だった。

2017 CHEVROLETCORVETTE GRAND SPORT

ここまで来ると次はレッドアイ?デーモン!?もはやプレミアムなレアモデルでしか満足できないレベルに達したこともあり、そろそろGM系も楽しんでみようかとカマロZL1を候補に物色し出したのが2019年の夏頃だった。物件情報サイトでBUBU阪神に在庫していると確認するや否や実車見学に来店。その時ショールームに展示されていたこの2017年型C7グランスポーツに一目ぼれして潔く購入を決意したそうだ。ZL1も素敵だけど、C7のフォルム造形美をさらに際立たせるワイドボディは別次元。初めての2シーターで少々躊躇するも、独りでドライブを楽しむケースが多いライフスタイルなのでむしろウェルカム。気が付くとカマロそっちのけでC7にハートを射られていたと言う。

2017 CHEVROLETCORVETTE GRAND SPORT

2019年10月に購入してから大きく手は加えていないものの、Z06用のホイールやフロントスポイラーを追加。過剰なカスタムは加えずとも堂々たる存在感、そして漆黒ボディに同色のブラックレザーインテリアが大人っぽくてお気に入りの様子。若い時こそ、同乗者に媚びることなく、2シーターの大本命に乗るべき! その選択肢は過ちではない。むしろ大正解だと絶賛したい!

DSC_4082

Z06純正ホイールが収まるワイドフェンダーを有するグランスポーツ。ベースのC7との違いはまさにワイドフェンダーの有無であり、グランスポーツにこだわって購入した理由でもある。

DSC_4093 DSC_4076 DSC_4126

ホイールのみならず、フロントスポイラーやサイドスカート、リアスポイラーまでZ06用を装着。社外品ではなくZ06仕様にこだわって手を入れるところも玄人好みの仕立てだ。

DSC_4111 DSC_4132

エンジンは6.2L V8。460hpを発生させるLT-1エンジンで、抜群のレスポンス性能とトルクフルな走り。有り余るパワーが軽量ボディを軽快に走らせる。4本出しマフラーがオリジナルで装備される点も特筆物だ。

DSC_4143 DSC_4146

グラフィカルな液晶ディスプレイのメーターはドライブモードセレクターによって表示を変化させ、ダッシュ全体がドライバー向けにレイアウトされたドライバーズシートは、運転席と言うよりもコックピットと言った表現が近い。

2017 CHEVROLETCORVETTE GRAND SPORT

OWNER : TOMONAO YAMANAKA


BUBU HANSHIN【BUBU阪神】

TEL:06-6427-5151
https://www.bubu.co.jp/
PHOTO&TEXT:石井秋良
アメ車マガジン 2022年7月号掲載

最新記事


2024/02/26

アナタ好みのキャンピングカー造ります【VORTEX YOKOHAMA】

バン

キャンピング

シボレー

誰に気兼ねすることなく自由を追い求めてキャンプを楽しむのであれば、既成ではなくトコトンこだわり抜いた仕様へと仕上げられた内装のキャンピングカーで謳歌したくはないだろうか?それを具現化してくれるのがヴォルテックス横浜だ。

2024/02/23

マッスルカーライフを満喫!我が家の家訓、男なら“男らしいクルマ”に乗れ!

クーペ

ダッジ

高校生の頃に乗ると決めたチャレンジャー。父の援助もあって購入したから、父にも乗る権利はある。そんな息子のチャレンジャーに乗ると余りにも楽しすぎて、内緒で自分もチャレンジャーを購入。友人のような関係を築きながら、マッスルカーライフを満喫するオーナーさん親子を紹介しよう!

2024/02/22

長年に渡って見続けてきた老舗アメ車ショップにOBS の“イマ”を聞いた【ブルーリバー】

ショップ

1990年代から2000年代初頭のアストロブームと共に、アメ車シーンをけん引してきた関西の老舗アメ車専門店ブルーリバー。OBSの過去と現在を知る有識者として、当時から25年に渡ってブルーリバーを守り続ける代表の山倉氏に話を伺ってきた。

2024/02/21

アメ車マガジンの表紙を飾ったオーナーが営む神戸のダーツバー【DEAR'S】

ショップ

アメ車で乗り付けてジャンクフードを喰らうのが、アメリカンダイナーの醍醐味。しかしアメ車で乗り付けなくとも、お酒を嗜みながらアメ車話に花を咲かせられることもまた貴重。DEAR`sならそれが叶う!

ランキング


2021/03/15

【注目のアメリカン雑貨】大阪の老舗ブランド、アンダーウッドが同業者の買い付け地に!

ショップ

大阪府吹田市の閑静な住宅街にあるユニークなショップ「アンダーウッドブランド」。ヴィンテージカーやオートバイからアパレル、多肉植物など幅広いアメリカンアイテムが豊富。同店はヴィンテージ・アイテムの素晴らしいコレクションを展示するだけでなく、カスタムカーやオートバイのレストアなど様々なサービスも提供しており、一度は訪れるべきショップ!
UNDERWOOD BRAND【アンダーウッドブランド】

2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]

2020/10/22

東海カーズのマッスルカーを、華やかに彩る「和テイスト」のデザインワーク

ラッピング&ペイント

AMEMAG RECOMMEND ARTIST
遊鷹-Yutaka-

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】