モパーマッスル信者だった、彼を虜にしたC7グランスポーツ

クーペ

シボレー

BUBU阪神

コルベット グランスポーツ

兵庫県

C7コルベット

アメマガ2022年7月号

GM CARNIVAL

コルベット

2017 CHEVROLETCORVETTE GRAND SPORT

GM CARNIVAL-やっぱりGM系がいい-


モパーマッスル信者だった、彼を虜にしたC7グランスポーツ

2017 CHEVROLET CORVETTE GRAND SPORT

アメリカンマッスルカーの魅力にハマりし者の行く末。それはアメリカンスポーツカーの世界観。2シーターの潔さ、そしてグランスポーツが魅せるセクシーなフォルム造型美は、まさに大本命であり集大成!

アメリカンスポーツの最高峰、その魅力にドップリと浸かる

アメリカンマッスルカーをこよなく愛する中でも、モパー派、GM派、フォード派と大きく分けて3つ存在する。その中でもダッジはチャージャーからチャレンジャー、チャレンジャーから上級グレードへと乗り換えるといった熱狂的なファンが多い。紹介する山中さんも例にならってチャージャーの3.5Lを皮切りにチャレンジャーの6.1Lを経て6.4Lへと格上げ。ステップアップを図りながらモパーマッスルばかりを3台乗り継いできたモパー信者だった。

2017 CHEVROLETCORVETTE GRAND SPORT

ここまで来ると次はレッドアイ?デーモン!?もはやプレミアムなレアモデルでしか満足できないレベルに達したこともあり、そろそろGM系も楽しんでみようかとカマロZL1を候補に物色し出したのが2019年の夏頃だった。物件情報サイトでBUBU阪神に在庫していると確認するや否や実車見学に来店。その時ショールームに展示されていたこの2017年型C7グランスポーツに一目ぼれして潔く購入を決意したそうだ。ZL1も素敵だけど、C7のフォルム造形美をさらに際立たせるワイドボディは別次元。初めての2シーターで少々躊躇するも、独りでドライブを楽しむケースが多いライフスタイルなのでむしろウェルカム。気が付くとカマロそっちのけでC7にハートを射られていたと言う。

2017 CHEVROLETCORVETTE GRAND SPORT

2019年10月に購入してから大きく手は加えていないものの、Z06用のホイールやフロントスポイラーを追加。過剰なカスタムは加えずとも堂々たる存在感、そして漆黒ボディに同色のブラックレザーインテリアが大人っぽくてお気に入りの様子。若い時こそ、同乗者に媚びることなく、2シーターの大本命に乗るべき! その選択肢は過ちではない。むしろ大正解だと絶賛したい!

DSC_4082

Z06純正ホイールが収まるワイドフェンダーを有するグランスポーツ。ベースのC7との違いはまさにワイドフェンダーの有無であり、グランスポーツにこだわって購入した理由でもある。

DSC_4093 DSC_4076 DSC_4126

ホイールのみならず、フロントスポイラーやサイドスカート、リアスポイラーまでZ06用を装着。社外品ではなくZ06仕様にこだわって手を入れるところも玄人好みの仕立てだ。

DSC_4111 DSC_4132

エンジンは6.2L V8。460hpを発生させるLT-1エンジンで、抜群のレスポンス性能とトルクフルな走り。有り余るパワーが軽量ボディを軽快に走らせる。4本出しマフラーがオリジナルで装備される点も特筆物だ。

DSC_4143 DSC_4146

グラフィカルな液晶ディスプレイのメーターはドライブモードセレクターによって表示を変化させ、ダッシュ全体がドライバー向けにレイアウトされたドライバーズシートは、運転席と言うよりもコックピットと言った表現が近い。

2017 CHEVROLETCORVETTE GRAND SPORT

OWNER : TOMONAO YAMANAKA


BUBU HANSHIN【BUBU阪神】

TEL:06-6427-5151
https://www.bubu.co.jp/
PHOTO&TEXT:石井秋良
アメ車マガジン 2022年7月号掲載

最新記事


2024/06/21

究極の美を求める人に贈るROHANの導き出した答え

クーペ

フォード

見る者を魅了するどころか、一瞬で釘付けにする。そんな芸術作品のような佇まいを見せるROHANのデモカー。第一弾ではコルベットを取り上げ、続いてカマロ、そして第三弾となる今回はマスタングをベースに華麗なシルエットを創造。

2024/06/20

パーツが少ないキャデラックもウイングオートでカスタム可能

キャデラック

人気が高い車種であるほど、アフターパーツも豊富にある。だがキャデラックの場合そのブランドイメージもあって、カスタムする人は少なく、パーツの選択肢も限られる。だがウイングオートなら、そんな悩みも解決してくれる!

2024/06/19

チャレンジャーに乗ることでアメ車に対する価値観が激変

クーペ

ダッジ

今までアメ車には一度も乗らず、日本車や欧州車を乗ってきたオーナーさん。そんな彼がなぜチャレンジャーを、しかもEDGE CUSTOMSを…。これまで様々なスタイルを紹介してきたが、チャレンジャーと出会い、アメ車の虜になったオーナーさん紹介しよう。

2024/06/18

美しすぎる魅惑のボディが69マスタングを華麗に輝かせる

クーペ

ビンテージ

フォード

ファーストマスタングと肩を並べるように、第二世代初期型である1969年型の人気は年々上昇している。そんな69年型が、内外装ともに美しい状態に仕上げられ、機関系もグッドコンディションともなれば、注目を浴びないわけがない。憧れの69マスタングを購入できる千載一遇のチャンスが到来だ!

ランキング


2022/04/08

US日産の巨大ユーティリティバンのNV3500

バン

逆輸入車

2019 Nissan NV Passenger

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2023/01/23

クアートFABでキャデラックATSを見た瞬間、奥様が一目惚れをして乗り換え

セダン

キャデラック

クルマを購入する時、一番重視するのは何か? もちろん欲しいクルマがあるかは当然だが、その次に価格ばかり見てはいないだろうか? でも、結局はお店とお客さんとの信頼関係で、人と人との縁が重要と言える。

2021/03/15

【注目のアメリカン雑貨】大阪の老舗ブランド、アンダーウッドが同業者の買い付け地に!

ショップ

大阪府吹田市の閑静な住宅街にあるユニークなショップ「アンダーウッドブランド」。ヴィンテージカーやオートバイからアパレル、多肉植物など幅広いアメリカンアイテムが豊富。同店はヴィンテージ・アイテムの素晴らしいコレクションを展示するだけでなく、カスタムカーやオートバイのレストアなど様々なサービスも提供しており、一度は訪れるべきショップ!
UNDERWOOD BRAND【アンダーウッドブランド】