千葉県銚子市のガレージジョーカーに、創業間もない頃から通う

SUV

シボレー

アメマガ2022年7月号

ガレージジョーカー

千葉県

タホ

GM CARNIVAL

千葉県銚子市のガレージジョーカに、創業間もない頃から通う3人組。いずれも20代前半にアメ車購入し、40代半ばになった現在もアメ車に乗り続けている。その3人のなかで、いち早くアメ車デビューしたのが白石さんだ。

22年前から通うショップは自分のカーライフの強い味方

GM CARNIVAL-やっぱりGM系がいい-


'03 CHEVROLET TAHOE

国産車も乗ったけどやっぱりアメ車が欲しくなる

「店を始めた間もない頃からだから、もう20年以上前から通ってくれる3人組」。ガレージジョーカー代表の小川氏から紹介された3人組のリーダー的存在が、02年型タホ・Z71に乗る白石さんだ。

 

昔から音楽やファッションなどアメリカものが好きで、22年前に初めて自分のお金で買ったクルマが95年型タホ。当初はピックアップトラックに狙いを定め、シェル付きC1500が第一候補だった。「当時22才の僕の愛読書はアメマガ(笑)。そこで見たC1500に憧れて、自宅から近いショップが掲載されていたので、相談しに行ったのがガレージジョーカーです」。

 

22才の若者が、たった一人でガレージジョーカーに訪れる。普通のショップなら何ら問題ないが、小川氏は海外でもマフィアに間違えられるほどの風貌を持つ人物。「当然ビビりましたよ。でも話が面白くて、アメ車の事も色々教えてくれるなど、すぐに人柄に惹かれました」。そこで交わされた会話が「C1500のシェル付きが欲しいなら、タホかサバーバンで良くないか?」。「そう言われてみれば確かに…」。

そうして見せられたのが、リフトアップなどオフロードスタイルになったタホ。当時はアストロやカプリスなどが全盛期で、しかもローライダーばかり。リフトアップされたタホは、白石さんにとってかなり衝撃的なスタイルで、まさに一目惚れ。

 

その後、サバーバン、ブレイザー、エクスペディションを経て、現在のタホに至る。「途中、国産ディーゼルのSUVも乗りたくなって何度も浮気しましたけど、やっぱりアメ車に乗りたくなるんですよ。しかも何故かシボレーに。エクスペディションは余り見ないと思って乗ったけど、気が付けばシボレーに戻りましたね」。

 

歴代のアメ車はもちろん、途中浮気した国産車の面倒もみたガレージジョーカー。「こんなに好き勝手に乗り換えられたのも、小川さんのおかげ。だから、今日みたいに集合がかかったら、すぐに駆けつけますよ。断ったら後が怖いですからね(笑)」。そんな白石さんが、すぐさま集合の連絡をした一人が、こちらのページで紹介する吉田さんである。

3年前に購入した02年型タホ・Z71。22年前に初めてのアメ車として購入したのもタホで、10数年ぶりに復帰した形だ。社外20インチホイールとオールテレーンタイヤは購入当時のまま。ラゲッジには白石さんと同じ生まれ年の、フルオリジナルMONGOOSE製BMX自転車を積載。

OWNER 白石さん

愛読書のアメマガに掲載されていたガレージジョーカーが近所だったこともあり、一度相談してみようと訪れたのが22才の頃。それ以来22年間、クルマのことはすべてガレージジョーカーで面倒を見てもらっている白石さん。社員旅行でアメリカに行った際、タイミング良く小川氏も渡米しており、ロスの街を案内してもらったのは「一生の思い出」。


Thanks:GARAGE JOKER【ガレージジョーカー】

TEL:0479-25-7740
https://www.garage-joker.com/


PHOTO&TEXT:相馬一丈
アメ車マガジン 2022年7月号掲載

関連記事

RELATED


「初めての愛車はシボレーSUV」。20代の頃、コンビニで立ち読みしたアメマガを見て、決意!

「初めての愛車はシボレーSUV」。20代の頃、コンビニで立ち読みしたアメマガを見て、そう決意した吉田さん。金銭的な問題で初の愛車は国産コンパクトカーにしたが、入社した会社の同期がタホに乗っていることを知り、負けていられないと、夢のアメ車購入へ踏み出した。

アメ車に乗ることを夢みていたオーナーが親友のあとを追って遂にアメ車デビュー

20代の頃、親友と一緒にアメマガを見ていつかはアメ車に乗ることを夢見ていた大根さん。だが購入する勇気がなく、ずっと憧れのまま。転機となったのは、就職した会社にアストロ乗りがいたことと、夢を語った親友がアメ車を購入すると聞いたとき。「じゃ俺も買う!」と、親友の後を追って遂にアメ車デビュー!

ガレージジョーカーのオールペンといえば、やはりパープル。【GMCソノマ】

「自分が好きな色」と言う理由から、ガレージジョーカーではパープルにオールペンされたモデルが幾つか存在する。だが今回のソノマは、さらに妖艶さを追求して、ベットライナーをレッドにし、さらにインテリアもレッド化に

荒れ地こそ進む道 デザート仕様【1996 シボレー S10 ブレイザー】

車両のイメージを劇的に変えたカスタム。それがオールペン。千葉県のガレージジョーカーは、様々なモデルをオールペンによって変化させ、個性的なスタイルを生み出している。そのひとつが、艶消しサンドベージュになったS10ブレイザーだ。

可愛くて存在が楽しいアメリカンコンパクトSUV【シボレーHHR LS】

PTクルーザーに対抗して、GMが1949年型サバーバンをモチーフにデザインし開発したシボレー・HHR。PTほど支持を得られなかった印象があるが、ガレージジョーカーでは定期的に売れる人気モデルになっている。

 

最新記事


2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。

2024/05/20

スマートなスタイルの中に安定性という機能も重視!【ブランセムボディキット】

SUV

キャデラック

デビュー直後のクルマは存在するだけで注目されるもの。だがカスタムを考えた時にパーツの少なさに直面する。そこでNEWエスカレードのためにクアートが立ち上がった。

2024/05/18

日頃のご愛顧に感謝してコーストモータリングが“感謝祭”を開催!

イベントレポート

2024/05/17

父から譲り受けたアストロが兄弟の絆を深めていく

バン

シボレー

父が大事に所有していたアストロを、18才の時に譲り受けた弟さん。そして、楽しそうにカスタムに励んでいく弟の姿を、羨ましそうに見ていたのがお兄さんだ。「俺もアストロが欲しい…」。我慢できずに即決し、アストロ兄弟としてお互いにカスタムに没頭中!

ランキング


2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。

2024/05/20

スマートなスタイルの中に安定性という機能も重視!【ブランセムボディキット】

SUV

キャデラック

デビュー直後のクルマは存在するだけで注目されるもの。だがカスタムを考えた時にパーツの少なさに直面する。そこでNEWエスカレードのためにクアートが立ち上がった。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]