「初めての愛車はシボレーSUV」。20代の頃、コンビニで立ち読みしたアメマガを見て、決意!

SUV

シボレー

アメマガ2022年7月号

ガレージジョーカー

千葉県

サバーバン

GM CARNIVAL

「初めての愛車はシボレーSUV」。20代の頃、コンビニで立ち読みしたアメマガを見て、そう決意した吉田さん。金銭的な問題で初の愛車は国産コンパクトカーにしたが、入社した会社の同期がタホに乗っていることを知り、負けていられないと、夢のアメ車購入へ踏み出した。

20年越しに叶えた憧れのシボレーSUV

GM CARNIVAL-やっぱりGM系がいい-


'03 CHEVROLET SUBURBAN

初めて生で見たタホは会社の同期の愛車だった

ガレージジョーカーの、20年来の常連3人組の2人目が、03年型サバーバン・Z71に乗る吉田さん。こちらページの白石さんとは会社の同期という関係だ。

 

10代の頃からクルマ好きだった吉田さんの、初めての愛車は国産コンパクトカー。「本当はシボレーのSUVが欲しかったんです。でも流石にお金が無くて…」。いきなりシボレーSUV? そのキッカケは、コンビニで立ち読みしたアメマガを見て一目惚れしたという。正直やらせのような経緯だが、嘘ではなく本当の話。

アメ車所有を現実的に考えるようになったのは、入社した会社の駐車場にシボレーSUV、タホが止まっていたから。そのタホの所有者こそ白石さんだ。「実はタホを生で見たのがそれが初めてだったんです。そのタホが、同期で仲良くなった白石のクルマだと知って驚きました」。憧れのクルマを、同期がすでに所有している。この事実に、羨ましさと悔しさも感じた吉田さんは、迷うことなく「俺も乗る」と決意するのだった。

 

白石さんから紹介されたショップは、もちろんガレージジョーカー。「ヤバい人が出てきて、騙されたと思った」と、代表の小川氏を見て白石さんを恨んだようだが、小川氏の人柄を知り、憧れのアメ車の相談をすることになる。しかし、ずっとシボレーSUVを望んでいた吉田さんだが、購入を決めたのはフォード・エクスペディション。「シボレーがいいけど、やっぱり白石と同じクルマじゃ面白くない。どうせなら、誰も乗っていないSUVにしようと」。

 

その後、結婚を機にエクスペディションを手放し、家族の為にしばらくは国産車を愛車にしていたが、心の声は「面白くないクルマ」「アメ車が欲しい」だった。

 

そして3年前、遂にアメ車復活のチャンスが到来。子供も大きくなり、家族でキャンプに出かけることも増え、国産車では荷物が入りきれなくなってきたのだ。「絶好のチャンスだと思いました(笑)。奥さんに広いクルマの必要性を説明して、広いクルマと言えばアメ車だと」。見事奥様を説得した吉田さんはすぐさまガレージジョーカーを訪れ、事前に白石さんから聞いていた「お前にピッタリなクルマ」を見学。それが、現在の愛車サバーバンだ。20年越しに叶えたシボレーのSUVは、今では奥様と喧嘩した際の避難所としても活用するなど、無くてはならない存在になっている(笑)。

メッシュグリル、ミッキートンプソン17インチホイール、ルーフラックが加わる吉田さんの03年型サバーバン。ラゲッジは車中泊用のベッドや手作りラックが並ぶ。サバーバンでの車中泊は快適のようで、奥様と喧嘩した際は、真っ先にここに避難するとか。

OWNER 吉田さん

「奥様と喧嘩したら…」のくだりがガレージジョーカー小川氏には刺さったようで、根掘り葉掘り質問攻めに合っていた吉田さん。白石さんと同じく、吉田さんもアメリカ滞在中に小川氏と合流し、観光ガイドには載っていないディープなロスを案内してもらったと言う。


Thanks:GARAGE JOKER【ガレージジョーカー】

TEL:0479-25-7740
https://www.garage-joker.com/


PHOTO&TEXT:相馬一丈
アメ車マガジン 2022年7月号掲載


関連記事

RELATED


千葉県銚子市のガレージジョーカーに、創業間もない頃から通う

千葉県銚子市のガレージジョーカに、創業間もない頃から通う3人組。いずれも20代前半にアメ車購入し、40代半ばになった現在もアメ車に乗り続けている。その3人のなかで、いち早くアメ車デビューしたのが白石さんだ。

アメ車に乗ることを夢みていたオーナーが親友のあとを追って遂にアメ車デビュー

20代の頃、親友と一緒にアメマガを見ていつかはアメ車に乗ることを夢見ていた大根さん。だが購入する勇気がなく、ずっと憧れのまま。転機となったのは、就職した会社にアストロ乗りがいたことと、夢を語った親友がアメ車を購入すると聞いたとき。「じゃ俺も買う!」と、親友の後を追って遂にアメ車デビュー!

ガレージジョーカーのオールペンといえば、やはりパープル。【GMCソノマ】

「自分が好きな色」と言う理由から、ガレージジョーカーではパープルにオールペンされたモデルが幾つか存在する。だが今回のソノマは、さらに妖艶さを追求して、ベットライナーをレッドにし、さらにインテリアもレッド化に

荒れ地こそ進む道 デザート仕様【1996 シボレー S10 ブレイザー】

車両のイメージを劇的に変えたカスタム。それがオールペン。千葉県のガレージジョーカーは、様々なモデルをオールペンによって変化させ、個性的なスタイルを生み出している。そのひとつが、艶消しサンドベージュになったS10ブレイザーだ。

可愛くて存在が楽しいアメリカンコンパクトSUV【シボレーHHR LS】

PTクルーザーに対抗して、GMが1949年型サバーバンをモチーフにデザインし開発したシボレー・HHR。PTほど支持を得られなかった印象があるが、ガレージジョーカーでは定期的に売れる人気モデルになっている。

 

最新記事


2024/05/27

じゃがいも好きな店主が始めた、フレンチフライ専門のキッチンカー【FRIED pride】

バン

2000年型のGMC・サバナをベースにトーマス・ビルト・バス社が製作したスクールバスをキッチンカーとして使用する「FRIDE pride」はフレンチフライ専門店。関東圏で開催される週末のイベントに出店しており、鮮やかなイエローのバスが目印だ!

2024/05/25

満を持してコルベットに搭載されたハイブリッド型全輪駆動のeAWD

クーペ

シボレー

新車インプレッション

2024/05/24

自由気ままにアレンジ それがマイスタイル【1970 シボレーC-20】

ピックアップトラック

ビンテージ

シボレー

アクションラインのニックネームで親しまれているC/Kシリーズのセカンドジェネレーション、1970年型C-20を愛車とするオーナーさん。手に入れるや否や「ワークトラック」という方向性を定め、躊躇することなく思いを形に仕上げていっている。

2024/05/23

40フィートのコンテナを店舗にスケールアップ!【パラダイスバーガー】

ショップ

ランキング


2022/04/08

US日産の巨大ユーティリティバンのNV3500

バン

逆輸入車

2019 Nissan NV Passenger

2022/08/16

超絶ワイドのシボレーカマロのコンセプトは街乗りできる仕様

クーペ

シボレー

2012 CHEVROLET CAMARO SS

2021/06/11

史上初の200mph超えを果たした伝説の「快鳥」【プリマス・スーパーバード】

クーペ

ビンテージ

プリマス

1970 PLYMOUTH SUPERBIRD

2021/03/15

【注目のアメリカン雑貨】大阪の老舗ブランド、アンダーウッドが同業者の買い付け地に!

ショップ

大阪府吹田市の閑静な住宅街にあるユニークなショップ「アンダーウッドブランド」。ヴィンテージカーやオートバイからアパレル、多肉植物など幅広いアメリカンアイテムが豊富。同店はヴィンテージ・アイテムの素晴らしいコレクションを展示するだけでなく、カスタムカーやオートバイのレストアなど様々なサービスも提供しており、一度は訪れるべきショップ!
UNDERWOOD BRAND【アンダーウッドブランド】