アメ車に乗ることを夢みていたオーナーが親友のあとを追って遂にアメ車デビュー

SUV

アメマガ2022年7月号

ガレージジョーカー

千葉県

ユーコン

GM CARNIVAL

20代の頃、親友と一緒にアメマガを見ていつかはアメ車に乗ることを夢見ていた大根さん。だが購入する勇気がなく、ずっと憧れのまま。転機となったのは、就職した会社にアストロ乗りがいたことと、夢を語った親友がアメ車を購入すると聞いたとき。「じゃ俺も買う!」と、親友の後を追って遂にアメ車デビュー!

勇気を持てなかったアメ車購入も親友と一緒なら大丈夫!

GM CARNIVAL-やっぱりGM系がいい-


'01 GMC YUKON

親友のアメ車買う宣言にじゃ俺も買う!

ガレージジョーカーの常連3人組のラストが、01年型ユーコンに乗る大根さん。こちらのページで紹介した白石さんとは高校からの付き合いで、かれこれ20数年来の親友だ。共にアメリカンカルチャー&クルマ好きで、「いつかはアメ車に乗りたいな」と、20代の頃からアメマガを読みながら2人で語り合っていたと言う。

 

だが、アメ車に憧れていたものの、実際に買う勇気を持てず、その夢も次第に萎みつつあった。そんな大根さんが、再びアメ車が欲しいと思うようになったのは、就職した会社にアストロに乗っている人がいたからだ。「当時はアストロブームで、そのアストロも王道のフルエアロでローダウン。アメマガで何度も見たアストロを目の前にしたら、マジで欲しくなりました」。会社でそんな出会いがあり、昔のようにアメ車に対する思いが高まってきた同じ時期、親友の白石さんから驚きの報告を受ける。「俺、アメ車買うから」。

 

一緒にアメマガを見て、いつかは買うと語り合っていた親友が、本当にアメ車を買う。「アイツは、いつも決断が早いんです。それに比べ俺はビビッてばかりで、欲しいとは思いつつも、買う勇気がなかったんです」。だが、親友が先を行ってくれれば怖いものは無し。

「じゃ、俺も」と、白石さんが購入したというガレージジョーカーを紹介してもらう。そしてお約束だが「小川さんを見て震えあがった」と、ガレージジョーカーの洗礼を受ける。「白石から『社長はパンチの効いた人』とは聞いていたんですが、想像以上でした(笑)」。

 

そうして購入を決めた初めてのアメ車は、豪華な内装に惹かれたハイルーフのサファリ。その後、セダンも気になりブロアムを購入し、タホに乗り換え。一時国産車に行ったが、やはりアメ車が欲しくなり、3年前に現在のユーコンを購入。「白石も吉田もシボレーだし、ちょっと違うSUVにしようとユーコンを選びました」。

 

アメ車を購入する勇気がなかった姿は、もはや過去の話。今では密かにカスタムを模索するなど、2人に負けない姿を手に入れようと動き出している。

オールテレーンタイヤを履いている以外、純正状態を保つユーコン。買ってから何も手を加えていないと語るが、実は撮影に合わせて社外ヘッドライトを購入。が、思いのほか似合わず、元に戻して来たようだ。


OWNER 大根さん

3人のなかで唯一洗車をしてきた大根さんだが、撮影場所は1人だけ砂山。綺麗だったボディは、あっという間に砂だらけに…。それでも「オールテレーンタイヤの性能を知れて良かったです」とポジティブ思考。


Thanks:GARAGE JOKER【ガレージジョーカー】

TEL:0479-25-7740
https://www.garage-joker.com/


PHOTO&TEXT:相馬一丈
アメ車マガジン 2022年7月号掲載


関連記事

RELATED


「初めての愛車はシボレーSUV」。20代の頃、コンビニで立ち読みしたアメマガを見て、決意!

「初めての愛車はシボレーSUV」。20代の頃、コンビニで立ち読みしたアメマガを見て、そう決意した吉田さん。金銭的な問題で初の愛車は国産コンパクトカーにしたが、入社した会社の同期がタホに乗っていることを知り、負けていられないと、夢のアメ車購入へ踏み出した。

千葉県銚子市のガレージジョーカーに、創業間もない頃から通う

千葉県銚子市のガレージジョーカに、創業間もない頃から通う3人組。いずれも20代前半にアメ車購入し、40代半ばになった現在もアメ車に乗り続けている。その3人のなかで、いち早くアメ車デビューしたのが白石さんだ。

小さいに需要ありコンパクトダッジが面白い存在になる予感【ダッジキャリバー】

アメ車に乗りたいけど、サイズが大きいし排気量も大きいから維持費が大変。だがアメ車にもコンパクトなモデルは存在し、その代表がPTクルーザーやHHR。だが、もう一つ面白いモデルがある。それがダッジ初の5ドアハッチバックのキャリバーだ。

メキシコ生まれの特別なダッジ。絶対的レア車ラム顔のSUV

人とは違うクルマを求めレア車を探す読者も多いだろうが、90年代のSUVで間違いなくレア車といえるのが、二世代目のラムトラックの顔でSUVとなるダッジ・ラムチャージャーだ。

リアゲートのパワーウィンドーが開かないと仕事もプライベートも超不便…

仕事にプライベートに毎日フル稼働するGMC・ジミー!

 

最新記事


2024/03/04

理想のC8コルベットを求めて特別なエアフォースエアサス施工

クーペ

シボレー

ホイール

突然目覚めたアメリカンスポーツへの道。そして、誰もまだ見ぬC8コルベットの姿を目指した中内さん。世界初となる特別なエアフォース・エアサスを搭載し、ZERO DESIGNフルカーボンをまとって、C8コルベットの最先端を走る!

2024/03/01

愛らしくて、走りがいいレネゲードでソロキャン!

SUV

ジープ

2024/02/29

日本ではまず見ることがないラムトラックのレッカー仕様

ピックアップトラック

ダッジ

ジムニー専門店「ファッドスター」の店頭に鎮座するのは91年型ダッジ・ラム350。レッカー仕様という日本ではほとんど見ることのないモデル。しかも新車で購入して日本で登録したという個体だ。

2024/02/28

カスタムショップをコンセプトに尖った個性で人気のお店【THE KOBY'S】

ショップ

18歳の頃から“いつか自分のお店を持ちたい!”という夢を掲げてきた高味さん。そんな思いを抱きつつもあっという間に10年が過ぎ、このまま30代へと突入してしまったら夢のまま終わらせてしまうと、一念発起!

ランキング


2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]

2021/03/15

【注目のアメリカン雑貨】大阪の老舗ブランド、アンダーウッドが同業者の買い付け地に!

ショップ

大阪府吹田市の閑静な住宅街にあるユニークなショップ「アンダーウッドブランド」。ヴィンテージカーやオートバイからアパレル、多肉植物など幅広いアメリカンアイテムが豊富。同店はヴィンテージ・アイテムの素晴らしいコレクションを展示するだけでなく、カスタムカーやオートバイのレストアなど様々なサービスも提供しており、一度は訪れるべきショップ!
UNDERWOOD BRAND【アンダーウッドブランド】

2020/09/03

存在感としては控えめながら、血統の良さでアメリカでは人気のダート

クーペ

ビンテージ

ダッジ

The Golden Age 60’s-70’s
1967 Dodge Dart

2022/04/08

US日産の巨大ユーティリティバンのNV3500

バン

逆輸入車

2019 Nissan NV Passenger