アメ車に精通した査定士がプラス査定方式により現場で状態を確認

ショップ

アメマガ2022年8月号

オートファン

買取査定

一般的な買取業者では、アメ車というだけで評価は低くなり査定金額も渋くなる。そんな買取業界で、アメ車オーナーの強い味方となっているのが、無店舗型でコストを抑え高価買取を行なう輸入車専門買取のオートファンだ。

LINEで簡単査定も可能、全国無料で出張買取


大切な愛車を高く売る方法

大事に所有した愛車を手放す際、少しでも高く買い取って欲しいと思うのは誰もが思うこと。だが、TVのCMなどで流れる大手買取ショップでは、アメ車というだけで査定は厳しくなり、提示される金額は低いというのが業界の常識。その大きな理由は、「アメ車は故障が多い」というネガティブなイメージが強いからだ。確かに完全否定はしないが、アメ車全体を一括りに「故障する」と見られ、どんなに外装を綺麗に保ち、手を掛け修理しようが、アメ車はアメ車というのが業者の考え方だ。

そうしたアメ車の厳しい買取事情がある中、2022年1月に登場した「オートファン」が、アメ車の高価買取で大きな話題となっている。オートファンは輸入車専門の買取に特価した買取サイトで、店舗を持たないことで経費を圧縮し、その浮いた費用を買取金額に反映している。全国出張無料で、オーナーの指定した場所にアメ車に精通した査定士が訪問し査定となる。査定は最短で約30分となり、クルマを手放す際の書類代行も無料だ。

査定の依頼は電話やメールに加えLINEからでも可能で、そこで概算の買取金額も提示してくれる。オートファンは、アメ車だから安い査定という業界の常識を覆す、高価買取でオーナーの強い味方になってくれる存在。クルマを手放す際は是非検討したい。

今回査定対象となるクルマは2016年型マスタング。査定のやり方は、基準評価に対してカスタムなどの部分を加点していくプラス査定方式。外装、エンジン、インテリアの状態を確認していくので、洗車・掃除をして準備すると査定がスムーズだ。

もう1台の査定となった2014年型グランドチェロキー。ボディのチェックは、傷の確認というよりも、鈑金した痕があるかどうかを見る。SUVではリフトアップがプラス評価で、知名度の高い社外ホイールもプラス。純正ホイールも持参していれば更にプラスになるようだ。


査定の依頼はLINEで簡単にできる

オートファンにLINEで査定を依頼すると、車両詳細を記入するメールが送られてくる。記入して送信すると、概算の買取金額が送られてくる。納得すれば、そこから実車の査定に向けた日時と場所を確定させていく流れだ。なお、売却する時期を明確にすること、査定する日に契約することも、査定評価のアップに繋がるので覚えておこう。


無店舗型全国出張輸入車買取
AUTO FUN【オートファン】

全国出張無料
査定時間最短30分
輸入車専門買取
手続き書類代行完全無料
HP:car-buy-and-sell.com

TEL:0120-40-5257


PHOTO&TEXT:相馬一丈
アメ車マガジン 2022年8月号掲載


関連記事

RELATED


今まで諦めていた愛車の高価買取がオートファンで可能になる!全国出張アメ車高価買取が遂に登場!

買取業者でアメ車の買取金額は安い。それが今までの買取の常識だったが、その常識を覆す高価買取をスタートさせたのがオートファンだ。全国の無料出張が可能で、これからは買取も買い替えの選択肢になる!

【スカイオート】日本にはない魅力的なクルマを直輸入販売!

ハマーの駆け込み寺として、その名が全国に知れ渡るスカイオート。近年は魅力的なクルマを直輸入販売するが、スカイオートの魅力はそれだけではなく、手厚いアフターサービスに尽きる。

【VACATION FOR LIFE】キャンピングカーやトレーラー販売に加えて様々なグッズも取り扱い中

本格的なキャンピングカーから手軽なカーゴトレーラーまで様々な車種を販売するロータスRV販売中部営業所は、VACATION FOR LIFE JAPANという、違った側面も持つ一風変わったお店だ。

圧倒的な整備力が多くの整備難民を救う【ハロウィン】

埼玉県春日部市にあるハロウィンは全メーカー対応の専用テスターを完備し、ディーラーと同等の整備を行なうショップとして知る人ぞ知るアメ車ショップ。信頼ある整備を行なうショップを探しているならば、是が非でも訪れたいショップだ

高い整備力を誇るナオキモータービルドにOBSの“メカニズム” を解説してもらう

大きく分けて95年モデルまでのTBIと96年モデル以降のVORTECの2種類のエンジンが存在するOBS。ここではこの2つのエンジンの特性やメリット&デメリットなどを、開業当時からOBSを見てきたナオキモータービルドで伺ってきた。

 

最新記事


2024/04/22

荒れ地こそ進む道 デザート仕様【1996 シボレー S10 ブレイザー】

SUV

シボレー

車両のイメージを劇的に変えたカスタム。それがオールペン。千葉県のガレージジョーカーは、様々なモデルをオールペンによって変化させ、個性的なスタイルを生み出している。そのひとつが、艶消しサンドベージュになったS10ブレイザーだ。

2024/04/20

細さを追求したスポークが軽快さや躍動感を予感させる【WORK GNOSIS CVF】

ホイール

WORK GNOSIS CVF

2024/04/20

エントリー条件はただ1つ、WORKを装着していること【WORK WHEELS JACK 3rd】

ホイール

イベントレポート

WORK WHEELS User Event
WORK WHEELS JACK 3rd

2024/04/19

老若男女、誰からも愛される、お店のマスコットとして活躍【アーラキッチン】

バン

198号線(河内長野美原線)から一本離れたローカルロードに店舗を構えるアーラキッチン。田園風景に馴染む様に佇む黄色いスクールバス、そして大きなどんぐりの木は、メインストリートからでも一際目を引く!

ランキング


2023/04/12

旧車ファンにはお馴染みのラストストッパーがパワーアップ!【ツーフィット】

メンテナンス

電子の力でサビからボディを守るラストストッパー

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2016/11/04

超レアなマスタング、1969年モデルのBOSS429!

クーペ

ビンテージ

フォード

1969y FORD MUSTANG BOSS 429

2024/03/11

2024年最初のアメ車イベント アメ車マガジンプレゼンツ「スプリングパーティー」は大盛況!

アメマガミーティング

アメマガキャラバン

イベントレポート

第一弾は3月10日(日)、千葉市中央区フェスティバルウォーク蘇我の駐車場での開催となる「SPRING Party!」。