MKWオフロードの『MKW M204』。〝アメリカン・スピリッツ〟をコンセプトに掲げたホイール!

ホイール

アメマガ2022年9月号

断然JEEP派

MKW

MKW OFF-ROAD M204

リアルアメリカン・スピリッツを国内基準の安心感で味わう!

断然JEEP派


カスタムの本場アメリカの空気感を纏うワイルドさ

MKW OFF-ROAD M204

アメリカで実際に流通しているカスタム前提の17×9Jサイズを先行リリースして話題を呼んだ、MKWオフロードの最新ホイール『MKW M204』。〝アメリカン・スピリッツ〟をコンセプトに掲げたこのホイールだが、先述の通りこのサイズを履くためには、リフトアップ&オーバーフェンダー装着といったカスタマイズが必要だった。しかし、リアルなビードロックホイールの雰囲気を纏った圧倒的にワイルドなデザインやタフさが求められる“本物のUSアルミホイール”の耐久性に数多くのユーザーは魅了されたという。

 

そんな「大仰なカスタムはできないが、このM204を装着してみたい」と思ったユーザーに朗報だ! かねてから予告されてはいたが、ついにノーマル車体にマッチングできる〝JP Spec〟が登場! サイズは17×8Jで、P.C.D.やインセットはいずれも国内で安心して装着できるもの。

 

そんな種々の問題をクリアして、四駆カスタムの本場アメリカから上陸した強烈な個性は、装着した車両の雰囲気を一気にアメリカンスタイルへ激変してくれること間違いなしだ。

アメリカ本土で流通するMKWオフロードホイールは、ロゴも相当アグレッシブ! パワフルに突出したM204のセンターキャップにも、このロゴが採用され。M204の重厚感とギア感を巧みにまとめあげている。

M204の最大の特長たる部分がワイルドなビードロックホイールテイストのリムフランジ。ディスクの上にかぶさるようにデザインされ、リアル・ビードリングを追求したリムフランジには「MKW」の文字を鋳抜きした六角形状の大型ボルトを配している。


MKW OFF-ROAD M204


DRY GRAY


BLACK CAT

スペック

サイズ:17×8.0J(5H/インセット43/P.C.D.127)
カラー:ブラックキャット、ドライグレー
構造:鋳造1ピース
規格:JWL/VIA
付属品:センターキャップ、バルブ
価格:ブラックキャット/55,000円(税込み)ドライグレー/57,200円(税込み)


TRISTAR【トライスター】

TEL:03-3779-5131
URL:https://www.mkw-japan.com


アメ車マガジン 2022年9月号掲載


関連記事

RELATED


クリムソンMGシリーズの集大成的な逸品である『GOLEM(ゴーレム)』

XTREME-J「XJ07」は、JK&JLラングラーにもマッチする、ビードロック風ホイールである

KMCやXDなど、人気USホイールを扱っているMLJ。それらのデザインエッセンスを注入したオリジナルブランドのXTREME-J「XJ07」は、JK&JLラングラーにもマッチする、ビードロック風ホイールである。

35インチのM/Tタイヤを3つのRAYSで履きこなす!

JLラングラーの中でもルビコンは、純正車高で35インチもの大径タイヤを履きこなすことができる。今回、ホイールメーカーRAYS(レイズ)の協力のもと、「ルビコン+35インチM/Tにベストマッチするホイールは何か? 検証する!」を実施してみた。

デザートレーテッドの称号に相応しいタフネスなボトムス【BEADLOCKシリーズ】

悪路走破性に優れたモデルに与えられるジープ独自の基準「トレイルレーテッド」だけでなく、新たに設定した「デザートレーテッド」初のモデルとなるMOJAVE(モハベ)。そのボトムスをワイルド&タフに彩るのがHIGH FORGEDの新作BEADLOCKシリーズ!

ファームD10は多彩なスタイルのボトムスを絶妙に彩る主役級の名脇役として人気を博す!

一昔前までは大口径こそアメリカンSUVの大本命だったが、昨今は17インチが再びブームの兆し。中でもどんなスタイルにも映える万能性に秀でたD10は多彩なスタイルのボトムスを絶妙に彩る主役級の名脇役として人気を博す!

 

最新記事


2024/02/27

走りを追求するクルマからモーターホームまで対応!【WOT'S】

ショップ

アメ車専門店と言っても、マッスルカーやSUV、さらにはモーターホームなど、ジャンルで別れるのが殆ど。だが、それらすべてを扱うオールジャンルなアメ車専門店と言えるのが、熊本のワッツだ。

2024/02/26

アナタ好みのキャンピングカー造ります【VORTEX YOKOHAMA】

バン

キャンピング

シボレー

誰に気兼ねすることなく自由を追い求めてキャンプを楽しむのであれば、既成ではなくトコトンこだわり抜いた仕様へと仕上げられた内装のキャンピングカーで謳歌したくはないだろうか?それを具現化してくれるのがヴォルテックス横浜だ。

2024/02/23

マッスルカーライフを満喫!我が家の家訓、男なら“男らしいクルマ”に乗れ!

クーペ

ダッジ

高校生の頃に乗ると決めたチャレンジャー。父の援助もあって購入したから、父にも乗る権利はある。そんな息子のチャレンジャーに乗ると余りにも楽しすぎて、内緒で自分もチャレンジャーを購入。友人のような関係を築きながら、マッスルカーライフを満喫するオーナーさん親子を紹介しよう!

2024/02/22

長年に渡って見続けてきた老舗アメ車ショップにOBS の“イマ”を聞いた【ブルーリバー】

ショップ

1990年代から2000年代初頭のアストロブームと共に、アメ車シーンをけん引してきた関西の老舗アメ車専門店ブルーリバー。OBSの過去と現在を知る有識者として、当時から25年に渡ってブルーリバーを守り続ける代表の山倉氏に話を伺ってきた。

ランキング


2024/02/27

走りを追求するクルマからモーターホームまで対応!【WOT'S】

ショップ

アメ車専門店と言っても、マッスルカーやSUV、さらにはモーターホームなど、ジャンルで別れるのが殆ど。だが、それらすべてを扱うオールジャンルなアメ車専門店と言えるのが、熊本のワッツだ。

2024/02/26

アナタ好みのキャンピングカー造ります【VORTEX YOKOHAMA】

バン

キャンピング

シボレー

誰に気兼ねすることなく自由を追い求めてキャンプを楽しむのであれば、既成ではなくトコトンこだわり抜いた仕様へと仕上げられた内装のキャンピングカーで謳歌したくはないだろうか?それを具現化してくれるのがヴォルテックス横浜だ。

2021/03/15

【注目のアメリカン雑貨】大阪の老舗ブランド、アンダーウッドが同業者の買い付け地に!

ショップ

大阪府吹田市の閑静な住宅街にあるユニークなショップ「アンダーウッドブランド」。ヴィンテージカーやオートバイからアパレル、多肉植物など幅広いアメリカンアイテムが豊富。同店はヴィンテージ・アイテムの素晴らしいコレクションを展示するだけでなく、カスタムカーやオートバイのレストアなど様々なサービスも提供しており、一度は訪れるべきショップ!
UNDERWOOD BRAND【アンダーウッドブランド】

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】