デザートレーテッドの称号に相応しいタフネスなボトムス【BEADLOCKシリーズ】

ホイール

アメマガ2022年9月号

断然JEEP派

覇王ホイール

HIGH FORGED

BEADLOCK

悪路走破性に優れたモデルに与えられるジープ独自の基準「トレイルレーテッド」だけでなく、新たに設定した「デザートレーテッド」初のモデルとなるMOJAVE(モハベ)。そのボトムスをワイルド&タフに彩るのがHIGH FORGEDの新作BEADLOCKシリーズ!

デザートレーテッドの称号に相応しいタフネスなボトムス

断然JEEP派


純正の良さを残しつつブラッシュアップ!

HIGH FORGED BEADLOCK

グラディエーター・モハベは2年前のシカゴオートショーで初披露。砂漠や砂地などの走破性を高めるべくライドコントロール&スタビリティ、トラクション、グラウンドクリアランス、マニューバラビリティ、デザートプラウエスの5項目で新基準を設定し、砂漠など過酷な環境下においても優れた走破性を可能にするべく、専用設計のFOXサスペンションシステムやリザーバタンク別体式ショックアブソーバーを採用。

フロントサスペンションは標準モデルよりも約1インチ高く設定されておりスキッドプレートを追加。また副変速機能付のコマンドトラック4×4システムにディファレンシャルロック機構を備えるリアアクスルを採用。日本の正規ディーラーでもグラディエーターが販売されているが、モハベが如何にスペシャルなモデルであるかは装備を見れば明白である。

そんなモハベをベースに“ハイセンスな履きこなし”を提案するのが鍛造オーダーホイールメーカーのHIGH FORGED。オレンジのビードロックがモハベの差し色にマッチして抜群に映える。ジオランダーX-MT(37×13.5R17)をマウントする辺りも確信犯。優れた純正の足を生かしつつ、完璧なコーディネートを実現させた。

以前紹介したビードロックシリーズ第一号のタンドラがオレンジアルマイトカラーなのに対して、こちらはソリッドオレンジを採用。リムデザインもエッジの効いたホームベース基調で、リムエンドに向かう骨太シルエットと鍛造の肌感によるタフネスさが相まって逞しさが際立つ。マッチングは17×8.5J +0 127-5Hだ。

純正採用される専用設計のFOXショックが優秀なのでリフトアップはマウントスペーサーのみ。組み合わせるタイヤはジオランダーのX-MT。アグレッシブなトレッドパターンとは裏腹に、オールテレーン並みのロードノイズ。初採用5層構造のゴムがノイズの発生を効率的に抑制しつつ、優れたグリップ性能を発揮するハイスペックタイヤ!


HAOU WHEEL【覇王ホイール】

TEL:0995-73-8684 
URL:http://www.haouwheels.com


PHOTO&TEXT:石井秋良
アメ車マガジン 2022年9月号掲載


関連記事

RELATED


MKWオフロードの『MKW M204』。〝アメリカン・スピリッツ〟をコンセプトに掲げたホイール!

クリムソンMGシリーズの集大成的な逸品である『GOLEM(ゴーレム)』

XTREME-J「XJ07」は、JK&JLラングラーにもマッチする、ビードロック風ホイールである

KMCやXDなど、人気USホイールを扱っているMLJ。それらのデザインエッセンスを注入したオリジナルブランドのXTREME-J「XJ07」は、JK&JLラングラーにもマッチする、ビードロック風ホイールである。

35インチのM/Tタイヤを3つのRAYSで履きこなす!

JLラングラーの中でもルビコンは、純正車高で35インチもの大径タイヤを履きこなすことができる。今回、ホイールメーカーRAYS(レイズ)の協力のもと、「ルビコン+35インチM/Tにベストマッチするホイールは何か? 検証する!」を実施してみた。

ファームD10は多彩なスタイルのボトムスを絶妙に彩る主役級の名脇役として人気を博す!

一昔前までは大口径こそアメリカンSUVの大本命だったが、昨今は17インチが再びブームの兆し。中でもどんなスタイルにも映える万能性に秀でたD10は多彩なスタイルのボトムスを絶妙に彩る主役級の名脇役として人気を博す!

 

最新記事


2024/04/22

荒れ地こそ進む道 デザート仕様【1996 シボレー S10 ブレイザー】

SUV

シボレー

車両のイメージを劇的に変えたカスタム。それがオールペン。千葉県のガレージジョーカーは、様々なモデルをオールペンによって変化させ、個性的なスタイルを生み出している。そのひとつが、艶消しサンドベージュになったS10ブレイザーだ。

2024/04/20

細さを追求したスポークが軽快さや躍動感を予感させる【WORK GNOSIS CVF】

ホイール

WORK GNOSIS CVF

2024/04/20

エントリー条件はただ1つ、WORKを装着していること【WORK WHEELS JACK 3rd】

ホイール

イベントレポート

WORK WHEELS User Event
WORK WHEELS JACK 3rd

2024/04/19

老若男女、誰からも愛される、お店のマスコットとして活躍【アーラキッチン】

バン

198号線(河内長野美原線)から一本離れたローカルロードに店舗を構えるアーラキッチン。田園風景に馴染む様に佇む黄色いスクールバス、そして大きなどんぐりの木は、メインストリートからでも一際目を引く!

ランキング


2023/04/12

旧車ファンにはお馴染みのラストストッパーがパワーアップ!【ツーフィット】

メンテナンス

電子の力でサビからボディを守るラストストッパー

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2016/11/04

超レアなマスタング、1969年モデルのBOSS429!

クーペ

ビンテージ

フォード

1969y FORD MUSTANG BOSS 429

2024/03/11

2024年最初のアメ車イベント アメ車マガジンプレゼンツ「スプリングパーティー」は大盛況!

アメマガミーティング

アメマガキャラバン

イベントレポート

第一弾は3月10日(日)、千葉市中央区フェスティバルウォーク蘇我の駐車場での開催となる「SPRING Party!」。