35インチのM/Tタイヤを3つのRAYSで履きこなす!

ホイール

アメマガ2022年9月号

断然JEEP派

RAYS

チームデイトナ

チームデイトナM8

チームデイトナF6boost

チームデイトナM9

JLラングラーの中でもルビコンは、純正車高で35インチもの大径タイヤを履きこなすことができる。今回、ホイールメーカーRAYS(レイズ)の協力のもと、「ルビコン+35インチM/Tにベストマッチするホイールは何か? 検証する!」を実施してみた。

35インチのM/Tタイヤを3つのRAYSで履きこなす!

断然JEEP派


RAYS TEAM DAYTONA

ルビコンカスタムにおいて相乗効果を狙える3タイプ

検証で使用したホイールは、3種類。いずれもRAYS(レイズ)の中でも、純日本製・4WD&SUV専用をウリとするTEAM DAYTONA(チーム デイトナ)に属するモデルである。

 
タイヤ:BFGoodrich Mud-Terrain T/A KM3(35×12.5R17)
ホイール:17×7.0J インセット40(ブラック/ディスククリアスモーク)

ひときわ異彩を放つM9(エムナイン)。アメリカン・ワイルドを具現化したメッシュスポーク、1ピース構造ながら、まるで別体パーツで構成されているかのように見えるビードロックリングなど、質実剛健なルビコンとの相性は抜群にいい。

 
タイヤ:BFGoodrich Mud-Terrain T/A KM3(35×12.5R17)
ホイール:17×7.0J インセット40(マットブラック)

2021年登場のM8(エムエイト)は、M9の進化系とも取れるデザインを持つ。ビードロックテイストのリムフランジとメッシュスポークを見事に融合させたそれは、ルビコンに、より洗練された美しくもタフな印象をプラスする。

 
タイヤ:BFGoodrich Mud-Terrain T/A KM3(35×12.5R17)
ホイール:17×7.0J インセット40(セミグロスブラック)

F6 boost(エフシックスブースト)は、骨太でタフなイメージを創り出すコンケイブや2×6ラフメッシュ、スポーク断面が生み出す剛性感、そして、ビードロック風のリムデザインなど、ルビコンをあえてシティオフローダーとして使いこなすのにピッタリな足もとを演出する。

 

3種類のホイールはいずれも、三種三様の持ち味は少しも薄めることなく、ルビコンやM/Tタイヤの存在感を高めるを効果があることが確認できた。モデル選びに頭を悩ませそうである。


TEAM DAYTONA M8

メッシュ形状を強調したスポークは、リムフランジのデザインと一体化され印象を強め、さらにスポークやセンターパートにおいて足長感や大径感を演出する。

スペック

サイズ:17×7.0J(5H/インセット35/P.C.D.110)、17×7.0J(5H/インセット40/P.C.D.127)
カラー:N2カラー
構造:鋳造1ピース
規格:JWL+R スペック1
付属品:センターキャップ、バルブ
価格:N2カラー/51,700円(税込み)

TEAM DAYTONA F6boost

オフスタイルを求める本格志向を持つ四駆ファンのニーズに応える。カラーはダークブロンズとセミグロスブラックの2色で、ホワイトレターとの相性も抜群に良い。

スペック

サイズ:17×7.0J(5H/インセット35/P.C.D.110)、17×7.0J(5H/インセット40/P.C.D.127)
カラー:Z5カラー、N1カラー
構造:鋳造1ピース
規格:JWL+R スペック1
付属品:センターキャップ、バルブ
価格:Z5カラー/51,700円(税込み):N1カラー/53,900円(税込み)

TEAM DAYTONA M9

ディスクはイン側とアウト側で開口部数を変えながら、2×9の極太クロススポークメッシュを表現。フランジ部分のアンダーカットとピアスドリルド加工を実施。

スペック

サイズ:17×7.0J(5H/インセット30/P.C.D.110)、17×7.0J(5H/インセット40/P.C.D.127)
カラー:BBPカラー
構造:鋳造1ピース
規格:JWL+R スペック1
付属品:センターキャップ、バルブ
価格:BBPカラー/55,000円(税込み)


RAYS【レイズ】

TEL:06-6787-0019(レイズユーザーダイヤル)
URL:https://www.rayswheels.co.jp


アメ車マガジン 2022年9月号掲載


関連記事

RELATED


MKWオフロードの『MKW M204』。〝アメリカン・スピリッツ〟をコンセプトに掲げたホイール!

クリムソンMGシリーズの集大成的な逸品である『GOLEM(ゴーレム)』

XTREME-J「XJ07」は、JK&JLラングラーにもマッチする、ビードロック風ホイールである

KMCやXDなど、人気USホイールを扱っているMLJ。それらのデザインエッセンスを注入したオリジナルブランドのXTREME-J「XJ07」は、JK&JLラングラーにもマッチする、ビードロック風ホイールである。

デザートレーテッドの称号に相応しいタフネスなボトムス【BEADLOCKシリーズ】

悪路走破性に優れたモデルに与えられるジープ独自の基準「トレイルレーテッド」だけでなく、新たに設定した「デザートレーテッド」初のモデルとなるMOJAVE(モハベ)。そのボトムスをワイルド&タフに彩るのがHIGH FORGEDの新作BEADLOCKシリーズ!

ファームD10は多彩なスタイルのボトムスを絶妙に彩る主役級の名脇役として人気を博す!

一昔前までは大口径こそアメリカンSUVの大本命だったが、昨今は17インチが再びブームの兆し。中でもどんなスタイルにも映える万能性に秀でたD10は多彩なスタイルのボトムスを絶妙に彩る主役級の名脇役として人気を博す!

 

最新記事


2024/04/24

17インチのサイズ感で“ビンテージ”な装いを色濃く表現

セダン

クライスラー

ホイール

PCD100の5穴、センターハブ57.1mmのPTクルーザー。社外ホイールも多少はリリースされているが、満足するデザインのホイールが存在しない。ワンオフでデザインできる鍛造ホイールメーカー「FAMOUS FORGED」なら、狙い通りのボトムスが叶う!

2024/04/23

伸びやかなロングノーズ、引き締めるロングテール、隙のないそのフォルム【インパラ コンバーチブル】

オープン

ビンテージ

シボレー

2024/04/22

荒れ地こそ進む道 デザート仕様【1996 シボレー S10 ブレイザー】

SUV

シボレー

車両のイメージを劇的に変えたカスタム。それがオールペン。千葉県のガレージジョーカーは、様々なモデルをオールペンによって変化させ、個性的なスタイルを生み出している。そのひとつが、艶消しサンドベージュになったS10ブレイザーだ。

2024/04/20

細さを追求したスポークが軽快さや躍動感を予感させる【WORK GNOSIS CVF】

ホイール

WORK GNOSIS CVF

ランキング


2024/04/24

17インチのサイズ感で“ビンテージ”な装いを色濃く表現

セダン

クライスラー

ホイール

PCD100の5穴、センターハブ57.1mmのPTクルーザー。社外ホイールも多少はリリースされているが、満足するデザインのホイールが存在しない。ワンオフでデザインできる鍛造ホイールメーカー「FAMOUS FORGED」なら、狙い通りのボトムスが叶う!

2024/04/23

伸びやかなロングノーズ、引き締めるロングテール、隙のないそのフォルム【インパラ コンバーチブル】

オープン

ビンテージ

シボレー

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/04/22

荒れ地こそ進む道 デザート仕様【1996 シボレー S10 ブレイザー】

SUV

シボレー

車両のイメージを劇的に変えたカスタム。それがオールペン。千葉県のガレージジョーカーは、様々なモデルをオールペンによって変化させ、個性的なスタイルを生み出している。そのひとつが、艶消しサンドベージュになったS10ブレイザーだ。