ジープはオフロードを走ってこそ、本当の意味でのフリーダムカーだ!

SUV

ジープ

アメマガ2022年9月号

スカイオート

埼玉県

断然JEEP派

オフロード走行会

ハマーH1のスペシャリストでありながら、アメリカンSUV&トラックを中心に、レアなアメ車の輸入元としても知られる「スカイオート」。オーナーの村上周平さんが元々オフロード好きということもあり、不定期にオフロード走行会も行っている。今回はそんな、スカイオートの走行会に潜入だ!

断然JEEP派


SUVもピックアップも、使って、走らなければ意味がない!

OFFROAD MEETING OFFROADER'S PARADISE

“ハマーH1オーナーズクラブ・ジャパン”の事務局もつとめるスペシャリティショップ、また日本で正規販売されていない様々なアメ車をデリバリーしてくれるプロショップとしてもおなじみの「スカイオート」。ハマーはもちろんのこと、とくにSUVやピックアップトラック、Jeepなどを得意としていて、今流行りのオーバーランダースタイルやトラベルトレーラーなど、欧米のアウトドアスタイルを、いち早く提唱、また実践していたりもするのだ。

そんなわけだから、スカイオートはアウトドアなイベント開催にも積極的だ。キャンプミーティングでは巨大なトレーラーを引っ張るH1や、車載テントを積んだフルサイズピックアップがズラリと並ぶ。オフロード走行会ではJeepがメインに集まり、大のオトナたちが泥だらけになって楽しむ。SUVも、ピックアップも、使って、走らなければ意味がない! スカイオートのお客さんにとっても、これらのイベントは自分のカーライフになくてはならないスパイスになっているのだ。

 

そして今回、そんなスカイオートの楽しみなイベントのひとつ、Jeepによるオフロード走行会が行なわれた! 最初はキャンプと併せたミーティングのはずだったが、あいにく梅雨時まっただ中。なので日帰りでの開催になったが、少年ジーパーあり、特別ゲストあり、おまけにキッチンカー(?)も登場して、一日存分に泥にまみれることができたのだ!

オフロードコースならばクルマを壊す心配なくワイルドな走りを楽しめる!

イベント当日の朝9時、会場の北軽井沢ナチュラルパークには、怪しげなJeepが続々と集まってきた。スカイオートのお客さんが中心で、彼らは「ハマーH1オーナーズクラブ」のメンバー、つまり今回はH1をJeepに乗り換えての参加だ。中にはランチ担当のメンバーもいて、昼食の準備もばっちり! パイプフェンダーを外して、タイヤのエア圧を落としたら、いざオフロードへ出陣だ!

そして今回はスペシャルゲストがもう1台。JLラングラーオーナーでもあるレポーターが、SNSで今回の走行会参加者を募集、たった1台やって来てくれたのが、JLサージグリーン・スカイワンタッチパワートップを駆る、生田目(なまため)勇之さん・恵子さんご夫妻&ココちゃんだったのだ。WARNウインチ、MOPARサスペンション、タイヤはジオランダーX-ATで、オフロードテイスト満点の生田目JL。走行前はフロントスタビライザーもOFFして、ヤル気も最高潮だ!

そしてオフロードエリアでは、計7台のJeepたちが思い思いのラインを攻める! コースは泥のモーグルがメインで、クルマを壊す心配なく、アクロバティックな走りを楽しめる。それがこのコースの魅力だ。中には免許取り立ての高校生と、まだ免許のない彼の友達を、ベテランがレクチャーするシーンも。和気あいあいのオフローディングに、コロナだなんだの日頃のストレスも吹っ飛んでいったのだった。

今回、オフロードコースを縦横無尽に走り回るJeepたちを見ていて、なんだかうれしくなった! やっぱりJeepに乗ったなら、こういう場所も走らないとね! もちろんアウトドアトランスポーターとして、あるいはインスタ映えする相棒として、Jeepはいろいろな使い方、乗り方ができる。これはちょっと、他のクルマにはありえないキャラクターだろう。オーナーが自由自在にそのクルマを扱うことができる。そう、Jeepはやっぱり、本当の意味でのフリーダムカーなのだ!

オフローディングに慣れた参加者たち。TJ、JK、JLと、装着タイヤにはある傾向が。全車マッド系のタイヤだったが、TJは255/85R16という大径細身のサイズ。いたずらに太くしていないのがポイントだ。JKは足まわりカスタムが進んでいた車両は39インチ、あるいは37インチを装着。39インチとなるとさすがに大迫力! それでも高速道路を普通に走っていた。そして2台のJL、おとなしめのJKは35インチ。35インチが、自分でタイヤ交換できる限界かな…。

今回の参加者の中には運転免許取り立て、あるいはまだ免許なし、あるいはオフロードに慣れていない……なんて方も。そんなメンバーに、ベテランJeeperがレクチャーするシーンもあちこちで見られた。もちろんクローズドなコースだからこそ。しかしATはともかく、MT車って扱うのが難しいね!

2021年は“オフロードキャンプ” というカタチで開催されたこのイベント。なんとその時、高校2年生だったシュンスケ君が免許を取って今年も参加! お父さんのTJを譲り受け、もういっぱしのオフローダーだ! ちなみにシュンスケ君の友達の新井君も、免許なしだがMTのJeepでオフロード初体験! さらにJKオーナーのトンペイさんも、息子のなお君(高1)に運転を教授。なお君、かなり乗れてて、早くも“オフロードにハマりそう” なんだって!

サージグリーンのラングラーJLを駆る生田目勇之さん・恵子さんご夫妻と、愛犬のココちゃんも走行会に参加してくれた! JLに乗って1年半ほど、オフロードコースや河原などで経験を積まれただけに、今回のコースも楽しそうに走っていたのが印象的。走行前はフロントのスタビライザーを外すなど、マニアックな準備も。「やっぱりJeepに乗っているからには、もっともっとオフロードも走ってみたいですね!」。またご一緒させてください!

生田目さんの愛車は限定車として販売されたサージグリーンのJLアンリミテッド、スカイワンタッチパワートップ。フロントはスミッティビルトのスチールバンパーにWARNウインチを装備、リヤもMOPARの北米仕様バンパーに交換してナンバーを移設、ヒッチメンバーも使えるようにしている。さらにMOPERの2インチアップサス(FOXショック)で走破性を強化。タイヤはジオランダーX-AT(35×12.5R17)をRAYSデイトナM9ホイールに組んでいる。

今回の会場となったのは、群馬県・北軽井沢にある「北軽井沢ナチュラルパーク」。スカイオートのホームグラウンドで、大自然の中のキャンプエリアに、オフロードも併設されているのだ。スカイオートのアウトドアイベント…というと、巨大なトラベルトレーラーや巨大なテント、などなど、まるでアウトドア・エンターテインメントな雰囲気に包まれるのだが、今回は悪天候が予想されたため、皆さんシンプルにJeepのみ、でやって来た。ちなみに参加の方々、Jeepはセカンドカーで、実はH1のオーナーでもある。いやはや、スケールでかいんですわ。

今回参加したJeepは、TJが2台、JKが3台、JLが2台の、計7台。オフロード指向の強いカスタムが施されているためか、どれもワイルドな存在感を見せている。タイヤは35、37インチは当たり前、39インチを装着するJKも!

走行前は空気圧を落とし、トラクション性能を確保。走行後、エア圧を指定圧に戻すため、「MAKITA」のエアコンプレッサーが大活躍していた!


SKYAUTO【スカイオート】

TEL:048-976-1235
https://www.skyauto.co.jp/

埼玉県越谷市を拠点に、全国のハマーH1オーナーの駆け込み寺的な存在になっているのが「スカイオート」。もちろんH1だけじゃなく、アメリカンSUV&ピックアップにもノウハウが深く、充実のピット、各メーカー用コンピュータ診断機などで、アメ車ライフをバックアップしてくれる。H1のオーナーズミーティングやJeepの走行会など、イベントも積極的に開催してくれるのだ。


TEXT:高坂義信

アメ車マガジン 2022年9月号掲載


関連記事

RELATED


ジープらしいスタイルを強調しつつ、保安基準を満たす安心感も魅力

デビュー当初は否定的な意見が少なくなかったラングラーの4ドア。だがそれまでのイメージを払拭し、新たなユーザーを開拓したJKラングラー。そのヒットをさらに確実なものとしたJLラングラーを、今や見かけない日はない。

オフロードの走りを格上げするスペシャルカスタムでJLラングラーが劇的進化!

Jeepカスタムの老舗タイガーオートが贈るエクストリームマシン。Jeepラングラー アンリミテッド ルビコン(JL型)に40インチタイヤをインストールし、サスペンションからエクステルアまでしっかりと手を入れたスペシャルなクルマなのである。

ジワリ人気のレトロなジープパトリオットに注目!

似たようなクルマのデザインが増えてきた昨今、個性ある姿を求めて四角い・丸目というレトロデザインに注目が集まっている。そして、誰もが運転しやすいコンパクトなボディ。その条件のすべてを備え、さらに車両価格も手頃なのが、2013年まで正規販売されたジープ・パトリオットだ。

普段乗りも快適な本格派4×4!JLラングラー1台あれば旧車道楽も安心

コルベットC3と共に登場してくれているERIさん。実は旦那さんと共にハーレーやビンテージカーを複数台所有するマニア。そんな夫婦が唯一気負いせず、気楽に乗ってどこへでも走らせるメインシューズがJLラングラーだ。

お客さんが乗ってきた、ワゴニアに一目惚れ♡

トレンドに左右されることなく、常に一部マニアの中で憧れの名車として語り継がれるワゴニア。ほかのアメ車にはない固有の魅力にハマり、虜となったNacoさんが嗜む自然体のワゴニアンライフとは!?

 

最新記事


2024/02/27

走りを追求するクルマからモーターホームまで対応!【WOT'S】

ショップ

アメ車専門店と言っても、マッスルカーやSUV、さらにはモーターホームなど、ジャンルで別れるのが殆ど。だが、それらすべてを扱うオールジャンルなアメ車専門店と言えるのが、熊本のワッツだ。

2024/02/26

アナタ好みのキャンピングカー造ります【VORTEX YOKOHAMA】

バン

キャンピング

シボレー

誰に気兼ねすることなく自由を追い求めてキャンプを楽しむのであれば、既成ではなくトコトンこだわり抜いた仕様へと仕上げられた内装のキャンピングカーで謳歌したくはないだろうか?それを具現化してくれるのがヴォルテックス横浜だ。

2024/02/23

マッスルカーライフを満喫!我が家の家訓、男なら“男らしいクルマ”に乗れ!

クーペ

ダッジ

高校生の頃に乗ると決めたチャレンジャー。父の援助もあって購入したから、父にも乗る権利はある。そんな息子のチャレンジャーに乗ると余りにも楽しすぎて、内緒で自分もチャレンジャーを購入。友人のような関係を築きながら、マッスルカーライフを満喫するオーナーさん親子を紹介しよう!

2024/02/22

長年に渡って見続けてきた老舗アメ車ショップにOBS の“イマ”を聞いた【ブルーリバー】

ショップ

1990年代から2000年代初頭のアストロブームと共に、アメ車シーンをけん引してきた関西の老舗アメ車専門店ブルーリバー。OBSの過去と現在を知る有識者として、当時から25年に渡ってブルーリバーを守り続ける代表の山倉氏に話を伺ってきた。

ランキング


2024/02/26

アナタ好みのキャンピングカー造ります【VORTEX YOKOHAMA】

バン

キャンピング

シボレー

誰に気兼ねすることなく自由を追い求めてキャンプを楽しむのであれば、既成ではなくトコトンこだわり抜いた仕様へと仕上げられた内装のキャンピングカーで謳歌したくはないだろうか?それを具現化してくれるのがヴォルテックス横浜だ。

2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]

2021/03/15

【注目のアメリカン雑貨】大阪の老舗ブランド、アンダーウッドが同業者の買い付け地に!

ショップ

大阪府吹田市の閑静な住宅街にあるユニークなショップ「アンダーウッドブランド」。ヴィンテージカーやオートバイからアパレル、多肉植物など幅広いアメリカンアイテムが豊富。同店はヴィンテージ・アイテムの素晴らしいコレクションを展示するだけでなく、カスタムカーやオートバイのレストアなど様々なサービスも提供しており、一度は訪れるべきショップ!
UNDERWOOD BRAND【アンダーウッドブランド】

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】