長年アメ車を乗り継いだ末の集大成に相応しい個体!【シボレーアパッチ】

ピックアップトラック

シボレー

アメマガ2022年10月号

THE AMERICAN TRUCK & SUV

アパッチ

スラムド

C1500、63インパラ、カプリスワゴン、ロードマスター、H2など、長い年月をかけて様々なアメ車を所有してきた小林さんが、墓場まで持っていきたいアメ車として、一生モノの愛車として選んだのが紹介する1958yアパッチだ。

THE AMERICAN TRUCK & SUV


焦ってカスタムはしない気長にコツコツと楽しむ!

1958 CHEVROLET APACHE SLAMMED STYLE

6月に三重の鈴鹿で開催されたストリートカーナショナルズでこのアパッチに遭遇して、チャンスがあれば紹介したいと思っていた矢先のトラック特集。オーナーへオファーすると快諾していただき早々に取材させていただいた次第だ。

 

話を伺うと、兵庫県神戸市のカフェ&ダイナー・ディアーズのオーナーさんだそうで、このアパッチはそのマスコットキャラクター的な役割も兼ねて、どこへでも走っていける仕様にしているとのこと。エンジンはアバランチに搭載されるボーテック5.3ℓV8に換装済みで、低いまま走らせても何の不安もないライドハイトセンサーを有するアキュエアーのエアサスをインストール。

還暦を超えたビンテージトラックではあるが、フレームもシャキっとしていてインジェクションエンジンなので、見た目とは裏腹に割と快適なドライブを楽しめちゃうってところがポイント。

 

ちなみにイベント取材リポートの記事をご覧になった方ならお気づきだろうが、塗装を剥いだ状態から今回錆止め塗装としてベージュに自家塗装を終えたばかり。2021年の9月に購入してからコツコツと仕上げていっている最中なのだとか。

 

今後のメニューとしてはC7 Z06に搭載されるLT-4スーパーチャージャー付きへの換装やビレットホイールのインストール、そして最終的にはカスタムペイントを施したいそうだが、絶賛円高状態なので今はタイミングじゃないと仲間に止められているらしい。

 

一生モノの愛車として所有すると決めたからには、サクサクと理想のスタイルに仕上がってしまったら楽しみが半減してしまう。乗りながら焦らず、コツコツ時間をかけて仕上げていくことこそ醍醐味だと語る小林さん。色々脱線したり、寄り道しながら楽しむビンテージトラッキンカスタムの長い旅路はまだ序章に過ぎない。今後の展開に期待が高まる。

ツィステッドの森本さんに作業を依頼してフレーム加工&メンバー加工を施し、アキュエアーのシステムでスラムド。ライドハイトセンサーの恩恵を受けて低い姿勢のまま快適なライドが可能に。ホイールはいずれビレットホイール化の予定だ。

この年代のトラックはステップサイドが主流で、現車の様な商用車ベースのベッドは当時のオプション品。ベッド部分のオルティガ柄はオーナー自らDIYでウッドを張って製作。ウッドのベッドは多々あれど、ここまでこだわったウッドベッドは称賛物。

エンジンはボーテックの5.3ℓ V8に換装済。アバランチに搭載されているエンジンなので旧車特有の癖は皆無。いずればC7 Z06に搭載されるエンジンを積んで見た目とは裏腹な走りを楽しんでみたいそうだ。

ビレットステアリングとアキュエアーのコントローラー以外は基本オリジナルのインテリア。現状は即席でシートのカバーをかぶせた状態ではあるが、こちらもいずれはカスタムインテリアとして綺麗に仕上げていきたいとのこと。その作業もあせらずじっくりコツコツと。時間をかけてカスタムを楽しむところが大人の余裕である。


OWNER:Kenichi Kobayasi


PHOTO&TEXT:石井秋良
アメ車マガジン 2022年10月号掲載


関連記事

RELATED


目指すは普段乗りができるシボレーC10のプロストリート!

C10人気が高まる昨今、オリジナル重視の個体はもちろん、パティーナやラット、さらにはビレットホイールを履かせたスタイルなど、多種多様の盛り上がりを見せている。そんな中、度肝を抜く一台を大阪の6ディグリーズで発掘してきた!

アメ車(シボレーC1500)でサーフィン行かないです、潮風に晒して錆びるのが嫌なんで!

初めて自分のお金で買った愛車C1500。てっきりサーフィンに夢中の彼が、その足として選んだのかと思えば、話を聞くと「波乗りはハイエース!」と断言。その真意を訪ねると生粋のクルマ好きであることが判明。

汚して使い倒してこそが、トラック(シルバラード)の正当な乗り方!

アメ車のことはまったく知らなくても、乗り出したことでどっぷりとハマるなんていうパターンはよくある。紹介する小野さんもそのひとりで、シルバラードに乗り出してからは充実したアメ車ライフを過ごしている。

やっぱりGMが好きなので、迷わずシルバラードを選ぶ

それがいつのことか、どこだったのかまったく思い出せないが、街を走るアメ車の四駆を見て「カッコイイ!」と思った三河さん。その刷り込みが非常に強く残っていたことで、今にして思えばそれがアメ車ライフの始まりと言える。

刺激は今も健在伝説のモンスタートラック シボレーC1500 454SS

7.4ℓという桁違いエンジンを搭載し、僅か4年間だけ限定生産されたシボレー・C1500・454SS。その存在はすでに伝説級。中古相場が爆上がりの90年代モデルにあって、454SSはもはや手に入らない幻のモデルになりつつある。

 

最新記事


2024/04/18

自然な流れのボディパーツにカナードを追加で進化を遂げる【エッジカスタムズ チャレンジャー F】

クーペ

ダッジ

日本はもちろん、世界中のチャレンジャーカスタムを牽引するLUXZ。2021年に登場した初のフルバンパー仕様となる「CHALLENGER F」。そのエボリューションモデルが完成したので、早速紹介しよう!

2024/04/17

63年型フォードギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。

ステーションワゴン

ビンテージ

フォード

レースのフィールドで活躍した63年型ギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。中でもステーションワゴンは、ハイエンドでありながらSUVとしての魅力を備えて西海岸ではサーフ&ロッドのアイコンとしてお馴染み!

2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2024/04/16

アメ車マガジン2024年6月号 絶賛発売中!

雑誌

ランキング


2024/04/18

自然な流れのボディパーツにカナードを追加で進化を遂げる【エッジカスタムズ チャレンジャー F】

クーペ

ダッジ

日本はもちろん、世界中のチャレンジャーカスタムを牽引するLUXZ。2021年に登場した初のフルバンパー仕様となる「CHALLENGER F」。そのエボリューションモデルが完成したので、早速紹介しよう!

2024/04/17

63年型フォードギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。

ステーションワゴン

ビンテージ

フォード

レースのフィールドで活躍した63年型ギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。中でもステーションワゴンは、ハイエンドでありながらSUVとしての魅力を備えて西海岸ではサーフ&ロッドのアイコンとしてお馴染み!

2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】