ヘネシーパフォーマンスにチューニングを依頼して1000hpを叩き出すマシン

セダン

ダッジ

アメマガ2022年11月号

チャージャー

チャージャー SRT HELLCAT

HPE1000

THRILL RIDES

ヘネシーパフォーマンス

コーストモータリング

埼玉県

400hpを越すクルマなんてレースだけの世界のことだと思っていたのが嘘のように、今やその倍の数値を出力するカタログモデルが販売されている。だがそれに満足することなくモアパワーを求める人がいればそれに応える人もいて、ヘネシーパフォーマンスにチューニングを依頼して1000hpを叩き出すマシンが日本へと姿を現した!

THRILL RIDES


数値アップをとことん楽しむ、それがアメリカン!1000馬力のモンスターセダン

HENNESSEY PERFORMANCE
DODGE CHARGER HELLCAT WIDEBODY

チャレンジャーと並びダッジの人気を二分するチャージャー。マスタングに端を発した原点回帰傾向の波に乗って、ダッジもチャージャーを2005年に2006年モデルとして20年振りに再導入。ちなみにチャレンジャーの方が先と思われていたりするが、チャージャーの方が先に市場へと投入されているのだ。

 

2006年モデルからの第6世代当初のラインナップはSE(2.7ℓV6)、SXT(3.5ℓV6)、R/T(5.7ℓV8HEMI)、SRT8(6.1ℓV8HEMI)で、トップグレードであるSRT8でも425hpというパワーが最高であった。今から17年前のことだが、その当時はカタログモデルでこの数値はヤバくねえ!!と大いに盛り上がった記憶が蘇る。

そしてその後はというと、モダンマッスルにおけるパワーウォーズが繰り広げられ、年を追うごとに数値がアップしていく始末。NAでは限界であれば過給機というドーピングにまで手を染めて、今となっては800hp以上の数値を叩き出すモデルが普通に購入できる状況。800hpなんていう数値はそれこそレーシングマシンなどの特別なモデルだけが手にできるものという認識が覆された次第。

 

この十数年の進歩は目覚ましい限りとしか言いようがない。だが、数値を上げることができると分かればすぐさま実行して楽しもうという心意気がいかにもアメリカらしく、こういったところにワクワクせずにいられないのは筆者だけではないはずだ。

現にこのクルマのオーナーであるO社長氏もこれまでにマスタングや300C、チャージャー・ヘルキャットを乗り継いできており、モダンマッスルに魅了された一人である。しかし彼はというと、カタログモデルの数値では満足できず、パワーモンスターを世に送り出し続けているヘネシーパフォーマンスにチューニングを依頼して1000hpという有り余るパワーを手に入れたのだ。HPE1000という表記がその証明。

 

そんなにもハイパフォーマンス、いやモンスターでありながらもその見た目はヘルキャットそのままで、数値から期待する過激さはなく大人しめと言えるだろう。

 

とはいえ、ひとたびエンジンに火を入れればマフラーからは凄まじい咆哮を放ち、軽くアクセルを踏んだだけでもホイールスピンしてしまうほどの勢いはまさに羊の皮を被った狼という表現が打倒。だが、オーナーはまだまだ満足していないようでモアパワーを追及。

 

果たしてどこまでその数値がアップしていくのか今後に期待したいところ。良い意味でクルマもオーナーもイカれている!

アクセルを解放した際の強烈な雄叫びはまさに野獣

エクステリアに関してはヘネシーモデルだからといって特別な仕様変更はとくになく、ヘルキャットワイドボディそのままのフォルムをキープしているが、ボディサイドとリアのバッジがそれを証明する。タイヤはすぐに消耗してしまうため常にストックを常備している。

ストックのチャージャー・ヘルキャットは、707hpのパワーと650lb-ftのトルクを生み出す6.2ℓのスーパーチャージャー付きV8を搭載しているが、それでは満足できないと、ヘネシーはこのヘルキャットにMAGNUSONのスーパーチャージャーへ換装して新たな高みへとアップグレード。証としてシリアルナンバー入りプレートが配される。

インテリアも基本的にはヘルキャット仕様であるが、メーターパネル及びステアリングにはカーボンを用い、操作系スイッチにはボディと同色のリングなどを用いてアクセントを付けている。シートのヘッドレストにHennesseyの刺繍が施されているのみで、ブランドネームをさり気なく押し出すところが粋である。


THANKS:コーストモータリング【COAST MOTORING】

TEL:04-2946-7203
https://coast-jp.com


PHOTO&TEXT:編集部
アメ車マガジン 2022年11月号掲載


関連記事

RELATED


遂にこの時が来た…チャレンジャー&チャージャー2024年で生産終了!

世界的な脱ガソリン車の流れには逆らえず、2024年にダッジ・チャレンジャー、チャージャーの生産が中止になると発表された。半導体不足、円安に加えて生産中止ということも重なり、今後は新車の争奪戦が始まる…かもしれない。今のうちに、日本で買える新車購入の検討するのもありだろう。埼玉のオールインポートに、そんな大注目の新車チャレンジャー&チャレンジャーが並んでいる。

エアサスでもゼロヨンは可能、でもヘネシーの速さは異次元!

「カスタムカーって、見るだけで実際には走れないんじゃない?」と、そんなイメージを多くの人が持っているのでは。そんな先入観を払拭するために、コーストモータリングがゼロヨンという方法で、その走りを大検証してみた!

チャージャーを選択した時点で、出会うべくして出会った二人

Soul of Mopar DODGE CHARGER

【ワイルドスピードで大活躍!】本物のダッチ チャージャーの疾走感を検証

「ワイルド・スピード」でも大活躍のダッチ チャージャーをご紹介。第5世代と第6世代の間には約20年の空白期間があったものの、レトロフューチャーがブームとなり大注目!今回はダッジ・チャージャーに試乗して魅力を語りつくす。

Text & Photos|アメ車MAGAZINE

先代チャージャーのカスタマイズはコーストモータリングの大本命!

2006 DODGE CHARGER R/T

 

最新記事


2024/05/27

じゃがいも好きな店主が始めた、フレンチフライ専門のキッチンカー【FRIED pride】

バン

2000年型のGMC・サバナをベースにトーマス・ビルト・バス社が製作したスクールバスをキッチンカーとして使用する「FRIDE pride」はフレンチフライ専門店。関東圏で開催される週末のイベントに出店しており、鮮やかなイエローのバスが目印だ!

2024/05/25

満を持してコルベットに搭載されたハイブリッド型全輪駆動のeAWD

クーペ

シボレー

新車インプレッション

2024/05/24

自由気ままにアレンジ それがマイスタイル【1970 シボレーC-20】

ピックアップトラック

ビンテージ

シボレー

アクションラインのニックネームで親しまれているC/Kシリーズのセカンドジェネレーション、1970年型C-20を愛車とするオーナーさん。手に入れるや否や「ワークトラック」という方向性を定め、躊躇することなく思いを形に仕上げていっている。

2024/05/23

40フィートのコンテナを店舗にスケールアップ!【パラダイスバーガー】

ショップ

ランキング


2022/04/08

US日産の巨大ユーティリティバンのNV3500

バン

逆輸入車

2019 Nissan NV Passenger

2022/08/16

超絶ワイドのシボレーカマロのコンセプトは街乗りできる仕様

クーペ

シボレー

2012 CHEVROLET CAMARO SS

2021/06/11

史上初の200mph超えを果たした伝説の「快鳥」【プリマス・スーパーバード】

クーペ

ビンテージ

プリマス

1970 PLYMOUTH SUPERBIRD

2021/03/15

【注目のアメリカン雑貨】大阪の老舗ブランド、アンダーウッドが同業者の買い付け地に!

ショップ

大阪府吹田市の閑静な住宅街にあるユニークなショップ「アンダーウッドブランド」。ヴィンテージカーやオートバイからアパレル、多肉植物など幅広いアメリカンアイテムが豊富。同店はヴィンテージ・アイテムの素晴らしいコレクションを展示するだけでなく、カスタムカーやオートバイのレストアなど様々なサービスも提供しており、一度は訪れるべきショップ!
UNDERWOOD BRAND【アンダーウッドブランド】