ATでも充分楽しいですが、MTならもっと楽しいハズ【2014 ダッジ チャレンジャーR/T】

クーペ

ダッジ

アメマガ2022年11月号

チャレンジャー

チャレンジャーRT

カーボックス

広島県

THRILL RIDES

ナイトライダーを観たことがきっかけでマスタングに興味を持つが、幼馴染の三善さんがチャレンジャーを購入した事に触発され、自分もマッスルカーワールドに踏み込んでしまったそうだ。

THRILL RIDES


走る・曲がる・止まるを考慮し本当のチューニングを計画中

2014 DODGE CHALLENGER R/T

幼い時からアメ車が気になっていたが、維持費や燃費などを考えると「現実的じゃないな…」と諦めかけていた川西さん。ところが自分の幼馴染が先にチャレンジャーを買ってしまったから、正直、いてもたってもいられない。両親にアメ車に乗りたいと相談するも「馬鹿かお前は!」と、当たり前の様に一蹴されたとか。

だが、社会人1年目の時に頑張って資金を貯め、この春念願のRTを手に入れた。当初は反対していた両親も最終的には「今しか乗れないクルマに乗った方がいい」と理解を示してくれたとか。

ちなみに納車してまだ半年も過ぎていないが、川西さんも既にサーキットデビュー済み。初めて走った感想を聞いてみると「無我夢中で、ひたすら前だけ見て走っていました。でも、次も走りたいですね」と1度目でその魅力にドップリと浸かってしまった。

そんな川西さんの愛車は、ローダウンサスを組み込み、ヘルキャット純正ホイールをセット。今後は、より走りをアピールしたスタイルにすべく、スプリッターを追加したいとか。また、一般道では何ら問題はないが、サーキットではブレーキの甘さを実感したとも。一般道とサーキットの違いを如実に体感できるので、サーキット走行は非常に良い勉強になると語っており、非常に研究熱心な一面を感じさせてくれた。

余分な加飾は一切施さず、ある意味ストイックなシルエットと言える川西さんのチャレンジャー。今後の計画としてスプリッターなどの空力パーツやブレーキの強化を検討しているが、CARBOXの山西社長は「いずれMT車がきっと欲しくなるから、あまりカスタムしちゃダメだよ」とブレーキを掛けている様子。

ホイールはヘルキャットの純正を装着。決して純正品が悪いわけでは無いし、「どうせなら本物のアイテムをチョイスしよう」と山西社長が提案。

5.7ℓのHEMIを搭載。エアクリーナーに加え、マフラーはボーラに変更しているので、吸排気系のライトチューンによってレスポンスアップを図る。

ダウンサスを組み込み、コーナリング時の安定性を向上。サーキットではブレーキの甘さが露呈するそうで、この辺りを改善して行きたいそうだ。

「ATでも充分スポーツ走行が楽しめますが、やっぱり比較してしまうとMTが気になりますね」とは川西さんの弁。やはり乗り換えてしまうのか‥。

OWNER:川西 樹さん

三善さんとは幼稚園からの同級生で、まさに親友と言うべき関係。意識しないと言ったら、嘘になる。ある意味ライバルのおかげで、念願のチャレンジャーをこの春に入手した。


CARBOX【カーボックス】

TEL:082-815-8448
http://www.bs-carbox.jp/


Photo&Text:TAKEO ASAI
アメ車マガジン 2022年11月号掲載


関連記事

RELATED


色のコダワリは無いが、何故か黄色のチャレンジャーを3台乗り継ぐ

走れるチャレンジャーカスタムを提案するCARBOX。ヘルキャットオーナーの竹林さんは、実はこの車両が3台目のチャレンジャーだったりする。

走りが楽しいクルマだから、潜在能力を引き出したい!【2016 チャレンジャー392スキャットパック】

見せるカスタムを施したチャレンジャー数多くあるが、マッスルカーらしく走れるチャレンジャーを提案するのは、広島CARBOXがその最右翼。今回はマッスルカーの本質を楽しむ、オーナーを紹介しよう。

ファミリーカーとしてデュランゴヘルキャット

フルレストアされた極上のハコスカと、自慢のチャレンジャー・ヘルキャットワイドボディが並ぶ自宅ガレージ。しかしそこにはもう一台、奥様用の普通のファミリーカーも並ぶ。この光景に違和感を感じるようになり、相応しいクルマを探し求めたオーナーさん。その答えがデュランゴ・SRTヘルキャットだ。

アメ車なんて派手で興味ない、それが今では魅力にドップリハマる

Soul of Mopar 2016y Dodge Challenger R/T

大排気量マッスルカー、今乗らないでいつ乗るの?

大排気量エンジンこそ、アメ車の魅力!アメマガ読者の全員が、きっとそう思うだろう。だが世界的に見るとハイブリッドやEVへとシフトが進みそう。もちろんガソリン車が今すぐ乗れなくなるわけではないので、今こそ乗っておくべきだ!

 

最新記事


2024/06/18

美しすぎる魅惑のボディが69マスタングを華麗に輝かせる

クーペ

ビンテージ

フォード

ファーストマスタングと肩を並べるように、第二世代初期型である1969年型の人気は年々上昇している。そんな69年型が、内外装ともに美しい状態に仕上げられ、機関系もグッドコンディションともなれば、注目を浴びないわけがない。憧れの69マスタングを購入できる千載一遇のチャンスが到来だ!

2024/06/17

2.3Lと侮るなかれ次世代ポニーカーの大本命【フォード マスタング】

クーペ

フォード

生誕50周年記念モデルとしてリリースされた2015年型マスタング。ロングノーズ&ショートデッキを継承しつつも、ダウンサイジング志向な当時の時代背景を反映したエコブーストエンジンを搭載。次世代を担う大本命モデルとしての魅力に迫る!

2024/06/15

ジャンルやブランドを問わず、すべてのアメ車乗りをサポート!【グローバル】

ショップ

九州・熊本の地で、長きに渡りアメ車を取り扱い続けるグローバル。店頭にはジャンル、年代を問わず様々な車両を展示。またピットを見るとビッグ3が集結! 九州のアメ車乗りにとって、非常に心強い存在と言える。

2024/06/14

歳相応の姿ながら細部まで、綺麗なオリジナル志向【シボレーカマロベルリネッタ】

クーペ

ビンテージ

シボレー

Z28を筆頭にマッスルカーの代名詞としても捉えられ、プロスピード仕様などにカスタムされた個体が多い1979年型カマロのオリジナルストックを発掘!

ランキング


2024/06/18

美しすぎる魅惑のボディが69マスタングを華麗に輝かせる

クーペ

ビンテージ

フォード

ファーストマスタングと肩を並べるように、第二世代初期型である1969年型の人気は年々上昇している。そんな69年型が、内外装ともに美しい状態に仕上げられ、機関系もグッドコンディションともなれば、注目を浴びないわけがない。憧れの69マスタングを購入できる千載一遇のチャンスが到来だ!

2024/06/17

2.3Lと侮るなかれ次世代ポニーカーの大本命【フォード マスタング】

クーペ

フォード

生誕50周年記念モデルとしてリリースされた2015年型マスタング。ロングノーズ&ショートデッキを継承しつつも、ダウンサイジング志向な当時の時代背景を反映したエコブーストエンジンを搭載。次世代を担う大本命モデルとしての魅力に迫る!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]