色のコダワリは無いが、何故か黄色のチャレンジャーを3台乗り継ぐ

クーペ

ダッジ

アメマガ2022年11月号

チャレンジャー

チャレンジャーヘルキャット

ワイドボディ

カーボックス

広島県

THRILL RIDES

走れるチャレンジャーカスタムを提案するCARBOX。ヘルキャットオーナーの竹林さんは、実はこの車両が3台目のチャレンジャーだったりする。

THRILL RIDES


パワフルで走れるクルマなら、踏み込んで走りを楽しむベキ

2018 DODGE CHALLENGER HELLCAT WIDEBODY

今までは様々なアメリカンSUVを乗り継いできた竹林さん。しかし、マッスルカーの速さについていけなかった事で、黄色のMT仕様の392を購入。ところがその後、MTのヘルキャットが偶然見つかり乗り換えるが、それも黄色。ここで落ち着くかと思ったら、納車半年後に、現在の愛車となるヘルキャットワイド、言わば究極のMTが見つかってしまう。そして、ボディカラーは黄色…。奥様からは「いい加減にして!」と言われるものの、これもある意味縁というか、引きの強さとしか思えない。ましてや今、マッスルカーが入手困難な状況を考えれば、乗り換えない理由は無いだろう。

そんな竹林さんのヘルキャットワイドは、カナード的なエアロやディフューザーをフル装備。非常にレーシーなスタイルだがそれは見た目ではなく、キチンと機能部品としての役割も果たしている。

サスペンションはBCレーシングの車高調で、いずれは小径プーリーやコンピュータ、HREの軽量ホイール、5点式シートベルトまで計画中とか。ファミリーカーは他にあるのだが、竹林さんは「ライトウエイトコンパクトとは真逆クルマで、どこまで走りが追求できるか模索中です」と語る。

ある意味マッスルカーの名前の通りで、まさにその小悪魔的な部分にすっかり魅了中。だが、その勢いはまだまだ止まらなさそうだ。

ボディ各部には黄色と黒で、まさにSUPER BEEを意識したデカールを追加。ちなみにボンネットは2019年式以降に交換されており、スタイリングよりも冷却性能の向上を目的としている。

大型のリヤウイングやディフューザーを追加。特にリヤウイングの中央部はクリアパーツとしており、後方視界もしっかり確保。ただ目立つためのアイテムではなく、しっかりとダウンフォースも考慮。その上で、安全性も重視している。

ホイールは純正のままだがカラーリングを変更。タイヤレターはカーズのマックィーンを意識しワンオフで制作。NASCAR 的な雰囲気も演出する。

ブレーキ類はノーマルだが、キャリパーをボディ同色にアレンジ。またハブ部分にはパープルの差し色を施し、華やかな印象を足元に与える。

フロントのタワーバーだけでなく、リヤサスペンションにもタワーバーを追加。今まで様々な車両を見てきたが、ここまでのカスタムは初めてだ。

エンジンは6.2ℓ+スーパーチャージャー。サーキット走行には必要不可欠なオイルキャッチタンクを追加。またワンオフでストラットタワーバーも装着し、ボディ剛性をアップさせている。

ノーマルシートに4点式ベルトを装着するが、いずれはフルバケに5点式ベルトを計画中。その際にはリヤシートも外し軽量化を追求したいとか。

OWNER:竹林さん

アメ車歴は非常に長く、以前はサバーバンやユーコン、H2を所有。CARBOXTとの付き合いはH2からで、ツーリングの時に「マッスルの方が面白そう」と感じ、乗り換えたそうだ。


CARBOX【カーボックス】

TEL:082-815-8448
http://www.bs-carbox.jp/


Photo&Text:TAKEO ASAI
アメ車マガジン 2022年11月号掲載


関連記事

RELATED


ファミリーカーとしてデュランゴヘルキャット

フルレストアされた極上のハコスカと、自慢のチャレンジャー・ヘルキャットワイドボディが並ぶ自宅ガレージ。しかしそこにはもう一台、奥様用の普通のファミリーカーも並ぶ。この光景に違和感を感じるようになり、相応しいクルマを探し求めたオーナーさん。その答えがデュランゴ・SRTヘルキャットだ。

ATでも充分楽しいですが、MTならもっと楽しいハズ【2014 ダッジ チャレンジャーR/T】

ナイトライダーを観たことがきっかけでマスタングに興味を持つが、幼馴染の三善さんがチャレンジャーを購入した事に触発され、自分もマッスルカーワールドに踏み込んでしまったそうだ。

走りが楽しいクルマだから、潜在能力を引き出したい!【2016 チャレンジャー392スキャットパック】

見せるカスタムを施したチャレンジャー数多くあるが、マッスルカーらしく走れるチャレンジャーを提案するのは、広島CARBOXがその最右翼。今回はマッスルカーの本質を楽しむ、オーナーを紹介しよう。

大排気量マッスルカー、今乗らないでいつ乗るの?

大排気量エンジンこそ、アメ車の魅力!アメマガ読者の全員が、きっとそう思うだろう。だが世界的に見るとハイブリッドやEVへとシフトが進みそう。もちろんガソリン車が今すぐ乗れなくなるわけではないので、今こそ乗っておくべきだ!

遂にこの時が来た…チャレンジャー&チャージャー2024年で生産終了!

世界的な脱ガソリン車の流れには逆らえず、2024年にダッジ・チャレンジャー、チャージャーの生産が中止になると発表された。半導体不足、円安に加えて生産中止ということも重なり、今後は新車の争奪戦が始まる…かもしれない。今のうちに、日本で買える新車購入の検討するのもありだろう。埼玉のオールインポートに、そんな大注目の新車チャレンジャー&チャレンジャーが並んでいる。

 

最新記事


2024/06/20

パーツが少ないキャデラックもウイングオートでカスタム可能

キャデラック

人気が高い車種であるほど、アフターパーツも豊富にある。だがキャデラックの場合そのブランドイメージもあって、カスタムする人は少なく、パーツの選択肢も限られる。だがウイングオートなら、そんな悩みも解決してくれる!

2024/06/19

チャレンジャーに乗ることでアメ車に対する価値観が激変

クーペ

ダッジ

今までアメ車には一度も乗らず、日本車や欧州車を乗ってきたオーナーさん。そんな彼がなぜチャレンジャーを、しかもEDGE CUSTOMSを…。これまで様々なスタイルを紹介してきたが、チャレンジャーと出会い、アメ車の虜になったオーナーさん紹介しよう。

2024/06/18

美しすぎる魅惑のボディが69マスタングを華麗に輝かせる

クーペ

ビンテージ

フォード

ファーストマスタングと肩を並べるように、第二世代初期型である1969年型の人気は年々上昇している。そんな69年型が、内外装ともに美しい状態に仕上げられ、機関系もグッドコンディションともなれば、注目を浴びないわけがない。憧れの69マスタングを購入できる千載一遇のチャンスが到来だ!

2024/06/17

2.3Lと侮るなかれ次世代ポニーカーの大本命【フォード マスタング】

クーペ

フォード

生誕50周年記念モデルとしてリリースされた2015年型マスタング。ロングノーズ&ショートデッキを継承しつつも、ダウンサイジング志向な当時の時代背景を反映したエコブーストエンジンを搭載。次世代を担う大本命モデルとしての魅力に迫る!

ランキング


2024/06/19

チャレンジャーに乗ることでアメ車に対する価値観が激変

クーペ

ダッジ

今までアメ車には一度も乗らず、日本車や欧州車を乗ってきたオーナーさん。そんな彼がなぜチャレンジャーを、しかもEDGE CUSTOMSを…。これまで様々なスタイルを紹介してきたが、チャレンジャーと出会い、アメ車の虜になったオーナーさん紹介しよう。

2024/06/18

美しすぎる魅惑のボディが69マスタングを華麗に輝かせる

クーペ

ビンテージ

フォード

ファーストマスタングと肩を並べるように、第二世代初期型である1969年型の人気は年々上昇している。そんな69年型が、内外装ともに美しい状態に仕上げられ、機関系もグッドコンディションともなれば、注目を浴びないわけがない。憧れの69マスタングを購入できる千載一遇のチャンスが到来だ!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/06/17

2.3Lと侮るなかれ次世代ポニーカーの大本命【フォード マスタング】

クーペ

フォード

生誕50周年記念モデルとしてリリースされた2015年型マスタング。ロングノーズ&ショートデッキを継承しつつも、ダウンサイジング志向な当時の時代背景を反映したエコブーストエンジンを搭載。次世代を担う大本命モデルとしての魅力に迫る!