攻めの姿勢を貫くモンスターマシンシェルビーGT500の魅力とは

クーペ

フォード

アメマガ2022年12月号

BUBU阪神

兵庫県

マスタング

マスタング シェルビーGT500

2014年モデルを最後にシェルビーGT500のリリースが一旦は途絶えたものの、6年間の空白を経て復活を遂げた最高峰モデル。攻めの姿勢を貫くモンスターマシンの魅力とは?

760hpの圧倒的パフォーマンス!もはやモンスターマシン!


2020 FORD MUSTANG SHELBY GT500

7速DCTでクィックに操る新感覚の次世代マッスルカー

以前から大排気量NAエンジンのマッスルカーは年々減少傾向、さらに言えばスティックシフトのマニュアル車も同様に希少価値が高まってくると警笛を鳴らし続けているが、そんなマニュアルシフトの次世代版として注目されているのがパドルシフト。DCT(デュアルクラッチトランスミッション)の導入で、ATシフトのダイヤル化が進んだ昨今、往年のマッスルカーに見られるHURSTシフターや、マニュアルシフトならではの球体を握りしめて左足でクラッチを踏みながらシフトチェンジを行なう動作は、歳を重ねるごとに希少となりつつある。

紹介するGT500はその次世代を担う大本命としてオススメ出来る現行版のハイパフォーマンスマッスルカーだ。フォードGTにも採用される7速DCTのダイヤル式セレクターを軸に、ステアリング後ろのパドルシフトで意のままに操る。その反応はわずか0.1秒とほぼタイムラグなしでダイレクトかつクィック。シフトダウン時に自動で回転数を合わせるオートブリッピング機能を搭載しており、噂ではマニュアルモデルよりも速いとの声も。760hpのハイパフォーマンスが話題の中心となり、スペックばかりに気を取られがちではあるが、こうした革新的な進化も相まってビジュアル&パフォーマンスのみならずフィーリングまで体感できるレベルでアップデートされている点は特筆物だ。

で、肝心のエンジンはGT350にも搭載されていたV8NAエンジンがベースとなるが、そこへスーパーチャージャーをプラスし、フラットプレーンのクランクシャフトはクロスプレーンに、さらにはカーボン製のタワーバーを追加する。熟練のマイスターが組み込んだ証としてネーム刻印入りのプレートが装飾されるなど特別なモデルらしい装いも抜かりない。一生モノとして勧められるクルマはそう多くないが、GT500はまさにその価値ありだ!

空力学に基づくレーシーでアグレッシブなスプリッター、ボンネットベンチレーションの立体的なフォルム造型美や図太いトルクフルなエギゾーストノートなど、視覚的、聴覚的にもモンスターマシンらしさを色濃く感じさせるGT500。

16.5インチのブレンボブレーキは市販車としては最大サイズ。専用の20 インチホイールにはフロント305/30R20、リア315/30R20をマウント。本国オプションではカーボンホイールの設定も可能。

5.2ℓのNAエンジンをベースにスーパーチャージャーを追加して760hpのハイパフォーマンスを実現。ライバルはいわずもがなチャレンジャーのヘルキャットあたりではあるが、攻めの姿勢に徹している点で言えばシェルビーGT500の方が刺激的。

スエード素材のステアリングとパドルシフトを採用。シフトが存在しないダイヤル式のスッキリしたコックピットはレーシーでスパルタンでありつつも、洗練されたスマートな印象。助手席前にはシェルビーのプレートがあしらわれる。


BUBU HANSHIN【BUBU阪神】

TEL:06-6427-5151
https://www.bubu.co.jp


PHOTO&TEXT:石井秋良
アメ車マガジン 2022年12月号掲載


最新記事


2024/06/18

美しすぎる魅惑のボディが69マスタングを華麗に輝かせる

クーペ

ビンテージ

フォード

ファーストマスタングと肩を並べるように、第二世代初期型である1969年型の人気は年々上昇している。そんな69年型が、内外装ともに美しい状態に仕上げられ、機関系もグッドコンディションともなれば、注目を浴びないわけがない。憧れの69マスタングを購入できる千載一遇のチャンスが到来だ!

2024/06/17

2.3Lと侮るなかれ次世代ポニーカーの大本命【フォード マスタング】

クーペ

フォード

生誕50周年記念モデルとしてリリースされた2015年型マスタング。ロングノーズ&ショートデッキを継承しつつも、ダウンサイジング志向な当時の時代背景を反映したエコブーストエンジンを搭載。次世代を担う大本命モデルとしての魅力に迫る!

2024/06/15

ジャンルやブランドを問わず、すべてのアメ車乗りをサポート!【グローバル】

ショップ

九州・熊本の地で、長きに渡りアメ車を取り扱い続けるグローバル。店頭にはジャンル、年代を問わず様々な車両を展示。またピットを見るとビッグ3が集結! 九州のアメ車乗りにとって、非常に心強い存在と言える。

2024/06/14

歳相応の姿ながら細部まで、綺麗なオリジナル志向【シボレーカマロベルリネッタ】

クーペ

ビンテージ

シボレー

Z28を筆頭にマッスルカーの代名詞としても捉えられ、プロスピード仕様などにカスタムされた個体が多い1979年型カマロのオリジナルストックを発掘!

ランキング


2024/06/17

2.3Lと侮るなかれ次世代ポニーカーの大本命【フォード マスタング】

クーペ

フォード

生誕50周年記念モデルとしてリリースされた2015年型マスタング。ロングノーズ&ショートデッキを継承しつつも、ダウンサイジング志向な当時の時代背景を反映したエコブーストエンジンを搭載。次世代を担う大本命モデルとしての魅力に迫る!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/06/14

歳相応の姿ながら細部まで、綺麗なオリジナル志向【シボレーカマロベルリネッタ】

クーペ

ビンテージ

シボレー

Z28を筆頭にマッスルカーの代名詞としても捉えられ、プロスピード仕様などにカスタムされた個体が多い1979年型カマロのオリジナルストックを発掘!

2020/04/14

鹿児島の覇王ホイールズから、令和元年におけるアメリカ最旬トレンドを伝授!

SUV

ハマー

ホイール

AMERICAN 4X4 & TRUCK
HUMMER H2