攻めの姿勢を貫くモンスターマシンシェルビーGT500の魅力とは

クーペ

フォード

アメマガ2022年12月号

BUBU阪神

兵庫県

マスタング

マスタング シェルビーGT500

2014年モデルを最後にシェルビーGT500のリリースが一旦は途絶えたものの、6年間の空白を経て復活を遂げた最高峰モデル。攻めの姿勢を貫くモンスターマシンの魅力とは?

760hpの圧倒的パフォーマンス!もはやモンスターマシン!


2020 FORD MUSTANG SHELBY GT500

7速DCTでクィックに操る新感覚の次世代マッスルカー

以前から大排気量NAエンジンのマッスルカーは年々減少傾向、さらに言えばスティックシフトのマニュアル車も同様に希少価値が高まってくると警笛を鳴らし続けているが、そんなマニュアルシフトの次世代版として注目されているのがパドルシフト。DCT(デュアルクラッチトランスミッション)の導入で、ATシフトのダイヤル化が進んだ昨今、往年のマッスルカーに見られるHURSTシフターや、マニュアルシフトならではの球体を握りしめて左足でクラッチを踏みながらシフトチェンジを行なう動作は、歳を重ねるごとに希少となりつつある。

紹介するGT500はその次世代を担う大本命としてオススメ出来る現行版のハイパフォーマンスマッスルカーだ。フォードGTにも採用される7速DCTのダイヤル式セレクターを軸に、ステアリング後ろのパドルシフトで意のままに操る。その反応はわずか0.1秒とほぼタイムラグなしでダイレクトかつクィック。シフトダウン時に自動で回転数を合わせるオートブリッピング機能を搭載しており、噂ではマニュアルモデルよりも速いとの声も。760hpのハイパフォーマンスが話題の中心となり、スペックばかりに気を取られがちではあるが、こうした革新的な進化も相まってビジュアル&パフォーマンスのみならずフィーリングまで体感できるレベルでアップデートされている点は特筆物だ。

で、肝心のエンジンはGT350にも搭載されていたV8NAエンジンがベースとなるが、そこへスーパーチャージャーをプラスし、フラットプレーンのクランクシャフトはクロスプレーンに、さらにはカーボン製のタワーバーを追加する。熟練のマイスターが組み込んだ証としてネーム刻印入りのプレートが装飾されるなど特別なモデルらしい装いも抜かりない。一生モノとして勧められるクルマはそう多くないが、GT500はまさにその価値ありだ!

空力学に基づくレーシーでアグレッシブなスプリッター、ボンネットベンチレーションの立体的なフォルム造型美や図太いトルクフルなエギゾーストノートなど、視覚的、聴覚的にもモンスターマシンらしさを色濃く感じさせるGT500。

16.5インチのブレンボブレーキは市販車としては最大サイズ。専用の20 インチホイールにはフロント305/30R20、リア315/30R20をマウント。本国オプションではカーボンホイールの設定も可能。

5.2ℓのNAエンジンをベースにスーパーチャージャーを追加して760hpのハイパフォーマンスを実現。ライバルはいわずもがなチャレンジャーのヘルキャットあたりではあるが、攻めの姿勢に徹している点で言えばシェルビーGT500の方が刺激的。

スエード素材のステアリングとパドルシフトを採用。シフトが存在しないダイヤル式のスッキリしたコックピットはレーシーでスパルタンでありつつも、洗練されたスマートな印象。助手席前にはシェルビーのプレートがあしらわれる。


BUBU HANSHIN【BUBU阪神】

TEL:06-6427-5151
https://www.bubu.co.jp


PHOTO&TEXT:石井秋良
アメ車マガジン 2022年12月号掲載


最新記事


2024/02/27

走りを追求するクルマからモーターホームまで対応!【WOT'S】

ショップ

アメ車専門店と言っても、マッスルカーやSUV、さらにはモーターホームなど、ジャンルで別れるのが殆ど。だが、それらすべてを扱うオールジャンルなアメ車専門店と言えるのが、熊本のワッツだ。

2024/02/26

アナタ好みのキャンピングカー造ります【VORTEX YOKOHAMA】

バン

キャンピング

シボレー

誰に気兼ねすることなく自由を追い求めてキャンプを楽しむのであれば、既成ではなくトコトンこだわり抜いた仕様へと仕上げられた内装のキャンピングカーで謳歌したくはないだろうか?それを具現化してくれるのがヴォルテックス横浜だ。

2024/02/23

マッスルカーライフを満喫!我が家の家訓、男なら“男らしいクルマ”に乗れ!

クーペ

ダッジ

高校生の頃に乗ると決めたチャレンジャー。父の援助もあって購入したから、父にも乗る権利はある。そんな息子のチャレンジャーに乗ると余りにも楽しすぎて、内緒で自分もチャレンジャーを購入。友人のような関係を築きながら、マッスルカーライフを満喫するオーナーさん親子を紹介しよう!

2024/02/22

長年に渡って見続けてきた老舗アメ車ショップにOBS の“イマ”を聞いた【ブルーリバー】

ショップ

1990年代から2000年代初頭のアストロブームと共に、アメ車シーンをけん引してきた関西の老舗アメ車専門店ブルーリバー。OBSの過去と現在を知る有識者として、当時から25年に渡ってブルーリバーを守り続ける代表の山倉氏に話を伺ってきた。

ランキング


2024/02/26

アナタ好みのキャンピングカー造ります【VORTEX YOKOHAMA】

バン

キャンピング

シボレー

誰に気兼ねすることなく自由を追い求めてキャンプを楽しむのであれば、既成ではなくトコトンこだわり抜いた仕様へと仕上げられた内装のキャンピングカーで謳歌したくはないだろうか?それを具現化してくれるのがヴォルテックス横浜だ。

2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]

2021/03/15

【注目のアメリカン雑貨】大阪の老舗ブランド、アンダーウッドが同業者の買い付け地に!

ショップ

大阪府吹田市の閑静な住宅街にあるユニークなショップ「アンダーウッドブランド」。ヴィンテージカーやオートバイからアパレル、多肉植物など幅広いアメリカンアイテムが豊富。同店はヴィンテージ・アイテムの素晴らしいコレクションを展示するだけでなく、カスタムカーやオートバイのレストアなど様々なサービスも提供しており、一度は訪れるべきショップ!
UNDERWOOD BRAND【アンダーウッドブランド】

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】