現行のチャレンジャーからビンテージモパーへ!【1973 PLYMOUIH BARRACUDA‘CUDA】

クーペ

ビンテージ

プリマス

アメマガ2023年1月号

バーニーズ

三重県

アメ車を10倍楽しむ方法

バラクーダクーダ

バラクーダ

ビンテージマッスルに魅せられし7人のカーマニアたち【バーニーズ】

AMERICAN VINTAGE CAR
OWNERS@BERNESE File-5 / OWNER:CHARO

アメ車を10倍楽しむ方法!


デジタルよりアナログの方が手を入れやすくて面白い

AMERICAN VINTAGE CAR
OWNERS@BERNESE File-5 / OWNER:CHARO

ここ数年、現行型チャレンジャーをキッカケにモパーマッスルに興味を持ち、ステップアップしてSRTやヘルキャットを狙うパターンと、ビンテージの方へと足を踏み入れる二極化が進んでいると感じている筆者。紹介するチャロさんはその後者で、現行チャレンジャーに乗ってアメ車仲間とツーリングやミーティングを愉しんでいたが、次第に仲間内でもビンテージモデルへの乗り換えが目立つ様になり、仲間が当たり前に乗ってロングドライブをこなす姿を目の当たりにして、当初抱えていた旧車への不安が払しょくされたと言う。

 

そこでお眼鏡にかなうビンテージモパー探しに徹する中で見つけたのが、バーニーズが在庫していたバラクーダだ。4灯の丸テールなどフォルム造型は同年代のチャレンジャーに近いものの、バラクーダならではの個性に惹かれたことも即決の理由だ。

 

オールペンしたオレンジのボディと、あえてスチールホイールに変更して黒く塗装したブラックスチール×クロームキャップのボトムも当時らしくて好印象。エンジンは318をベースに340へボアアップ。強化ATにファンシュラウド製作など、ビジュアル&パフォーマンス共にアップデート。着々と自分色に染めていくビンテージモパーライフも粋である。

現行のチャレンジャーからビンテージモパーへ!

1973 PLYMOUIH BARRACUDA‘CUDA

搭載するエンジンは318がベースとなるが、340へとボアアップを敢行。強化ATやファンシュラウト製作も抜かりない。旧車ならではの醍醐味だ。

メーター類はすべてオートメーター製に換装され、ドア内張りにはコアキシャルのスピーカーをインストール。何もかもフルオリジナルにこだわらなくとも雰囲気にマッチしてなによりオーナー自身が乗っていて心地良いことが正解。


THANKS:バーニーズ

TEL:059-227-6365
HP:http://bernese.co.jp


PHOTO&TEXT:石井秋良
アメ車マガジン 2023年1月号掲載


最新記事


2024/06/20

パーツが少ないキャデラックもウイングオートでカスタム可能

キャデラック

人気が高い車種であるほど、アフターパーツも豊富にある。だがキャデラックの場合そのブランドイメージもあって、カスタムする人は少なく、パーツの選択肢も限られる。だがウイングオートなら、そんな悩みも解決してくれる!

2024/06/19

チャレンジャーに乗ることでアメ車に対する価値観が激変

クーペ

ダッジ

今までアメ車には一度も乗らず、日本車や欧州車を乗ってきたオーナーさん。そんな彼がなぜチャレンジャーを、しかもEDGE CUSTOMSを…。これまで様々なスタイルを紹介してきたが、チャレンジャーと出会い、アメ車の虜になったオーナーさん紹介しよう。

2024/06/18

美しすぎる魅惑のボディが69マスタングを華麗に輝かせる

クーペ

ビンテージ

フォード

ファーストマスタングと肩を並べるように、第二世代初期型である1969年型の人気は年々上昇している。そんな69年型が、内外装ともに美しい状態に仕上げられ、機関系もグッドコンディションともなれば、注目を浴びないわけがない。憧れの69マスタングを購入できる千載一遇のチャンスが到来だ!

2024/06/17

2.3Lと侮るなかれ次世代ポニーカーの大本命【フォード マスタング】

クーペ

フォード

生誕50周年記念モデルとしてリリースされた2015年型マスタング。ロングノーズ&ショートデッキを継承しつつも、ダウンサイジング志向な当時の時代背景を反映したエコブーストエンジンを搭載。次世代を担う大本命モデルとしての魅力に迫る!

ランキング


2024/06/19

チャレンジャーに乗ることでアメ車に対する価値観が激変

クーペ

ダッジ

今までアメ車には一度も乗らず、日本車や欧州車を乗ってきたオーナーさん。そんな彼がなぜチャレンジャーを、しかもEDGE CUSTOMSを…。これまで様々なスタイルを紹介してきたが、チャレンジャーと出会い、アメ車の虜になったオーナーさん紹介しよう。

2024/06/18

美しすぎる魅惑のボディが69マスタングを華麗に輝かせる

クーペ

ビンテージ

フォード

ファーストマスタングと肩を並べるように、第二世代初期型である1969年型の人気は年々上昇している。そんな69年型が、内外装ともに美しい状態に仕上げられ、機関系もグッドコンディションともなれば、注目を浴びないわけがない。憧れの69マスタングを購入できる千載一遇のチャンスが到来だ!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/06/17

2.3Lと侮るなかれ次世代ポニーカーの大本命【フォード マスタング】

クーペ

フォード

生誕50周年記念モデルとしてリリースされた2015年型マスタング。ロングノーズ&ショートデッキを継承しつつも、ダウンサイジング志向な当時の時代背景を反映したエコブーストエンジンを搭載。次世代を担う大本命モデルとしての魅力に迫る!