オフロードトレーラーなら、本当に自由な旅が実現可能

キャンピング

アウトドア

アメマガ2023年1月号

スカイオート

埼玉県

アメ車と楽しめ「ソト遊び」

オーバーランドスペックアウトドア

クルマにオーニングやルーフトップテントを搭載し、自由気ままな旅を楽しむオーバーランドスタイル。オーストラリアが発祥となるが、それをよりグレードアップさせたのが、OSOのオフロードキャンパーズだ。

アメ車と楽しめ「ソト遊び」-ENJOY!! OUTDOOR STYLE-


SUV同等のクリアランス、これなら何処へでも行ける

OSO OFF-ROAD CAMPERS

整備されたオートキャンプ場よりも、もっと大自然を楽しみたい! 最近はそういったアウトドアライフが広まっているとはいっても快適性は見過ごせない。だが一般的なキャンピングトレーラーでは、オフロードに入れやしない。そんなジレンマを抱くオーナーのために、アウトドア用のヘビーデューティーなバッグやケースをラインナップするOSOから、アウトドアに最適なオフロードトレーラーが登場した!

 

販売は魅力的なアメ車の直輸入販売を行なっているスカイオートで、一度に3モデルをラインナップ。最大の特徴はその名が示す通りロードクリアランスの大きさで、一番小さいタイヤサイズでも、215/75R15を装備。これはジムニーなどの純正タイヤとほぼ同等の大きさなので、オフロード走行も可能。まさに行きたいところでキャンプを楽しむ自由を手に入れられる。エクステリアはOSOらしくブラックを基調としており、落ち着いたスタイリングも魅力と言える。

 

オフロードトレーラーのほかにもルーフトップテントもラインナップしているので、まずは手軽にオーバーランドスタイルを楽しみたいなら、ここからスタートするのもアリだろう。眺めて夢を描くのも良いけれど、今までと違う、新しい世界の扉を開いてはいかがかな?

OSO OFF-ROAD CAMPERS
BASE-TENTTOP

薄いトレーラーがソフトトップテントにチェ〜ンジ♪

OSOのラインナップの中で、もっとも大きなサイズとなるのがこのBASE-TENTTOP。全長は5.3mあるが、高さは何と1.4m!だが、格納されたテントを前方に展開すると、ベッドルームやリビングスペースを備えたソフトトップテントに大変身! キッチン設備はボディサイドに収納できるので、スリムだがすべてがワンパッケージに収まっている。また非常に薄く設計されているので、横風の影響も受けにくいという恩恵もある。

OSO OFF-ROAD CAMPERS
BASE-DROP 2A

本格4WDと同等のタイヤサイズを装着する!

ボディ後端のスラントしたルーフを開くと、キッチンスペースが出現!リビングスペースは左右どちらかからもアクセスが可能で、サイドオーニングも装着。電源などもしっかり確保するが、最大の魅力はその大きなタイヤサイズ!265/75R16は、本格的な4WDの多くが純正採用するサイズに匹敵するので、ヘッド車が通れる道なら何処へでもついて行ける。この走破性の高さこそ、OSOがほかのキャンピングトレーラーと決定的に異なる点だ。

OSO OFF-ROAD CAMPERS
BASE-BOX(S)

「何よりも快適な居住性が大事!」と言う人にオススメ

「キッチンはもちろん大事、しかも車内で立って生活したい!」。意外かも知れないがこれは非常に重要なポイント。BASE-BOX は設営後にルーフを上げることが可能なので、大人が窮屈な思いをしないで生活することが可能だ。2000W のインバーターも備えており、電源などない荒野でも、快適なアウトドアライフをエンジョイできる。一般的なキャンピングトレーラーと同等の設備を備えながら、広い行動半径を実現。ある意味、非常にワガママなモデルと言える。

OSO OFF-ROADCAMPERS
Roof-top tent

クルマを停めた場所がそのまま今日の寝床となる

手軽にオーバーランドスタイルを楽しみたいなら、やっぱりルーフトップテントがオススメ。3方向に窓が設けられており、いずれにもスクリーンが標準装備されるので、オールシーズン活躍する。またルーフ部分の強度も確保されているので、OSOのヘビーデューティボックスを積載することも可能。テントとしての役割はもちろんだが、ルーフキャリアとしても活用できるので、見た目のスタイルだけではなく、ユーティリティを高めてくれるアイテムと見るべきだ。


OVERLAND SPEC OUTDOORS

http://overlandspecoutdoors.com


スカイオート【SkyAuto】

住所:〒343-0804 埼玉県越谷市南荻島708-1
TEL:048-976-1235
営業時間:10:00-20:00
定休:第2・第4火曜日・毎週水曜日
https://www.skyauto.co.jp


PHOTO:浅井岳男
TEXT:空野陵
アメ車マガジン 2023年1月号掲載


関連記事

RELATED


使えば分かるその便利さと楽しさ!OSOオフロードキャンパーズを実際に使ってみよう!

気軽に自由な旅を楽しめるオーバーランドスタイルをサポートする、OSOオフロードキャンパーズ。販売するスカイオートが実際にユーザーに使ってもらい、その便利さと楽しさを知ってもらおうと、キャンプ&BBQを開催。

大きなアウトドアギアやクルマまで何でも積載可能

トレーラーが欲しい!それもキャンピングではなく荷物やアウトドアギアを気兼ねなく積載できるもの。でもシンプルなカーゴトレーラーや、クルマを運べる物は少ない。そんなユーザーの悩みを解決してくれるのがMAROYAだ。

日本に最適なフォードのキャンピングカー欧州で登場

キャンピングカーは、ボディサイズと比例して装備も充実するのは間違いないが、5m未満のコンパクトサイズで、装備充実のキャンピングカーが欧州フォードで販売している。商用バンのトランジットをベースにし、イギリス仕様では右ハンドルのナゲット。これは間違いなく、日本でも活躍しそうだ。

キャンピングトレーラー泊で非日常のアウトドアを満喫!

牽引免許不要の本格的なキャンピングトレーラー・X-CABINを取り扱うエフェクトメイジが、三重県に「フリー&イージーキャンプリゾート」をオープン!最新のLED照明を駆使したイルミネーションで彩る幻想的なナイトシーンは必見!

オールブラックのH2は安定した走りでトランスポーターとして活躍

GO! GO! OUTDOORS!!
アメ車と楽しめ「ソト遊び」
PLAY FOR THE SHEER JOY OF OUTDOOR
Hummer H2

 

最新記事


2024/03/04

理想のC8コルベットを求めて特別なエアフォースエアサス施工

クーペ

シボレー

ホイール

突然目覚めたアメリカンスポーツへの道。そして、誰もまだ見ぬC8コルベットの姿を目指した中内さん。世界初となる特別なエアフォース・エアサスを搭載し、ZERO DESIGNフルカーボンをまとって、C8コルベットの最先端を走る!

2024/03/01

愛らしくて、走りがいいレネゲードでソロキャン!

SUV

ジープ

2024/02/29

日本ではまず見ることがないラムトラックのレッカー仕様

ピックアップトラック

ダッジ

ジムニー専門店「ファッドスター」の店頭に鎮座するのは91年型ダッジ・ラム350。レッカー仕様という日本ではほとんど見ることのないモデル。しかも新車で購入して日本で登録したという個体だ。

2024/02/28

カスタムショップをコンセプトに尖った個性で人気のお店【THE KOBY'S】

ショップ

18歳の頃から“いつか自分のお店を持ちたい!”という夢を掲げてきた高味さん。そんな思いを抱きつつもあっという間に10年が過ぎ、このまま30代へと突入してしまったら夢のまま終わらせてしまうと、一念発起!

ランキング


2024/03/04

理想のC8コルベットを求めて特別なエアフォースエアサス施工

クーペ

シボレー

ホイール

突然目覚めたアメリカンスポーツへの道。そして、誰もまだ見ぬC8コルベットの姿を目指した中内さん。世界初となる特別なエアフォース・エアサスを搭載し、ZERO DESIGNフルカーボンをまとって、C8コルベットの最先端を走る!

2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2016/11/04

超レアなマスタング、1969年モデルのBOSS429!

クーペ

ビンテージ

フォード

1969y FORD MUSTANG BOSS 429