【カリフォルニアモーターズ】西海岸をテーマにする複合カーショップ

ショップ

アメマガ2023年2月号

カリフォルニアモーターズ

埼玉県

アメマガリコメンドショップ

クルマ・カフェ・グッズが揃い、多くの人が集まれる場所がコンセプト【カリフォルニアモーターズ】

アメマガリコメンドショップ


埼玉県三郷市にアメ車の新スポットが誕生!
カリフォルニアモーターズ【CALIFORNIA MOTORS】

www.california-motors.jp

西海岸をテーマにし、店内にはカフェやアウトドアグッズが並ぶ複合カーショップ「カリフォルニアモーターズ」が、11月1日に埼玉県三郷市にオープンした。誰もが気軽に訪れることができ、賑わいのある、今までにないショップとして注目を浴びていきそうだ。

カーショップの概念を覆し、誰もが気軽に訪れるショップへ

細かい部分に拘ったことで、予定オープン日が大きくズレこんでいたカリフォルニアモーターズが、2022年11月1日(火)にオープンとなった。店舗のある埼玉県三郷市は、高速道路のジャンクションがある高速移動の要衝。さらに近年では、コストコ、イケア、ららぽーと新三郷などがオープンするなど、三郷市は県内外から多くの人が訪れる注目スポットだ。

そうした注目を浴びる三郷市に、「気軽に人が集まれる場所」として今までにないカーショップを作ろうと動き出したのが、輸入車販売、カフェ経営など様々な事業を手掛けるバーキングループの代表・関根氏だ。自身が昔、バンド活動時代にカリフォルニアを訪れた際、自分のライフスタイルを主張する多くのクルマとオーナーに出会ったことで、クルマは単なる移動手段ではなく、クルマに乗って訪れる場所や手にするものに拘ることが、ライフスタイルとして確立していることを実感。その経験をもとに、カリフォルニアのカフェのような店舗で、アウトドアグッズなどのアイテムも販売し、まさにライフスタイルの起点となるカーショップとして、カリフォルニアモーターズは誕生した。

店内は、バリスタ監修の本格的なコーヒーとバーガーが人気のスタークコーヒーが入店し、様々な専門書が並ぶブックカフェスタイル。さらに、カリフォルニアのサーフブランドALMONDなどのアウトドアグッズエリアなどが設けられ、まさに複合施設。もちろんカーショップ故に、専門スタッフが常駐しマスタング・マック1などを展示販売している。

 

今までにないスタイルを取り入れたカリフォルニアモーターズ。これが新しいカーショップの姿だ。

今後も発展しながら成長を遂げていくカリフォルニアモーターズ

店舗はカリフォルニア工務店が設計。店内に入ると目に飛び込んでくるのが、カリフォルニアモーターズの大きな看板。ここにはステージも設けられ、ライブやYouTubeなどの撮影が行われる予定。ブックエリアには本誌の他、様々なクルマ専門誌が並ぶ。

サーフ系・アウトドアアイテムも並ぶ

物販エリアは、店舗デザインを手がけたカリフォルニア工務店のアイテムや、カリフォルニアのサーフブランドALMOND、DULTONのアウトドアアイテムが並ぶ。商品のラインナップは定期的に入れ替えがされる予定。また今後は、クルマ&バイク用品が並ぶエリアも作られ、他では余り見かけないアイテムが並ぶようだ。

“カリフォルニアを走る” をイメージした、拘りのクルマも展示販売

あくまでも基本はカーショップだけに、専門スタッフが常駐して販売車両などのクルマ部門を担当する。店内ショールームには、新車マスタング・マッハ1(右ハンドル)が展示中。店舗近くには、輸入車販売を行なう同じバーキングループのショップもあるため、カリフォルニアモーターズで車検や修理の対応も可能だ。


店内には本格カフェSTARK COFFEE(スタークコーヒー)が入店

バーキングループが展開する、バリスタ監修で本格的なコーヒーを堪能できるスタークコーヒー三郷インター店が店内に併設。テラス席もあり、のんびりクルマを眺めながら食事ができる。ドライブスルーも行なっており(ドリンクのみ)、ドライブの出発地としても利用可能だ。下写真は、スタークコーヒー名物のアニマルダブルチーズバーガー。100%ビーフパテと地元野菜を使った、超ビックサイズのバーガーだ。他にも、ワイルドクリスピーチキンバーガーもおススメ!


スタークコーヒー名物 アニマルダブルチーズバーガー
この大きさは、まさにアメリカン


カリフォルニアモーターズ
スタークコーヒー三郷インター店

住所:〒341-0026埼玉県三郷市幸房480
営業時間:日曜~木曜日10:00-20:00
    :金土、祝前日10:00-22:00
定休日:火曜日(祝日の場合営業)
HP: www.california-motors.jp
TEL:048-954-9495


アメ車マガジン 2023年 2月号掲載

関連記事

RELATED


アメ車を取り扱うスカイオートのユーザーに集まってもらい、購入した経緯などを語ってもらった。

アメ車が欲しいけど専門店は敷居が高い…、と思い二の足を踏んでいる人は、非常に多いのでは? そんな悩みを解消するには、口コミというかナマの声が一番。そこで、様々なアメ車を取り扱うスカイオートのユーザーに集まってもらい、購入した経緯などを語ってもらった。

アメ車に関してトータルでサポートするコーストモータリング

どちらかと言えば訪れにくいイメージの強いアメ車ショップ。そのため初めての時はドキドキだったりする。だが訪れてみて話をすれば、何を戸惑っていたんだと思うもの。コーストモータリングはとってもフレンドリーで、どんなことでも親身になって対応してくれる、まさに頼れる兄貴的ショップだ。

ジャンルを問わず様々な豊富なアメ車を在庫する!【コンフィデント】

近年、成長著しいアメ車専門店が札幌にある。それは、本誌に幾度となく登場しているコンフィデントだ。現在の店舗に移転してからユーザーが殺到しており、販売だけでなく買取も実施中だ。

ショールームとファクトリーが一体となってサービスが拡充【スペース横浜】

これまで横浜市都筑区佐江戸町に店舗を構え、神奈川を主軸としていたスペース横浜が、横浜市都筑区池辺町に新社屋を構えて3月26日から始動。店舗前に植えられた大きなヤシの木が目印で、ここだけはアメリカ西海岸のテイストが漂っている。

ビンテージアイテムに特化した「KANCHI HOUSE」を紹介しよう。

アメ車に乗っていたら、やっぱりアメリカンカルチャーは否応なしに気になるもの。以前から全国各地のアメリカン雑貨専門店を紹介してきたが、今回はその中でもビンテージアイテムに特化した「KANCHI HOUSE」を紹介しよう。

 

最新記事


2023/06/02

-フリースタイルで行こう- #26 1/24ダイキャストモデルの世界

コラム

2023/06/01

北海道BUBUが展開するジープ札幌東は、クルマを購入するだけのお店ではない。

ジープ

ショップ

SUVは色々あるけれど、やっぱり四駆の代名詞と言えばジープ。そんなユーザーが日に日に増加しているが、北海道ブブが展開するジープ札幌東は、クルマを購入するだけのお店ではない。

2023/05/31

攻めの姿勢を貫くモンスターマシンシェルビーGT500の魅力とは

クーペ

フォード

2014年モデルを最後にシェルビーGT500のリリースが一旦は途絶えたものの、6年間の空白を経て復活を遂げた最高峰モデル。攻めの姿勢を貫くモンスターマシンの魅力とは?

2023/05/30

マグナム&300Cをベースにするフェイスリフト。

ボディワーク

ガレージジョーカーで今、プロジェクトが進行中だ。それが、マグナム&300Cをベースにするフェイスリフト。手始めにお互いのフェイスを入れ替えたモデルを披露するが、最終的にあの人気モデルのフェイスを移植する予定だ。

ランキング


2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]

2021/03/15

大阪の老舗アメリカン雑貨のアンダーウッドブランドには同業者も買い付けに訪れる

ショップ

UNDERWOOD BRAND【アンダーウッドブランド】

2023/06/02

-フリースタイルで行こう- #26 1/24ダイキャストモデルの世界

コラム

2020/07/07

ローダウンで都会派にキメる。SENSのJLラングラーカスタムスタイル

SUV

ジープ

THE AMERICAN 4×4 & TRUCK
JEEP JL WRANGLER SAHARA