こう見えても家族の送迎車、子供のために内装をアレンジ【キャデラック エスカレード】

SUV

キャデラック

アメマガ2023年3月号

エスカレード

EXOTIC CUSTOMS

これまで乗った愛車はみんなカスタムし、しかもどれも2年で手放すことが殆どだったと語るのりさん。エスカレードはラグジュアリーなスタイルが似合うけど、ほかとは違う方向性で個性を主張する。

EXOTIC CUSTOMS


外観はビーストで中はメルヘン♡その意外性やギャップを楽しむ!

'18 CADILLAC ESCALADE

「カスタムするからには徹底的に追求したいけど、実用性はスポイルしない!」というポリシーを持つのりさん。若かりし頃にC4のコンバーチブルに乗ってことはあるが、それ以降は国産や欧州車を乗り継ぎ、久々にアメ車に戻って来たのが2年前のこと。きっかけは奥様の「子供たちも大きくなってきたし、広いクルマにしたら?」という一言。奥様的にはアルファード辺りのツモリだったそうだが、人とは違うクルマで、しかもカスタムしたいのりさんは、エスカレードをチョイス!

「いざ乗ってみるとブレーキの甘さを最初に感じましたね。あと、大統領護衛車の様なオジサン臭さを払拭し、若者らしさを採り入れています。サスペンションはフルノーマルのままですが、低く見せるためにエアロを装着し、ホイールを変更。これだけでスタイルが見違えるほど変わり、ほかのキャデラックオーナーから『絶妙な車高だね』とお褒めの言葉を頂いていますよ」。

 

チルトボンネットに変更し、グラインダータトゥも施工。ラグジュアリー感満載だが、車内を見るとそこに居たのは……マイメロちゃんとクロミちゃん!?

 

セカンドシートをレスにしたリムジン仕様だが、車内はまさにサンリオワールド全開で、まさにガーリー色全開! 「外は渋く、中は可愛くがテーマです(爆)。」と語る。今まで様々な仕様を見て来たが、ここまで意外性に富んだカスタムに、正直驚きを隠せなかった。

ボンネットは通常と逆に開くチルトタイプに変更。ROHAN のグラインダータトゥを施す。またグリルやボンネットの縁にはエングレービングをあしらい、塗装では表現できない立体感を表現。のりさんとしては「ただ市販品を装着するのでなく、ワンオフパーツを付けてこそ本当のカスタムなのでは?」と力説。その持論を見事に具現化したと言えるだろう。

エアロパーツはNEXT NATIONをチョイス。オフロードタイプのステップバンパーは今まで各社から発売されているが、サイドステップに格納されるのは画期的。ノーマル車高のまま装着しても、ワイド&ローなシルエットが実現できるところも魅力的。ラグジュアリーとスポーティを融合させた、独創的で個性を主張したい人に最適と言える。

足もとはフォージアートの26インチに変更し、25偏平タイヤをセット。大径ローター&6ポッドキャリパーに変更し、安心感を格段にアップ。もちろんホイールとブレーキの隙間もなく、スタイリングもGOOD。

ブラックの外装に対し、車内はピンク&パープル系に変更。色のチョイスは奥様のアイデアだそうだ。純正レザーの質感は高いが、これを惜しげもなく変更。外したフロントグリルはセンターコンソールにビルトイン。ラゲッジにいるマイメロちゃん&クロミちゃんもサンリオにワンオフ製作を依頼。リボンの数が市販品とは異なり、左右につくのがポイントだ。

OWNER NORI


PHOTO:浅井岳男
TEXT:空野陵
アメ車マガジン 2023年3月号掲載


関連記事

RELATED


スマートなスタイルの中に安定性という機能も重視!【ブランセムボディキット】

デビュー直後のクルマは存在するだけで注目されるもの。だがカスタムを考えた時にパーツの少なさに直面する。そこでNEWエスカレードのためにクアートが立ち上がった。

SUVも豊富に取り揃えている、札幌のトミーモータース

以前ビンテージアメリカンを紹介した、札幌のトミーモータース。実はSUVも豊富に取り揃えており、最新モデルもいち早く導入。今回は、エスカレードとタンドラを紹介しよう。

純正デザインを壊さず違いを生み出すZERO DESIGN

2021年、新型エスカレードを日本最速導入したアズールモータリング・アメリカンショールームは、ノーマル展示をすることなくZERO DESIGNによるボディキット製作に着手。ようやくその全貌をお伝えする機会を得た。

街もアウトドアも似合う丁度良いキャデラックXT4!

アメリカのみならず、世界中でセレブに愛用されるキャデラック。とくにSUVには力を入れており、エスカレードを筆頭にXTシリーズを続々と投入中。その中でもエントリーモデルとなるXT4を紹介しよう。

高級ホイールメーカーが手掛けた魅惑のエアロ【AGGRESSOR KIT】

オフロードを走るポテンシャルをスポイルすることなく、アーバンにもマッチするパーツをまとったラングラー。スポーツフィール溢れるエアロやイルミをインストールしたフェンダーはラングラーに新たな存在感を与える。

 

最新記事


2024/05/25

満を持してコルベットに搭載されたハイブリッド型全輪駆動のeAWD

クーペ

シボレー

新車インプレッション

2024/05/24

自由気ままにアレンジ それがマイスタイル【1970 シボレーC-20】

ピックアップトラック

ビンテージ

シボレー

アクションラインのニックネームで親しまれているC/Kシリーズのセカンドジェネレーション、1970年型C-20を愛車とするオーナーさん。手に入れるや否や「ワークトラック」という方向性を定め、躊躇することなく思いを形に仕上げていっている。

2024/05/23

40フィートのコンテナを店舗にスケールアップ!【パラダイスバーガー】

ショップ

2024/05/23

古き良きアメリカの世界観/SONORAN ディープコンケイブで魅せる/FARM D10

ホイール

ランキング


2022/04/08

US日産の巨大ユーティリティバンのNV3500

バン

逆輸入車

2019 Nissan NV Passenger

2024/05/24

自由気ままにアレンジ それがマイスタイル【1970 シボレーC-20】

ピックアップトラック

ビンテージ

シボレー

アクションラインのニックネームで親しまれているC/Kシリーズのセカンドジェネレーション、1970年型C-20を愛車とするオーナーさん。手に入れるや否や「ワークトラック」という方向性を定め、躊躇することなく思いを形に仕上げていっている。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2023/05/23

フルリノベーションでスクールバスを第二の部屋に

バン

内装ドンガラ状態のスクールバスを手に入れ、1年半の月日をかけてコツコツと仕上げたオリジナルキャンパーバス。そこには市販車じゃ不可能な3兄弟が快適に寛げるギミックが満載! まるで動く子供部屋!!