荒れ地こそ進む道 デザート仕様【1996 シボレー S10 ブレイザー】

SUV

シボレー

アメマガ2023年3月号

ガレージジョーカー

千葉県

S-10ブレイザー

車両のイメージを劇的に変えたカスタム。それがオールペン。千葉県のガレージジョーカーは、様々なモデルをオールペンによって変化させ、個性的なスタイルを生み出している。そのひとつが、艶消しサンドベージュになったS10ブレイザーだ。


樹脂パーツは黒ではなくグラファイトにペイント

オールペンで楽しむガレージジョーカー流カスタム Vol.1
1996 CHEVROLET S10 BLAZER

長らく続いていた90年代モデルの価格高騰は年末に向けてピークが過ぎた印象を受けるが、それでも高値の傾向にある。特にシボレーC/Kモデルの高騰は目を見張るものがあり、車両争奪戦はまだまだ続きそうだ。

 

そうした状況のなか、長年90年代のモデルを中心に販売を行なっているガレージジョーカーは、高騰するC/K争奪戦には積極的に参加せず、一歩道を外した別路線で90年代モデルを展開している。その一台が、タホよりもボディはひと回り小さく、ヤナセから正規販売もされていたシボレー・S10ブレイザーだ。

 

そのS10ブレイザーを、新車当時の状態に仕上げて販売するのがガレージジョーカーのいつものやり方だが、今回はオールペンでガラリと雰囲気を替え、存在自体が忘れられがちだったS10ブレイザーの魅力を発信している。

ボディは米軍デザート仕様をイメージした艶消しのサンドベージュで、US仕様ヘッドライト移植、グリルや樹脂パーツは黒ではなくグラファイトでペイントしているのもポイント。

 

ホイールは後期型に変更し、同じくグラファイトでペイントされ、ホワイトレターのヨコハマ・ジオランダーA/Tタイヤを組み合わせる。リアにはシボレーのテールゲートレターも貼られ、よりワイルドな印象を与えている。S10ブレイザーの存在を再認識すると同時に、カスタムにおいてオールペンは、大きな可能性があることが分かる代表作といえるだろう。

タホよりもコンパクトなS10ブレイザー。撮影モデルは当時ヤナセで販売されていたディーラー車。ボディの艶消しサンドベージュは完全なマットではなく、ガラスコーティング施工もできるレベルの艶消しクリア塗装。マットレベルが高いと洗車などの手入れが大変だが、今回のボディは通常のボディと同じように手入れができる。リアで大きなアクセントとなっているのが、CHEVROLETテールゲートレター。テールレンズはブラックアウト。

ボディにある樹脂パーツやグリルは、やや緑の色合いがあるグラファイトでペイント。ヘッドライトはディーラー車タイプからUS 仕様に変更している。因みにエンジンはアストロと同じV6・4.3ℓを搭載する。

ホイールは後期型S10ブレイザーから移植した15インチを、グラファイトでペイント。タイヤはヨコハマ・ジオランダー A/T(235/70R15)のアウトラインホワイトレタータイプ。ホワイトレターはファッション性が高く、同ブランドの15インチクラスにはホワイトレターを設定しているサイズも多く狙い目だ。フロントハブベアリングなどの消耗品も交換済み。


GARAGE JOKER【ガレージジョーカー】
TEL:0479-25-7740
https://www.garage-joker.com


PHOTO&TEXT:相馬一丈
アメ車マガジン 2023年3月号掲載


関連記事

RELATED


ガレージジョーカーのオールペンといえば、やはりパープル。【GMCソノマ】

「自分が好きな色」と言う理由から、ガレージジョーカーではパープルにオールペンされたモデルが幾つか存在する。だが今回のソノマは、さらに妖艶さを追求して、ベットライナーをレッドにし、さらにインテリアもレッド化に

可愛くて存在が楽しいアメリカンコンパクトSUV【シボレーHHR LS】

PTクルーザーに対抗して、GMが1949年型サバーバンをモチーフにデザインし開発したシボレー・HHR。PTほど支持を得られなかった印象があるが、ガレージジョーカーでは定期的に売れる人気モデルになっている。

「初めての愛車はシボレーSUV」。20代の頃、コンビニで立ち読みしたアメマガを見て、決意!

「初めての愛車はシボレーSUV」。20代の頃、コンビニで立ち読みしたアメマガを見て、そう決意した吉田さん。金銭的な問題で初の愛車は国産コンパクトカーにしたが、入社した会社の同期がタホに乗っていることを知り、負けていられないと、夢のアメ車購入へ踏み出した。

千葉県銚子市のガレージジョーカーに、創業間もない頃から通う

千葉県銚子市のガレージジョーカに、創業間もない頃から通う3人組。いずれも20代前半にアメ車購入し、40代半ばになった現在もアメ車に乗り続けている。その3人のなかで、いち早くアメ車デビューしたのが白石さんだ。

小さいに需要ありコンパクトダッジが面白い存在になる予感【ダッジキャリバー】

アメ車に乗りたいけど、サイズが大きいし排気量も大きいから維持費が大変。だがアメ車にもコンパクトなモデルは存在し、その代表がPTクルーザーやHHR。だが、もう一つ面白いモデルがある。それがダッジ初の5ドアハッチバックのキャリバーだ。

 

最新記事


2024/05/25

満を持してコルベットに搭載されたハイブリッド型全輪駆動のeAWD

クーペ

シボレー

新車インプレッション

2024/05/24

自由気ままにアレンジ それがマイスタイル【1970 シボレーC-20】

ピックアップトラック

ビンテージ

シボレー

アクションラインのニックネームで親しまれているC/Kシリーズのセカンドジェネレーション、1970年型C-20を愛車とするオーナーさん。手に入れるや否や「ワークトラック」という方向性を定め、躊躇することなく思いを形に仕上げていっている。

2024/05/23

40フィートのコンテナを店舗にスケールアップ!【パラダイスバーガー】

ショップ

2024/05/23

古き良きアメリカの世界観/SONORAN ディープコンケイブで魅せる/FARM D10

ホイール

ランキング


2022/04/08

US日産の巨大ユーティリティバンのNV3500

バン

逆輸入車

2019 Nissan NV Passenger

2024/05/24

自由気ままにアレンジ それがマイスタイル【1970 シボレーC-20】

ピックアップトラック

ビンテージ

シボレー

アクションラインのニックネームで親しまれているC/Kシリーズのセカンドジェネレーション、1970年型C-20を愛車とするオーナーさん。手に入れるや否や「ワークトラック」という方向性を定め、躊躇することなく思いを形に仕上げていっている。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2023/05/23

フルリノベーションでスクールバスを第二の部屋に

バン

内装ドンガラ状態のスクールバスを手に入れ、1年半の月日をかけてコツコツと仕上げたオリジナルキャンパーバス。そこには市販車じゃ不可能な3兄弟が快適に寛げるギミックが満載! まるで動く子供部屋!!