【チャレンジャーR/T 392】扱いにくさは確かにあるがとにかく乗っていて楽しい!

クーペ

ダッジ

アメマガ2023年5月号

ラグジ

岐阜県

チャレンジャー

チャレンジャーTA392

SOUL OF MOPAR

HPP

若い時にクルマに夢中になったが、子育て期間中はお休み。でも、年を重ねるとそのままクルマ弄りを卒業する人が殆どだろう。だがここで紹介するオーナーさんは、まさに少年の時の気持ちを持ち続け、チャレンジャーで再び走りを楽しむために購入したそうだ。

SOUL OF MOPAR -我らを魅了して止まないモパー-


一緒に出かけたくなるような、ロマンを感じられるクルマ!

'18 DODGE CHALLENGER T/A 392

モパーの中でも、特にチャレンジャーのオーナーと深い繋がりを持つLUXZ。どちらかと言うとスタイリングを重視するオーナーが多い印象がある。そんな中、ある意味LUXZユーザーの中で本気で走りを追求する伊那さんは、異色と言える存在だ。

 

伊那さんのクルマ遍歴をお聞きすると、免許を取得して最初に乗ったのがAE86。その次に乗ったのはローレルだが、ATをMTにコンバージョン。バケットシートを装着し、まさかの2人乗り仕様に変更。仲間と一緒に各地の走行会に遠征するだけでなく、あのドリキンこと土屋圭一氏の主宰するドリフト大会にチームで出場したこともあるそうだ。

もちろん、結婚を機にファミリーカーへ強制的に変更。ここで諦める人が多いのだが、伊那さんはグっと堪え、子供が独立したことで再び本当に乗りたいクルマということで、チャレンジャーを選んだという訳だ。 「昔ほどじゃなくても、やっぱり走ることは好きですね。なので、重視したのはNAであることとカスタムがある程度施されたクルマで探していたんです。するとLUXZにたまたまそういった在庫があり、即座に電話。お店に出向き試乗させて貰いましたが、ほとんど一目惚れで購入しました。一番の衝撃は、なんと言ってもサウンドで、『V8サウンドの刺激』はあまりにも強烈でしたね」と語る。

 

そんな伊那さんが選んだチャレンジャーは、6.4ℓV8 HEMIエンジンを搭載するT/A392モデル。前後の足回りはHPPのオリジナル車高調に変更。しかも前後ともMOPAR純正のストラットタワーバーを追加し、ボディ剛性を高めている。アメ車=曲がらないクルマだと思っていたそうだが、とあるワンディングを仲間のAMG・45Sと一緒に走っても互角だったそうだ。

 

エクステリアは全体的に大人しいイメージだが、車内を見ると運転席はフルバケに変更し、あの斉藤ロールケージのロールバーをセット。能ある鷹は爪を隠すというが、伊那さんのチャレンジャーはまさにその通りで、本気で走るためのカスタムを実施。「ディアブロのCPUでチューニングもしています…」と語るが、すり減ったSタイヤを見ると、かなり走りこんでいることは容易に想像できる。

前後バンパーはノーマルのままで、そこに冷却性を高めるためにダクトを追加。フロントセクションにはスプリッターを追加した程度。ほかにはサイドスカート、リアウインドーのルーバー、リアディフューザーを装着。EDGE CUSTOMSと比較すると非常にシンプルだと言える。ボディカラーはあえてブラッック&ホワイトとすることで、質実剛健なイメージを強調する。ホイールはWORKをチョイス。

クルマそのものは決して軽くないが、6.4ℓの圧倒的な力でグイグイ引っ張る走りは未体験の領域。ディアブロのCPUチューンで、さらに出力をアップ。

サスペンションはHPPの車高調に変更。ノーマルよりもそんなに車高は下げていないそうだが、車重とのマッチングもよく、ワインディングを非常に気持ちよく駆け抜けられるそうだ。

フロントシートはどちらもBRIDEに変更。運転席はフルバケで、助手席は後席への乗り込みのためにセミバケをチョイス。サーキット走行のために、4点式シートベルトも装備する。またロールケージやタワーバーも追加する。


Owner:伊那 尚


Thanks:LUXZ【ラグジ】
TEL:058-259-3922
HP:https://luxz.jp


Photo:浅井岳男
Text:空野稜
アメ車マガジン 2023年5月号掲載


関連記事

RELATED


チャレンジャーに乗ることでアメ車に対する価値観が激変

今までアメ車には一度も乗らず、日本車や欧州車を乗ってきたオーナーさん。そんな彼がなぜチャレンジャーを、しかもEDGE CUSTOMSを…。これまで様々なスタイルを紹介してきたが、チャレンジャーと出会い、アメ車の虜になったオーナーさん紹介しよう。

仮契約までしたけどLBスタイルに惚れて変更【ダッジチャレンジャー】

過去2回、LBワークスで武装したチャレンジャーに乗ってアメマガ主催イベントamZに参加したみっちさん。軽自動車が長年の愛車だった彼女が、初めてのアメ車としてチャレンジャーを手にするストーリーとは。

【チャレンジャーSRT HELLCAT】強烈な走りもさることながら、奏でるサウンドも刺激的!

元々アメ車やアメリカン雑貨に興味があったが、仕事や家が最優先。いつか乗れたら…と思っていて、ようやくH2を購入。それに影響された友人がチャレンジャーを買ったので、ヘルキャットも増車したのが、ここで紹介するオーナーさんだ。

躍動感を体現したスタイルがエッジカスタムズを象徴する

世界で最も早くチャレンジャーのワイドスタイルを提案したLUXZ。常に新たなスタイルを生み出し続けるが、通常の市販モデルとは異なり10台限定で生み出されたのが、この「S」だ。

LUXZとWORKが奏でる 究極のハーモニー

チャレンジャーの魅力をさらに引き出し、独自のスタイルを産み出したLUXZ。オリジナルのボディキットの存在感はまさに圧倒的だが、そのスタイルを完成させるために必要不可欠なパートナーがWORKだ。

 

最新記事


2024/07/25

ポストビンテージバンの大本命として人気高騰中【シェビーバン ビュービル】

バン

ビンテージ

シボレー

70年代の丸目を筆頭に、フルサイズバンの中でも80年代までの個体がビンテージバンとして人気を博してきた。しかし紹介する個体の様に90年代中頃まで基本コンセプトは変わらない。むしろ熟成された最終モデルこそベストバイ!

2024/07/24

アニメを見て惚れたマスタング、今では押しも押されぬ爆速女子へ

クーペ

フォード

名探偵コナンに登場したマスタングに惹かれてカーボックスを訪れたオーナーさん。一番ド派手なエレノア仕様を選び、チャレンジャー・ヘルキャットに乗る旦那様は走りで負けたくないライバルだ。

2024/07/23

仮契約までしたけどLBスタイルに惚れて変更【ダッジチャレンジャー】

クーペ

ダッジ

過去2回、LBワークスで武装したチャレンジャーに乗ってアメマガ主催イベントamZに参加したみっちさん。軽自動車が長年の愛車だった彼女が、初めてのアメ車としてチャレンジャーを手にするストーリーとは。

2024/07/22

日本に2台だけ存在する 激レアなH1フリート

ピックアップトラック

ハマー

アメ車の中で、確固たるカテゴリーを形成するピックアップ。そのサイズ感やヘビーデューティ性に魅力を感じる人は少なくない。だがスカイオートが在庫するH1は、どんな道も走破できる究極のトラックと言えるだろう。

ランキング


2024/07/25

ポストビンテージバンの大本命として人気高騰中【シェビーバン ビュービル】

バン

ビンテージ

シボレー

70年代の丸目を筆頭に、フルサイズバンの中でも80年代までの個体がビンテージバンとして人気を博してきた。しかし紹介する個体の様に90年代中頃まで基本コンセプトは変わらない。むしろ熟成された最終モデルこそベストバイ!

2024/07/24

アニメを見て惚れたマスタング、今では押しも押されぬ爆速女子へ

クーペ

フォード

名探偵コナンに登場したマスタングに惹かれてカーボックスを訪れたオーナーさん。一番ド派手なエレノア仕様を選び、チャレンジャー・ヘルキャットに乗る旦那様は走りで負けたくないライバルだ。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/04/08

US日産の巨大ユーティリティバンのNV3500

バン

逆輸入車

2019 Nissan NV Passenger