チャレンジャーに乗ることでアメ車に対する価値観が激変

クーペ

ダッジ

アメマガ2023年5月号

ラグジ

岐阜県

チャレンジャー

エッジカスタムズ

SOUL OF MOPAR

今までアメ車には一度も乗らず、日本車や欧州車を乗ってきたオーナーさん。そんな彼がなぜチャレンジャーを、しかもEDGE CUSTOMSを…。これまで様々なスタイルを紹介してきたが、チャレンジャーと出会い、アメ車の虜になったオーナーさん紹介しよう。

SOUL OF MOPAR -我らを魅了して止まないモパー-


走りも装備もスタイルも大満足、しかもどこでも走りに行ける!

EDGE CUSTOMS DODGE CHALLENGER F
Produced by LUXZ

現行チャレンジャーを選ぶ人は年齢を問わず「映画の影響を受けた」と語るケースがほとんど。加藤さんもそうだが、これまで大排気量の欧州車や、日本車でも旧車に乗っており、クルマに対する造詣は深い。そんな彼がチャレンジャーの存在を知り、色々と調べるうちに巡り合ったのがLUXZ。しかもワイルドスピードに車両を提供したことを知ると、購入欲が一気に加速したのは当然だ。

ちなみにLUXZでは、 こちらのページで紹介したチャレンジャーS を含め、合計4タイプのカスタムモデルが存在する。その中でも加藤さんにFを選んだ理由を伺うと「確かにRラインやSもカッコ良かったです。でも自分としては、全体のシルエットのまとまりの良さ、一体感が気に入りました。またレーシングなスタイルもポイントで、細かな部分を言うと、フェンダーをリベット留めせず、フラッシュサーフェス化されたシルエットだったこともFを選んだ理由です」と語る。

 

そんな加藤さん、一番好きな色はオレンジだそうで、LUXZ・島澤社長に「ゴーマンゴーのレッドアイの在庫はないですか?」と相談したとか。数々のチャレンジャーを扱ってきた島澤社長をして「今まで色々なお客様の相談に乗りましたし、可能な限りその夢を叶えてきました。でも、ゴーマンゴーは本当にムリ!」と語るし、本誌スタッフもゴーマンゴーのチャレンジャーを国内で一度も見た記憶はない。そこで加藤さんが次に選んだのは、超絶人気色のB5ブルー。「これまた無理難題を言うなぁ〜と思いましたね。でも相談しているちょうどその時にB5のお客様が来店され、後日その方が譲ってくれることになったんです」と島澤社長は振り返る。

そんな巡り合わせもあって、加藤さんは2022年の夏に念願のチャレンジャーオーナーとなる。「乗ってみると、ものすごい安定感がありますね。昔のアメ車を覆してくれて、すこぶる快適です。タッチパネルの操作一つで性格が豹変しますし、ポテンシャルがダイレクトに感じられます。スポーティなのにステアリング&シートヒーターも装備。またハーマンカードンのオーディオなど、装備は至れり尽くせりで、アメ車のイメージが打ち砕かれました」と話す。

 

そんな加藤さん、若い時にはそれなりにヤンチャなクルマにも乗ってきたそうだが、その当時を知る同級生からも「似合ってるね」と言われるとか。走りもさることながら、多くの人の目を惹くこともチャレンジャーの魅力だ。「ガソリンの消費量はハンパないですけど、買い物からゴルフ場までどこにでも乗っていけますね。ちなみにガレージにはエアコンも完備していますよ」とも。クルマとしてしっかり乗りつつも、唯一無二の宝物のように扱う加藤さん。ヘルキャットなだけに、猫可愛がりっぷりは半端ない。

鮮烈なB5ブルーを活かしつつ、マットブラックのラッピングやストライプを追加。エンジンフードのサイドには張り重ねることで、EDGE CUSTOMSのロゴをエンボスでさり気なく表現する。

ブリスターとオーバーフェンダーが一体化したようなデザインが、Fの最大の特徴。前後のフルバンパーやカナード類が見事な調和を奏でる。加藤さんが惚れ込んだ「一体感」を見事に演出。

WORK・CR3P にパイロットスポーツ4Sを組み合わせる。シルバー系のツートンにブラックピアスを組み合わせ、軽快なイメージと大径感を強調する。

aFeのラムエアークリーナーに変更し、レスポンスをアップ。マフラーの可変バルブはそのまま活かされているので、ジェントルさとワイルドさを両立する。


Owner:加藤博一


Thanks:LUXZ【ラグジ】
TEL:058-259-3922
HP:https://luxz.jp


Photo:浅井岳男
Text:空野稜
アメ車マガジン 2023年5月号掲載


関連記事

RELATED


【チャレンジャーR/T 392】扱いにくさは確かにあるがとにかく乗っていて楽しい!

若い時にクルマに夢中になったが、子育て期間中はお休み。でも、年を重ねるとそのままクルマ弄りを卒業する人が殆どだろう。だがここで紹介するオーナーさんは、まさに少年の時の気持ちを持ち続け、チャレンジャーで再び走りを楽しむために購入したそうだ。

躍動感を体現したスタイルがエッジカスタムズを象徴する

世界で最も早くチャレンジャーのワイドスタイルを提案したLUXZ。常に新たなスタイルを生み出し続けるが、通常の市販モデルとは異なり10台限定で生み出されたのが、この「S」だ。

自然な流れのボディパーツにカナードを追加で進化を遂げる【エッジカスタムズ チャレンジャー F】

日本はもちろん、世界中のチャレンジャーカスタムを牽引するLUXZ。2021年に登場した初のフルバンパー仕様となる「CHALLENGER F」。そのエボリューションモデルが完成したので、早速紹介しよう!

LUXZ(ラグジ)の名を世に知らしめた 孤高の存在感を放つスタイル

ファッションやガジェットなど、世の中のデザインには流行がある。それはカスタムにも言える事で、時間が経過すると廃れてしまう事もある。だが、本当に優れた物は時間を超越し、普遍的な存在となる。

【エッジカスタムズ チャレンジャーS】フロントマスクの印象から、付いたサブネームは「レッドアイ」

DODGE CHALLENGER SRT Hellcat
EDGE CUSTOMS CHALLENGER S RED EYE

 

最新記事


2024/07/25

ポストビンテージバンの大本命として人気高騰中【シェビーバン ビュービル】

バン

ビンテージ

シボレー

70年代の丸目を筆頭に、フルサイズバンの中でも80年代までの個体がビンテージバンとして人気を博してきた。しかし紹介する個体の様に90年代中頃まで基本コンセプトは変わらない。むしろ熟成された最終モデルこそベストバイ!

2024/07/24

アニメを見て惚れたマスタング、今では押しも押されぬ爆速女子へ

クーペ

フォード

名探偵コナンに登場したマスタングに惹かれてカーボックスを訪れたオーナーさん。一番ド派手なエレノア仕様を選び、チャレンジャー・ヘルキャットに乗る旦那様は走りで負けたくないライバルだ。

2024/07/23

仮契約までしたけどLBスタイルに惚れて変更【ダッジチャレンジャー】

クーペ

ダッジ

過去2回、LBワークスで武装したチャレンジャーに乗ってアメマガ主催イベントamZに参加したみっちさん。軽自動車が長年の愛車だった彼女が、初めてのアメ車としてチャレンジャーを手にするストーリーとは。

2024/07/22

日本に2台だけ存在する 激レアなH1フリート

ピックアップトラック

ハマー

アメ車の中で、確固たるカテゴリーを形成するピックアップ。そのサイズ感やヘビーデューティ性に魅力を感じる人は少なくない。だがスカイオートが在庫するH1は、どんな道も走破できる究極のトラックと言えるだろう。

ランキング


2024/07/25

ポストビンテージバンの大本命として人気高騰中【シェビーバン ビュービル】

バン

ビンテージ

シボレー

70年代の丸目を筆頭に、フルサイズバンの中でも80年代までの個体がビンテージバンとして人気を博してきた。しかし紹介する個体の様に90年代中頃まで基本コンセプトは変わらない。むしろ熟成された最終モデルこそベストバイ!

2024/07/24

アニメを見て惚れたマスタング、今では押しも押されぬ爆速女子へ

クーペ

フォード

名探偵コナンに登場したマスタングに惹かれてカーボックスを訪れたオーナーさん。一番ド派手なエレノア仕様を選び、チャレンジャー・ヘルキャットに乗る旦那様は走りで負けたくないライバルだ。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/04/08

US日産の巨大ユーティリティバンのNV3500

バン

逆輸入車

2019 Nissan NV Passenger