90年代から四半世紀に渡る営業を経て、寝屋川市駅からすぐの場所に【SOUL FOOD BAR BUTCH】

ショップ

アメマガ2023年9月号

AMERICAN DINER

BUTCH

大阪府

大阪のベッドタウン寝屋川市、南北を結ぶ外環状線(国道170 号線)から一本入った場所で25年間継続してきた「SOUL FOOD BAR BUTCH」が節目となる四半世紀を迎え、寝屋川市駅からすぐの場所に!

AMERICAN DINER


アメリカの旧家で営む〝ローカル〟な雰囲気が◎

本場の雰囲気満載のアメリカンダイナー
BUTCH

筆者の地元でもある大阪府寝屋川市のアメリカンダイナーといえば「ソウルフードバーBUTCH」。筆者が20代前半でワゴニアに乗っていた頃、旧店舗真横のガレージにワゴニアが停まっていたことをキッカケに一度訪れ、マスターの渡邊さんと色々お話して刺激を受けたことを今も鮮明に覚えている。

 

そんな同店の前を通ると何やらお店を閉めた雰囲気。カッコいいお店だったのに残念だな、なんて思っていた矢先に飛び込んできたのが、駅近にリニューアルオープンの知らせ。何気なくSNSでアメリカンダイナーを検索しているとヒットしたお店が、あの頃訪れた地元のお店だったことに運命を感じて早速取材へ。

かつては縦長のバーカウンターでガレージを彷彿させるイメージだったが、新店舗はエントランスからアメリカの旧家っぽくて妙に落ち着く。中へ入るとマスターを囲う様にレイアウトされたバーカウンター、そしてモーターサイクルやアメ車乗りたちの心に刺さるディスプレイ。

 

63インパラ、64インパラ、92キャデラックとローライダーに明け暮れた90年代からハーレーのチョッパーカスタム、マツダB2200などアメリカンモーターカルチャーを謳歌してきたマスターのリアリティは、多くを語らずともお店の雰囲気から伝わってくる。まずは日曜限定ランチタイムのハンバーガーから始めてみると良いだろう。アメ車マガジン読者ならすぐに意気投合するハズだ。

1993年~1996年まで3年間のアメリカ生活を経験したマスターの渡邊さん。当時はお金もなくてアメリカのマクドナルドのポテトの箱をめくっては、当たった映画のチケットを片手に映画館で鑑賞するのが唯一の楽しみだった。その当時上映していたブルースウイルス主演のパルプフィクションは、セリフを覚えるほど何度も鑑賞したそうで、そのストーリーから感銘を受けて「BUTCH」の名を掲げて1997年に開業。

BUTCHの看板娘まっぴーちゃん。お父さんはラムバンに乗っていて旧店舗時代からの常連さん。2022年末に移転グランドオープンする際、アルバイトを募集しているらしいと父から聞いて面接に伺うと、募集をかけて最初に来てくれたからと即採用してもらったらしい。

ちなみにビールサーバーはラットフィンク。フードメニューはハンバーガーの他、スペアリブやジャークチキン、クラムチャウダーにシーザーサラダ、厚切りハムに枝豆など充実の品揃え。お酒を嗜むだけじゃなくお腹も満たしてくれる!


SHOP DATA:BUTCH
住所:大阪府寝屋川市八坂町23-24
TEL:070-3773-4888
Instagram:8888butch
OPEN:11:30 ~14:00(ランチ・日曜日のみ)
18:00 ~(ディナー)
定休日/水曜、日曜(ランチのみ営業)


PHOTO & TEXT ◆石井秋良
アメ車マガジン 2023年9月号掲載


関連記事

RELATED


1950年代ミッドセンチュリーのアメリカと常滑のカルチャーを融合【CENTRAL DINER】

招き猫の街として知られる愛知県常滑市。猫(キャッツ)と言えばロカビリーアーティストの名称でも多用され、ミッドセンチュリーなアートの多くも猫をテーマにしたものが多い。それをオーバーラップしつつ、絶妙にカルチャーを融合させた50'sアメリカンダイナーが「セントラルダイナー」だ。

カスタムショップをコンセプトに尖った個性で人気のお店【THE KOBY'S】

18歳の頃から“いつか自分のお店を持ちたい!”という夢を掲げてきた高味さん。そんな思いを抱きつつもあっという間に10年が過ぎ、このまま30代へと突入してしまったら夢のまま終わらせてしまうと、一念発起!

アメ車マガジンの表紙を飾ったオーナーが営む神戸のダーツバー【DEAR'S】

アメ車で乗り付けてジャンクフードを喰らうのが、アメリカンダイナーの醍醐味。しかしアメ車で乗り付けなくとも、お酒を嗜みながらアメ車話に花を咲かせられることもまた貴重。DEAR`sならそれが叶う!

高い整備力を誇るナオキモータービルドにOBSの“メカニズム” を解説してもらう

大きく分けて95年モデルまでのTBIと96年モデル以降のVORTECの2種類のエンジンが存在するOBS。ここではこの2つのエンジンの特性やメリット&デメリットなどを、開業当時からOBSを見てきたナオキモータービルドで伺ってきた。

ツーリングで偶然見かけた 空き店舗をフルリノベーション!【ROUTE 65】

クルーキャブのロングベッドに乗って、本誌イベントをはじめ様々なミーティングに参加している池田さん。OBS界髄一の超ロングホイールベースは、どこに出没しても注目の的。そんな彼が大阪府の最南端でアメリカンダイナーをオープン!

 

最新記事


2024/04/16

アメ車マガジン2024年6月号 絶賛発売中!

雑誌

2024/04/15

ワンオフ加工で個性を最大限に引き出す【ジェットシティ】

オープン

シボレー

個性的なカスタムを世に送り出すジェットシティには、オーナー自らが持ち込むパーツ装着の依頼も多い。時には他車種のパーツもあるのだが、それすらも違和感なくフィッティングさせるのがジェット流。

2024/04/13

日本の気候には不向きなアメ車だからこそ防御が必要!【ラストストッパー】

メンテナンス

電子の働きを利用してアメ車をサビから守る
電子サビ防止装置 ラストストッパー

2024/04/12

こう見えても家族の送迎車、子供のために内装をアレンジ【キャデラック エスカレード】

SUV

キャデラック

これまで乗った愛車はみんなカスタムし、しかもどれも2年で手放すことが殆どだったと語るのりさん。エスカレードはラグジュアリーなスタイルが似合うけど、ほかとは違う方向性で個性を主張する。

ランキング


2020/08/26

ポンティアックとプリマス、キャラの濃い「P」にズームイン!

ポンティアック

プリマス

2024/03/11

2024年最初のアメ車イベント アメ車マガジンプレゼンツ「スプリングパーティー」は大盛況!

アメマガミーティング

アメマガキャラバン

イベントレポート

第一弾は3月10日(日)、千葉市中央区フェスティバルウォーク蘇我の駐車場での開催となる「SPRING Party!」。

2021/06/11

史上初の200mph超えを果たした伝説の「快鳥」【プリマス・スーパーバード】

クーペ

ビンテージ

プリマス

1970 PLYMOUTH SUPERBIRD

2022/04/08

US日産の巨大ユーティリティバンのNV3500

バン

逆輸入車

2019 Nissan NV Passenger