コンバーチブルこそアメ車らしいモデル!

オープン

シボレー

アメマガ2023年10月号

カマロ

シェベル

東海カーズ

愛知県


バイクじゃないけど、春と秋にしか乗れませんな…

'68 Chevrolet Camaro / '66 Chevrolet Chevelle

公道を走るならバイクはヘルメットを被らなきゃいけないけれど、コンバーチブルならそんな物は不要♪ 風を受けながら気持ちよく海岸線をドライブすれば、彼女のハートもイチコロさっ! な〜んて雑誌の記事を、50歳前後の昭和世代は若かりし頃に読み、妄想にふけったことだろう。

 

それにコンバーチブルこそアメ車らしいモデルで、ムービーシーンでは主役がドライブしているシーンをよく見かけるし、西海岸やハワイ、グアムといったリゾート地で気持ち良さそうにローカルがドライブしている光景を見て、アメ車ファンだけでなく、それ以外の人でも“乗ってみたい”と思ったことがあるはず。やっぱりコンバーチブルは一種のステータスシンボルだけに憧れてしまうわけだ。

そこで今回、東海カーズの細井さんと記事に掲載する車両を何にするかを相談した際に「ちょうどコンバーチブルが2台あるよ」とのことで、1968年型シボレー・カマロ&1966年型シボレー・シェベルを取り上げながら、細井さんにコンバーチブルについての見解を聞かせてもらった。

 

「夏こそコンバ〜なんて言ったヤツ、本当に真夏運転したことがあるのかね? って問いただしたいと痛感するね。確かに頭の上にポッカリと広がる青空は、サンルーフなどとは比べ物にならない開放感に満ち溢れているけれど、でも真昼の炎天下では5分乗るのが限界。シートやシフトノブ、ステアリングは熱を帯びているし、火傷の危険すらある。半世紀前にこのクルマたちを設計した人たちは、地球の気候変動がここまで大きく変わるとは思っていなかったと思うし、今の日本で真夏にコンバーチブルをフルオープンにして走るのは、即熱中症になってもおかしくないよ。なのでコンバーチブルのベストシーズンは春と秋の涼しい頃だね」。

 

コンバーチブルのフルオープンにしたスタイリングは抜群にカッコ良いし、クーペにはない美しさすら感じさせられる。今回取り上げた2台も見とれてしまうほど。

'68 Chevrolet Camaro

ヘッドライトはコンシールドタイプで、シャッターがグリルの奥にスライドしてヘッドランプが出現。フロント&リアショックはエナペタルに変更し、走行性能も追求する。

エンジンは5.3ℓの327 を搭載。オイル漏れなど一切なく、長期間停めていても長めのクランキングですんなり始動。コンディションの良さが伺える。

意外と思うかも知れないが、幌は電動開閉式でパワーウインドーも標準装備。半世紀前に電動化を採用するなど、今とは違う方向性だが先進性を感じさせる。ちなみにこの個体、希少な正規輸入モデルだ。

'66 Chevrolet Chevelle

当時と今ではスポーツカーの定義がまったく異なるが、個人的にはオッサングルマにしか見えないような…。20インチホイールを装着し、ブレーキも他車種を流用し強化。

エンジンは5.3ℓの327 を搭載。アルミラジエター&電動ファンに変更し、安定性を確保。行き届いた整備を施工済み。現代車に近い感覚で始動することができる。

ビレットの輝きが美しい運転席周り。一般的にはそう表現するかも知れないが、これ真夏に手袋しないと運転できないのでは?エンジンを変更したことで、メーター類を刷新。なお、幌は手動開閉式となる。


THANKS:東海カーズ

TEL:0533-86-8890


PHOTO:浅井岳男
TEXT:空野陵
アメ車マガジン 2023年10月号掲載


関連記事

RELATED


やっぱりカマロが大好き!その中でも69カマロが1番かな?

アメ車専門店の中でも、とくにビンテージを豊富に取り揃える東海カーズ。代表の細井さんはプライベートでも複数台所有するほどカマロが大好き。なので今回も、今まで紹介していない個体の登場だ。

レアなビンテージアメリカンだが東海カーズなら選んで購入可能!

アメ車の中でも、とくにビンテージモデルを数多く取り揃える東海カーズ。屋内保管された在庫車は、常時始動できることをモットーとしている。今回はノーマル然としたカマロとチャージャーを採り上げてみよう。

ボロを纏えど中身は錦、まだまだ理想を追求し続ける【東海カーズ】

古いマンションをリノベーションするのが流行りだが、ビンテージカーにも同じことが言えるのでは? 中身をアップデートすることで、最新モデルにはないオリジナリティを追求できるが、カーズの場合はもう一歩先の独自の路線を貫く。

カマロが大好きなので 在庫がどんどん増えてます【東海カーズ】

様々なビンテージアメリカンを得意とする、愛知の東海カーズ。カマロが好きなのは分かるが、ちょっと多すぎないか? と思うほど、豊富に在庫を取り揃えているので、お気に入りの1台が見つかるだろう。

ニュースタイルローライダー シボレーカマロ /カスタムは実用性重視!シボレーK1500【グレイスキャブ】

11年型シボレーカマロをベースにしてローライダーテイストを注入。/96年型シボレーK1500、見た目も重要だが、一番の優先順位は実用性。

 

最新記事


2024/06/15

ジャンルやブランドを問わず、すべてのアメ車乗りをサポート!【グローバル】

ショップ

九州・熊本の地で、長きに渡りアメ車を取り扱い続けるグローバル。店頭にはジャンル、年代を問わず様々な車両を展示。またピットを見るとビッグ3が集結! 九州のアメ車乗りにとって、非常に心強い存在と言える。

2024/06/14

歳相応の姿ながら細部まで、綺麗なオリジナル志向【シボレーカマロベルリネッタ】

クーペ

ビンテージ

シボレー

Z28を筆頭にマッスルカーの代名詞としても捉えられ、プロスピード仕様などにカスタムされた個体が多い1979年型カマロのオリジナルストックを発掘!

2024/06/13

誰もがワイルドな気分になれるオリーブドラブにオールペン【シボレーC1500】

ピックアップトラック

シボレー

近頃ミリタリーテイスト溢れるボディカラーでオールペンするガレージジョーカーが、アメ車マガジン2023年3月号で紹介したサンドベージュのS10ブレイザーに続き、オリーブドラブでオールペンしたC1500を作り上げた。

2024/06/12

究極のスタイルを実現できるそれがマルチピースの魅力!【ワークエモーションZR10 2P】

クーペ

シボレー

ホイール

オーバーフェンダーを追加したワイルドなスタイルに憧れるけれど、タイヤ&ホイールサイズがネック。またアメ車の場合はPCDも特殊だが、そんな悩みをすべて解決できるのがWORKの魅力。

ランキング


2022/07/05

モパーが並ぶショップでマスタングは狙い目

クーペ

フォード

2013 FORD MUSTANG GT PERFORMANCE PKG

2024/06/14

歳相応の姿ながら細部まで、綺麗なオリジナル志向【シボレーカマロベルリネッタ】

クーペ

ビンテージ

シボレー

Z28を筆頭にマッスルカーの代名詞としても捉えられ、プロスピード仕様などにカスタムされた個体が多い1979年型カマロのオリジナルストックを発掘!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/06/02

モデル史上最大のボディサイズとなるフォードサンダーバード

クーペ

ビンテージ

フォード

1974 FORD THUNDEBIRD