LUXZ(ラグジ)の名を世に知らしめた 孤高の存在感を放つスタイル

クーペ

ダッジ

アメマガ2023年11月号

ラグジ

岐阜県

チャレンジャー

エッジカスタムズ

EDGE CUSTOMS

チャレンジャーR

ヘルキャット・レッドアイ

レッドアイ

BC FORGED

AMERICAN SPORTS

ファッションやガジェットなど、世の中のデザインには流行がある。それはカスタムにも言える事で、時間が経過すると廃れてしまう事もある。だが、本当に優れた物は時間を超越し、普遍的な存在となる。

AMERICAN SPORTS


唯一無二のスタイルを創出したエッジカスタムズRライン

EDGE CUSTOMS DODGE CHALLENGER R

今では様々なバリエーションを展開する、LUXZのカスタムシリーズ。その礎を築いたのは、2016年に発表されたこのRライン。映画「ワイルドスピード」にも登場したことでその名は一躍世に馳せた、もちろん知名度だけではなく優れたデザインがあってのことだ。

最大のポイントと言えるのは、フェンダーアーチ部分だけをワイド化するオーバーフェンダースタイルではなく、フェンダー部分を覆い尽くすボディパネルを採用することで一体感を実現している点に尽きる。またアーチ部分の下を切り落としたかの様なデザインは今見ても非常に大胆&斬新で、そこから前後のカナードへと繋がるラインは、マッスルカーには必要不可欠と言える疾走感や軽快感を見事に演出している。

 

今回Rラインを纏ったヘルキャット・レッドアイは2019年モデル。限定3300台のみデリバリーされたデーモンの後継モデルとしてリリースされ、それまでのヘルキャットを上回る797hpを出力するパフォーマンスを誇る。

 

そこにRラインのキットを追加することで、ノーマルとはまったく異なるワイドスタイルを実現。近年のエアロパーツは「塗り分け」という手法を採用することで、そのディティールや細かな造形を強調する流れが多い。確かにLUXZでもそれを施した仕様は存在するが、このヘルキャット・レッドアイはオールブラックで仕上げられ、黒猫というよりも黒豹の様な様相を呈している。

写真ではストライプを意図的に強調しているが、肉眼では見えるかどうかという「ゴースト」と呼ばれる手法を採用することで、流れる様なラインを見事に表現していると言える。自社パーツ以外には、フロントバンパーにaPRのスプリッターを装着するが、非常にまとまりが良く、チャレンジャーを詳しく知らない人が見たらカスタムしたのでなく「こういう形のクルマ」としか思えないだろう。

足もとを彩るのは、BC FORGEDの2ピースMLE51をチョイス。シンプルなでザインであるが、むしろそれがリムの深さを主張している。組み合わせるタイヤは本気でヘルキャット・レッドアイのポテンシャルを引き出すことができるミシュラン・パイロットスポーツ4S。

 

タイヤとしての性能はもちろんだが、LUXZ・島澤氏のハートを鷲掴みにしたのは、リアタイヤに見られるサイドウォールのチェッカーフラッグパターン。4WD用のタイヤでは以前からデザインとしてではなく、オフロードでのグリップ力を発揮できる様に様々なデザインが施されていたが、この流れがパッセンジャー用にも伝播。タイヤは黒くて丸く、走行性能で選ぶだけでなく、遊び心やファッション性という新しい付加価値を備えたタイヤ。ある意味そのコンセプトは、LUXZと完全に一致する。

ボディキットの装着で、立体感溢れるグラマラスなラインを描く。フロントタイヤは275/35R20、リアタイヤは305/35R20に変更するが、ヘルキャット・レッドアイのパフォーマンスを引き出すにはここまで太いタイヤを装着するべきだ。「走る」というクルマの本質を具現化したかの様なスタイルには無駄が一切なく、鍛え抜かれた肉体の様な美しさすら感じさせられる。登場から7年が経過しても色褪せない輝きは、まさにダイヤモンドの様だ。


THANKS:LUXZ
TEL:058-259-3922
https://luxz.jp


PHOTO:浅井岳男
TEXT:空野稜
アメ車マガジン 2023年11月号掲載


関連記事

RELATED


様々なチャレンジャーのカスタムを提案し続けるラグジ

日本だけでなく、世界中のチャレンジャーオーナーが注目する、ラグジのエッジカスタムズ。2021年秋に初のフルバンパーモデル「Fシリーズ」が登場したが、今回はさらにそれを進化させた、今最も新しいFシリーズのデモカーを紹介しよう。

ラグジのコンプリートモデル、チャレンジャーSのボディラインを見よ!

TO THE LIMIT!! 過激さへの挑戦に終わりはない
LUXZ EDGE CUSTOMS CHALLENGER S

【エッジカスタムズ チャレンジャーS】フロントマスクの印象から、付いたサブネームは「レッドアイ」

DODGE CHALLENGER SRT Hellcat
EDGE CUSTOMS CHALLENGER S RED EYE

レッドアイをさらにチューンし史上最強807hpを発揮

2023年イヤーモデルで生産が中止となるチャレンジャー&チャージャー。限定のラストコールに注目が集まるなか、ダッジは公道走行最速となる807hpを発揮するレッドアイ・ジェイルブレイクを登場させた。愛知県のカーズスパークに、話題のジェイルブレイクが続々入庫しているぞ!

マッスルというよりも「スポコン」的な要素を入れた独自路線を突き進むチャレンジャーSRT8 HPE600

CHALLENGER襲撃
2013y DODGE CHALLENGER SRT8

 

最新記事


2024/03/04

理想のC8コルベットを求めて特別なエアフォースエアサス施工

クーペ

シボレー

ホイール

突然目覚めたアメリカンスポーツへの道。そして、誰もまだ見ぬC8コルベットの姿を目指した中内さん。世界初となる特別なエアフォース・エアサスを搭載し、ZERO DESIGNフルカーボンをまとって、C8コルベットの最先端を走る!

2024/03/01

愛らしくて、走りがいいレネゲードでソロキャン!

SUV

ジープ

2024/02/29

日本ではまず見ることがないラムトラックのレッカー仕様

ピックアップトラック

ダッジ

ジムニー専門店「ファッドスター」の店頭に鎮座するのは91年型ダッジ・ラム350。レッカー仕様という日本ではほとんど見ることのないモデル。しかも新車で購入して日本で登録したという個体だ。

2024/02/28

カスタムショップをコンセプトに尖った個性で人気のお店【THE KOBY'S】

ショップ

18歳の頃から“いつか自分のお店を持ちたい!”という夢を掲げてきた高味さん。そんな思いを抱きつつもあっという間に10年が過ぎ、このまま30代へと突入してしまったら夢のまま終わらせてしまうと、一念発起!

ランキング


2024/03/04

理想のC8コルベットを求めて特別なエアフォースエアサス施工

クーペ

シボレー

ホイール

突然目覚めたアメリカンスポーツへの道。そして、誰もまだ見ぬC8コルベットの姿を目指した中内さん。世界初となる特別なエアフォース・エアサスを搭載し、ZERO DESIGNフルカーボンをまとって、C8コルベットの最先端を走る!

2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2016/11/04

超レアなマスタング、1969年モデルのBOSS429!

クーペ

ビンテージ

フォード

1969y FORD MUSTANG BOSS 429