自然な流れのボディパーツにカナードを追加で進化を遂げる【エッジカスタムズ チャレンジャー F】

クーペ

ダッジ

アメマガ2023年3月号

ラグジ

岐阜県

チャレンジャー

チャレンジャーSRT Hellcat

EXOTIC CUSTOMS

EDGE CUSTOMS

エッジカスタムズ

日本はもちろん、世界中のチャレンジャーカスタムを牽引するLUXZ。2021年に登場した初のフルバンパー仕様となる「CHALLENGER F」。そのエボリューションモデルが完成したので、早速紹介しよう!

EXOTIC CUSTOMS


本気で走るためのカスタム、内装の補強&軽量化を実施

EDGE CUSTOMS DODGE CHALLENGER F
(DODGE CHALLENGER SRT HELLCAT)
Produced by LUXZ

2021年の秋に、LUXZ第3のスタイルとして誕生したチャレンジャー「F」。このFという称号には様々な意味が込められており、速さや戦いをイメージさせる言葉であったり、フルバンパーというメッセージが込められているのだ。

 

基本となるFのポイントは、オリジナルのスタイルとは大きく決別した、エアロパーツ類。とくに前後バンパーは直線基調となり、非常にシャープで攻撃的な姿を主張。またこれまで提案した「S」や「R」は一般的なオーバーフェンダー形状だったが、Fではブリスターフェンダーをベースに、わずかにフェンダーアーチを設けることで、まったく新しいフォルムを実現。しかも前後フェンダーを繋ぐようにデザインされたサイドステップは、空気の流れを感じさせる独特な形状で、この造形美こそ、EDGE CUSTOMSの真骨頂と言える。

確かに2021年の12月号で真紅のFを紹介したことはあるが、 LUXZ島澤氏は決してそこで歩みを止めておらず、今回はさらにワンオフ製作のカナード類を追加した、言うなれば「エボリューションモデル」へと進化させた。フロントバンパー一体のスプリッターは大型化され、フロントフェンダーの前後にカナードを追加。サイドステップのデザインと見事に調和しており、ボディ下部の安定感もアップすることで、非常にバランスの良いスタイルを実現。

ボンネットはデーモンのカーボンモデルを流用するが、ワイド化されたボディに横長のダクトが非常にマッチしており、まさにFが目指す自然なスタイリングと言えるだろう。リアバンパーはエアロ一体型で、中央部にはディフューザーを組み込んだデザインを採用。今回注目したいのは、コンパクトなトランクスポイラーに、透明なパーツで追加されたエアロパーツ。後方視界を妨げずに空力性能を向上させるもので、さしずめ「インビジブルウイング」と命名したいほど個性的。

 

さらに注目したいのはインテリアで、せっかくのヘルキャットなら本気で走らせたいと思うのがオーナーの性。それを実現するために、シートはレカロに変更。リアシートは撤去され、ロールケージと一体になったインテリアパネルを新設。もちろんボディカラーに合わせてデストロイヤーグレーにペイントされており、ただ魅せるだけでなく走りの性能にも磨きがかけられていると言えよう。

 

長年に渡り、様々なスタイルを発表してきたLUXZ。このFエボリューションは、まさに集大成と言う言葉が似つかわしいが、きっと島澤氏は「さらなる先」を既に思い描いているに違いない。

空気の流れを感じさせる、美しいボディフォルムを実現。ワイド化しつつ、カナード類でボディ下部のボリュームを増したことで、非常にバランスが良くなったと言える。個人的に刺さったのは、クリア素材で製作したリアスポイラーだ。

ホイールは非常に細いデザインが特徴的な、鍛造のAL13のR60 R-SERIESをチョイス。単なるドレスアップカーではないことが、ミシュラン・パイロットスポーツ4Sを組み合わせていることから容易に想像できる。

EDGE CUSTOMSはエクステリアだけに非ず。今回のデモカーは、本気で走れるようにレカロシートやフロントシートの横までロールケージを装着。リアシートを完全に撤去し、ワンオフのパネルを装着した、まさに本機仕様だ。


Thanks:LUXZ
TEL:058-259-3922
https://luxz.jp


Photo:浅井岳男
Text:空野稜
アメ車マガジン 2023年3月号掲載


最新記事


2024/05/25

満を持してコルベットに搭載されたハイブリッド型全輪駆動のeAWD

クーペ

シボレー

新車インプレッション

2024/05/24

自由気ままにアレンジ それがマイスタイル【1970 シボレーC-20】

ピックアップトラック

ビンテージ

シボレー

アクションラインのニックネームで親しまれているC/Kシリーズのセカンドジェネレーション、1970年型C-20を愛車とするオーナーさん。手に入れるや否や「ワークトラック」という方向性を定め、躊躇することなく思いを形に仕上げていっている。

2024/05/23

40フィートのコンテナを店舗にスケールアップ!【パラダイスバーガー】

ショップ

2024/05/23

古き良きアメリカの世界観/SONORAN ディープコンケイブで魅せる/FARM D10

ホイール

ランキング


2022/04/08

US日産の巨大ユーティリティバンのNV3500

バン

逆輸入車

2019 Nissan NV Passenger

2024/05/24

自由気ままにアレンジ それがマイスタイル【1970 シボレーC-20】

ピックアップトラック

ビンテージ

シボレー

アクションラインのニックネームで親しまれているC/Kシリーズのセカンドジェネレーション、1970年型C-20を愛車とするオーナーさん。手に入れるや否や「ワークトラック」という方向性を定め、躊躇することなく思いを形に仕上げていっている。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2023/05/23

フルリノベーションでスクールバスを第二の部屋に

バン

内装ドンガラ状態のスクールバスを手に入れ、1年半の月日をかけてコツコツと仕上げたオリジナルキャンパーバス。そこには市販車じゃ不可能な3兄弟が快適に寛げるギミックが満載! まるで動く子供部屋!!