22インチの鍛造ホイールでアメリカンスタイルを意識

SUV

ジープ

アメマガ2023年11月号

ラングラー

ラングラーアンリミテッド

クアートFAB

岐阜県

ICE FORGED

JLラングラー

ジープだからオフロードを走らないといけない!なんて凝り固まった考え方はダメダメ。カスタムに決まりはないし、自分の好きな様に楽しめばOK。そんな夢をカタチにしたのが、松浦さんのJLだ。


まさに閃光の様な輝きを放つ、グレーと対照的な蒼が際立つ

I.C.E FORGED For WRANGLER UNLIMITED

ジープのカスタムと言えば、本格的にオフロードを走るかどうかはさておいて、ゴツゴツしたブロックが特徴的なMTタイヤの装着はマストと言えるだろう。リフトアップやヘビーデューティな雰囲気を強調する金属製のバンパーなどは、良い意味で「お約束」なアイテムと言える。だが、ややもすると定番のカスタムスタイルはどこかで見たことがある様なスタイルになりかねない。

せっかくカスタムするのなら、誰にも似ていない自分だけのスタイルを実現したいもの。今回誌面に登場してもらった松浦さんも「アメリカを意識しつつ、日本人がやらない様なカスタム」を目指したそうで、その要望にしっかり応えてくれたのが、本誌でもお馴染みのクアートだ。

 

カスタムの要となるのは、何と言っても22インチのICE FORGED。鍛造を採用することで、デザイン性も強度も、さらには軽さも追求。またスポークに捻りを与えることで、躍動感も演出する。以前からアメリカでは40インチタイヤに大径ホイールをセットアップするのが定着していたが、この波がいよいよ日本にも到来するのか?ちなみにICE FORGEDは色やサイズはもちろん、デザインも選択できるオーダーメイドシステムを採用。オンリーワンのカスタムには欠かせない相棒と言えるだろう。

ツインスポークタイプに属するが、よく見ると2枚のディスクを組み合わせた様な構造を採用している。立体感とヌケ感を同時に演出しており、しかもディスクカラーを変えることで、今までにない「新しさ」も感じられる。タイヤサイズは37×13.5R22。JLラングラーが登場して5年になるが、今では37インチが一般化しており、3.5 インチリフトで装着できるので、ちょうど良いサイズと言える。

スティンググレーのボディ色に合わせ、各部はマットブラックで統一するが、ホイールとサスペンションだけは敢えてキャンディブルーとし、存在感を際立たせる。FuryのパーツやAWE のマフラーなど、新興系のブランドを積極的に取り入れているのが特徴だ。

OWNER:松浦雄輝


THANKS:QUARTT FAB
TEL:0583-81-9167
HP:https://www.quartt.jp/ 


PHOTO:浅井岳男
TEXT:空野稜
アメ車マガジン 2023年11月号掲載


最新記事


2024/06/21

究極の美を求める人に贈るROHANの導き出した答え

クーペ

フォード

見る者を魅了するどころか、一瞬で釘付けにする。そんな芸術作品のような佇まいを見せるROHANのデモカー。第一弾ではコルベットを取り上げ、続いてカマロ、そして第三弾となる今回はマスタングをベースに華麗なシルエットを創造。

2024/06/20

パーツが少ないキャデラックもウイングオートでカスタム可能

キャデラック

人気が高い車種であるほど、アフターパーツも豊富にある。だがキャデラックの場合そのブランドイメージもあって、カスタムする人は少なく、パーツの選択肢も限られる。だがウイングオートなら、そんな悩みも解決してくれる!

2024/06/19

チャレンジャーに乗ることでアメ車に対する価値観が激変

クーペ

ダッジ

今までアメ車には一度も乗らず、日本車や欧州車を乗ってきたオーナーさん。そんな彼がなぜチャレンジャーを、しかもEDGE CUSTOMSを…。これまで様々なスタイルを紹介してきたが、チャレンジャーと出会い、アメ車の虜になったオーナーさん紹介しよう。

2024/06/18

美しすぎる魅惑のボディが69マスタングを華麗に輝かせる

クーペ

ビンテージ

フォード

ファーストマスタングと肩を並べるように、第二世代初期型である1969年型の人気は年々上昇している。そんな69年型が、内外装ともに美しい状態に仕上げられ、機関系もグッドコンディションともなれば、注目を浴びないわけがない。憧れの69マスタングを購入できる千載一遇のチャンスが到来だ!

ランキング


2022/04/08

US日産の巨大ユーティリティバンのNV3500

バン

逆輸入車

2019 Nissan NV Passenger

2024/06/21

究極の美を求める人に贈るROHANの導き出した答え

クーペ

フォード

見る者を魅了するどころか、一瞬で釘付けにする。そんな芸術作品のような佇まいを見せるROHANのデモカー。第一弾ではコルベットを取り上げ、続いてカマロ、そして第三弾となる今回はマスタングをベースに華麗なシルエットを創造。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/05/24

基本的にはノーマルのグランドチェロキーであるが細部で個性を主張する!

SUV

ジープ

2016 JEEP GRAND CHEROKEE