夫婦で北海道旅行を模索その相棒にラングラー

クーペ

SUV

フォード

ジープ

アメマガ2024年1月号

カーボックス

広島県

マスタング

ラングラー

マスタングGT

ラングラーアンリミテッドスポーツ

JKラングラー

憧れのアメ車複数台持ち!

イクメンパパとして、大好きなクルマ遊びを封印し10年。子育ても落ち着き解き放たれた西本さんは、エスカレード、チャレンジャー、そして現在のマスタングGTと次々に乗り換えていく。そしてマスタングのカスタムもひと段落すると、またしてもウズウズ。そろそろ、新しい遊び相手が欲しい!

憧れのアメ車複数台持ち!


カスタムがひと段落すると、やっぱり新たな遊び相手が欲しくなる

'19 FORD MUSTANG GT 6MT
'16 JEEP WRANGLER UNLIMITED SPORT

根っからのクルマ好きである西本さん。だが、子育てのために「クルマ遊び」をグッと我慢して、家族を優先に国産ミニバンを購入。そして、立派にイクメンを努めること10年。子育てがひと段落した西本さんは、溜まりに溜まったクルマ遊びをアメ車で堪能していく。

 

最初は、アメ車が欲しいと言う友人の付き添いで訪れたカーボックスで、自分も欲しくなりエスカレードを購入。愛車はノーマルで乗る文化は持たない西本さんは、同時にカスタムも依頼。そして、さらなるカスタムを模索しカーボックスを訪れた際、チャレンジャーに一目惚れして半年で乗り換え。さらにさらに、今度はカーボックスに集まるマスタングの猛者たちの姿に感化され、「やっぱりマスタングっしょ!」と、僅か3年で現在の19年型マスタングGT・MT仕様に乗り換える。当然ながらカスタムも一気に行ない、10年我慢していたクルマ遊びを一気に満喫した西本さん。

 

そんなマスタングのカスタムもひと段落すると、やっぱり欲しくなるのが次の遊び相手。ただ、マスタングはお気に入りで手放したくない。それと、今までとは違うクルマ遊びも気になっていた。

 

「奥さんとクルマで北海道に行って、のんびりキャンプや車中泊を楽しみたいんです」。それを叶えるために、奥様用として選んだのがジープ・ラングラー。カーボックス山西さんに「飛行機で行ってクルマ借りて、ホテルに泊まった方が楽でしょ?」と言われても、気持ちは揺るがなかった。

 

あくまでも奥様用とはいえ、やっぱりノーマルで乗るつもりはなく、同時にバンパーやライト類をオーダー。奥様が乗り慣れたら、リフトアップしてタイヤホイールの交換も検討中とのこと。

 

西本さんの止まらないクルマ遊びに、さすがの奥様もカスタムを突っぱねたが、「夫婦二人でのんびり北海道旅行するため」と言われたら、大反対もできないというもの。もしかしてそれが作戦通りだったかを聞くと、笑って誤魔化す西本さんである。

3年前に購入した19年型マスタングGT・MT仕様。F.S.Rリアディフューザー、CERVINIS GT500スタイルフロントフード、APRカーボンリアウイング、サイド、リアウインドウルーバー、BCracingコイルオーバー、HRE wheels 20インチホイール、タイヤレター、スモークレンズ、RECARO SR-6でカスタムを施し作業もひと段落。

夫婦でのんびり北海道旅行を名目(?)に、奥様用として購入した16年型ラングラー・アンリミテッド・スポーツ。現状ノーマルだが、しっかり前後バンパーやライト類をカーボックスにオーダー済み。ゆくゆくはリフトアップして、タイヤホイール交換も模索。これも北海道旅行のため…である。


OWNER:西本さん
最初に購入したアメ車は、友人と一緒に訪れたカーボックスで自分も欲しくなって購入したエスカレード。その後半年でチャレンジャーSRTに乗り換え、その3年後に購入したのが現在のマスタングGT。奥様用にシボレー・ソニックを購入したが、奥様も「余り面白くない」として、今回のラングラー購入に繋がっていく。


CARBOX
TEL:0826-52-3052
http://www.bs-carbox.jp/


PHOTO&TEXT:相馬一丈
アメ車マガジン 2024年1月号掲載


関連記事

RELATED


ファミリーカーとしてデュランゴヘルキャット

フルレストアされた極上のハコスカと、自慢のチャレンジャー・ヘルキャットワイドボディが並ぶ自宅ガレージ。しかしそこにはもう一台、奥様用の普通のファミリーカーも並ぶ。この光景に違和感を感じるようになり、相応しいクルマを探し求めたオーナーさん。その答えがデュランゴ・SRTヘルキャットだ。

300万円台で手が届く、4ドアラングラーの理想形

JLラングラーの新車価格高騰はもちろん、中古車市場でも高値を推移している昨今、JKラングラーのお買い得感が高まってきている。その大本命的なオススメ車両をBUBU阪神で発掘してきた。

僕はシェルビーに乗りたい!愛息の声に父は決断

クルマ好きの善くんはアメ車が好きで、特にマッスルカーが大好き。生でクルマを見ようと親子でカーボックスを訪れると、一台のクルマに釘付けになる善くん。「僕はシェルビーに乗りたい!」。まさかの発言に困惑する瀧口さん。スーパーチャージャー、マニュアル仕様。俺にいきなりこんなクルマ乗れるのか? どうする俺?

今のマスタングでは刺激が足りない、好青年の豹変が止まらない

購入をためらいながらも、彼女に背中を押されてマスタングを購入した三戸さん。そんな三戸さんを三ヶ月前に誌面で紹介したのだが、まさかまさか、AT仕様マスタングでは物足りないと、MTのGT350に乗り換えて再登場!

カーボックス秘蔵のシェルビーをロックオン

以前所有していたGT350は、仲間やカーボックスに止まるGT350と比べるとヤレて故障も多かった。もっと極上なGT350に乗りたい…。そんな折、カーボックスに隠されていた超極上のGT350を発見。それは、カーボックス山西社長が長年大事に保管してきた秘蔵のGT350だった。

 

最新記事


2024/06/20

パーツが少ないキャデラックもウイングオートでカスタム可能

キャデラック

人気が高い車種であるほど、アフターパーツも豊富にある。だがキャデラックの場合そのブランドイメージもあって、カスタムする人は少なく、パーツの選択肢も限られる。だがウイングオートなら、そんな悩みも解決してくれる!

2024/06/19

チャレンジャーに乗ることでアメ車に対する価値観が激変

クーペ

ダッジ

今までアメ車には一度も乗らず、日本車や欧州車を乗ってきたオーナーさん。そんな彼がなぜチャレンジャーを、しかもEDGE CUSTOMSを…。これまで様々なスタイルを紹介してきたが、チャレンジャーと出会い、アメ車の虜になったオーナーさん紹介しよう。

2024/06/18

美しすぎる魅惑のボディが69マスタングを華麗に輝かせる

クーペ

ビンテージ

フォード

ファーストマスタングと肩を並べるように、第二世代初期型である1969年型の人気は年々上昇している。そんな69年型が、内外装ともに美しい状態に仕上げられ、機関系もグッドコンディションともなれば、注目を浴びないわけがない。憧れの69マスタングを購入できる千載一遇のチャンスが到来だ!

2024/06/17

2.3Lと侮るなかれ次世代ポニーカーの大本命【フォード マスタング】

クーペ

フォード

生誕50周年記念モデルとしてリリースされた2015年型マスタング。ロングノーズ&ショートデッキを継承しつつも、ダウンサイジング志向な当時の時代背景を反映したエコブーストエンジンを搭載。次世代を担う大本命モデルとしての魅力に迫る!

ランキング


2024/06/19

チャレンジャーに乗ることでアメ車に対する価値観が激変

クーペ

ダッジ

今までアメ車には一度も乗らず、日本車や欧州車を乗ってきたオーナーさん。そんな彼がなぜチャレンジャーを、しかもEDGE CUSTOMSを…。これまで様々なスタイルを紹介してきたが、チャレンジャーと出会い、アメ車の虜になったオーナーさん紹介しよう。

2024/06/18

美しすぎる魅惑のボディが69マスタングを華麗に輝かせる

クーペ

ビンテージ

フォード

ファーストマスタングと肩を並べるように、第二世代初期型である1969年型の人気は年々上昇している。そんな69年型が、内外装ともに美しい状態に仕上げられ、機関系もグッドコンディションともなれば、注目を浴びないわけがない。憧れの69マスタングを購入できる千載一遇のチャンスが到来だ!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/06/17

2.3Lと侮るなかれ次世代ポニーカーの大本命【フォード マスタング】

クーペ

フォード

生誕50周年記念モデルとしてリリースされた2015年型マスタング。ロングノーズ&ショートデッキを継承しつつも、ダウンサイジング志向な当時の時代背景を反映したエコブーストエンジンを搭載。次世代を担う大本命モデルとしての魅力に迫る!