夫婦で北海道旅行を模索その相棒にラングラー

クーペ

SUV

フォード

ジープ

アメマガ2024年1月号

カーボックス

広島県

マスタング

ラングラー

マスタングGT

ラングラーアンリミテッドスポーツ

JKラングラー

憧れのアメ車複数台持ち!

イクメンパパとして、大好きなクルマ遊びを封印し10年。子育ても落ち着き解き放たれた西本さんは、エスカレード、チャレンジャー、そして現在のマスタングGTと次々に乗り換えていく。そしてマスタングのカスタムもひと段落すると、またしてもウズウズ。そろそろ、新しい遊び相手が欲しい!

憧れのアメ車複数台持ち!


カスタムがひと段落すると、やっぱり新たな遊び相手が欲しくなる

'19 FORD MUSTANG GT 6MT
'16 JEEP WRANGLER UNLIMITED SPORT

根っからのクルマ好きである西本さん。だが、子育てのために「クルマ遊び」をグッと我慢して、家族を優先に国産ミニバンを購入。そして、立派にイクメンを努めること10年。子育てがひと段落した西本さんは、溜まりに溜まったクルマ遊びをアメ車で堪能していく。

 

最初は、アメ車が欲しいと言う友人の付き添いで訪れたカーボックスで、自分も欲しくなりエスカレードを購入。愛車はノーマルで乗る文化は持たない西本さんは、同時にカスタムも依頼。そして、さらなるカスタムを模索しカーボックスを訪れた際、チャレンジャーに一目惚れして半年で乗り換え。さらにさらに、今度はカーボックスに集まるマスタングの猛者たちの姿に感化され、「やっぱりマスタングっしょ!」と、僅か3年で現在の19年型マスタングGT・MT仕様に乗り換える。当然ながらカスタムも一気に行ない、10年我慢していたクルマ遊びを一気に満喫した西本さん。

 

そんなマスタングのカスタムもひと段落すると、やっぱり欲しくなるのが次の遊び相手。ただ、マスタングはお気に入りで手放したくない。それと、今までとは違うクルマ遊びも気になっていた。

 

「奥さんとクルマで北海道に行って、のんびりキャンプや車中泊を楽しみたいんです」。それを叶えるために、奥様用として選んだのがジープ・ラングラー。カーボックス山西さんに「飛行機で行ってクルマ借りて、ホテルに泊まった方が楽でしょ?」と言われても、気持ちは揺るがなかった。

 

あくまでも奥様用とはいえ、やっぱりノーマルで乗るつもりはなく、同時にバンパーやライト類をオーダー。奥様が乗り慣れたら、リフトアップしてタイヤホイールの交換も検討中とのこと。

 

西本さんの止まらないクルマ遊びに、さすがの奥様もカスタムを突っぱねたが、「夫婦二人でのんびり北海道旅行するため」と言われたら、大反対もできないというもの。もしかしてそれが作戦通りだったかを聞くと、笑って誤魔化す西本さんである。

3年前に購入した19年型マスタングGT・MT仕様。F.S.Rリアディフューザー、CERVINIS GT500スタイルフロントフード、APRカーボンリアウイング、サイド、リアウインドウルーバー、BCracingコイルオーバー、HRE wheels 20インチホイール、タイヤレター、スモークレンズ、RECARO SR-6でカスタムを施し作業もひと段落。

夫婦でのんびり北海道旅行を名目(?)に、奥様用として購入した16年型ラングラー・アンリミテッド・スポーツ。現状ノーマルだが、しっかり前後バンパーやライト類をカーボックスにオーダー済み。ゆくゆくはリフトアップして、タイヤホイール交換も模索。これも北海道旅行のため…である。


OWNER:西本さん
最初に購入したアメ車は、友人と一緒に訪れたカーボックスで自分も欲しくなって購入したエスカレード。その後半年でチャレンジャーSRTに乗り換え、その3年後に購入したのが現在のマスタングGT。奥様用にシボレー・ソニックを購入したが、奥様も「余り面白くない」として、今回のラングラー購入に繋がっていく。


CARBOX
TEL:0826-52-3052
http://www.bs-carbox.jp/


PHOTO&TEXT:相馬一丈
アメ車マガジン 2024年1月号掲載


関連記事

RELATED


ファミリーカーとしてデュランゴヘルキャット

フルレストアされた極上のハコスカと、自慢のチャレンジャー・ヘルキャットワイドボディが並ぶ自宅ガレージ。しかしそこにはもう一台、奥様用の普通のファミリーカーも並ぶ。この光景に違和感を感じるようになり、相応しいクルマを探し求めたオーナーさん。その答えがデュランゴ・SRTヘルキャットだ。

300万円台で手が届く、4ドアラングラーの理想形

JLラングラーの新車価格高騰はもちろん、中古車市場でも高値を推移している昨今、JKラングラーのお買い得感が高まってきている。その大本命的なオススメ車両をBUBU阪神で発掘してきた。

僕はシェルビーに乗りたい!愛息の声に父は決断

クルマ好きの善くんはアメ車が好きで、特にマッスルカーが大好き。生でクルマを見ようと親子でカーボックスを訪れると、一台のクルマに釘付けになる善くん。「僕はシェルビーに乗りたい!」。まさかの発言に困惑する瀧口さん。スーパーチャージャー、マニュアル仕様。俺にいきなりこんなクルマ乗れるのか? どうする俺?

今のマスタングでは刺激が足りない、好青年の豹変が止まらない

購入をためらいながらも、彼女に背中を押されてマスタングを購入した三戸さん。そんな三戸さんを三ヶ月前に誌面で紹介したのだが、まさかまさか、AT仕様マスタングでは物足りないと、MTのGT350に乗り換えて再登場!

カーボックス秘蔵のシェルビーをロックオン

以前所有していたGT350は、仲間やカーボックスに止まるGT350と比べるとヤレて故障も多かった。もっと極上なGT350に乗りたい…。そんな折、カーボックスに隠されていた超極上のGT350を発見。それは、カーボックス山西社長が長年大事に保管してきた秘蔵のGT350だった。

 

最新記事


2024/03/04

理想のC8コルベットを求めて特別なエアフォースエアサス施工

クーペ

シボレー

ホイール

突然目覚めたアメリカンスポーツへの道。そして、誰もまだ見ぬC8コルベットの姿を目指した中内さん。世界初となる特別なエアフォース・エアサスを搭載し、ZERO DESIGNフルカーボンをまとって、C8コルベットの最先端を走る!

2024/03/01

愛らしくて、走りがいいレネゲードでソロキャン!

SUV

ジープ

2024/02/29

日本ではまず見ることがないラムトラックのレッカー仕様

ピックアップトラック

ダッジ

ジムニー専門店「ファッドスター」の店頭に鎮座するのは91年型ダッジ・ラム350。レッカー仕様という日本ではほとんど見ることのないモデル。しかも新車で購入して日本で登録したという個体だ。

2024/02/28

カスタムショップをコンセプトに尖った個性で人気のお店【THE KOBY'S】

ショップ

18歳の頃から“いつか自分のお店を持ちたい!”という夢を掲げてきた高味さん。そんな思いを抱きつつもあっという間に10年が過ぎ、このまま30代へと突入してしまったら夢のまま終わらせてしまうと、一念発起!

ランキング


2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]

2021/03/15

【注目のアメリカン雑貨】大阪の老舗ブランド、アンダーウッドが同業者の買い付け地に!

ショップ

大阪府吹田市の閑静な住宅街にあるユニークなショップ「アンダーウッドブランド」。ヴィンテージカーやオートバイからアパレル、多肉植物など幅広いアメリカンアイテムが豊富。同店はヴィンテージ・アイテムの素晴らしいコレクションを展示するだけでなく、カスタムカーやオートバイのレストアなど様々なサービスも提供しており、一度は訪れるべきショップ!
UNDERWOOD BRAND【アンダーウッドブランド】

2020/09/03

存在感としては控えめながら、血統の良さでアメリカでは人気のダート

クーペ

ビンテージ

ダッジ

The Golden Age 60’s-70’s
1967 Dodge Dart

2022/04/08

US日産の巨大ユーティリティバンのNV3500

バン

逆輸入車

2019 Nissan NV Passenger